重馬場適正

本日はブロマガ配信東西両重賞的中と相成りました~

でも、財布は潤わない。重馬場はやっぱり難しいいですね・・・・。
昨日、ダート戦は稍重以上になるようならヤラナイと宣言しましたが、
密かに研究の成果を試すチャンスとチャレンジしてみたものの手痛いしっぺ返しでした。
うーん、研究の成果は無駄じゃなく方向性としては間違ってなかったと思いますが馬券に直結しませんでした。


本日は重馬場競馬の1日でしたので
馬体からくる重馬場適正について述べたい思います。




重馬場になったらどんな馬体が来やすいのか?

重馬場が得意な馬体ってあるのか?

そもそもコースや距離によって馬体傾向って変わるのか?



そんな疑問をお持ちの方は多いかと思いますがはっきりと言えるのは
馬体によって得意な競馬場やコース距離があります。
分かりやすく言えば
馬体をいくつかの分類に仕分けすると各競馬コース距離によって馬体の出現率が異なることが分かります。
もちろん展開や枠順等で馬体の傾向がブレることはあります。タイムやラップが異なれば馬体も異なるとゆうことです。
ただラップやタイムを集計すれば大概大まかな傾向はでてきます。メンツや展開等で時折ハイペースはあるけど大抵スローのヨーイドンが多いとか総じてラスト1000mから12秒台のラップが続く持久力戦が多いとか、ある程度の傾向は見えてきます。
まぁ中には傾向が入り乱れる安定しないコースもあるのですが、わりと傾向が出やすいコースも多々あります。
この辺りのイメージはラップやタイム等に似ています。不思議なことに馬体を研究すればラップや血統におのずと行き着くとゆうことです。
但し傾向は、馬体やラップやタイムのみならず、枠順や血統、その他様々な予想ファクターにおいて、全てに傾向があるともいえます。ただ傾向は分かっていても絞り切れずに直接馬券に繋がらなかったりとか、配当的旨味がなかったりなんてことも場面場面で多々あるので、まあこれが競馬の奥深さとゆうか難しさですかねと、修行の足りない私は言い訳するのですが・・・・・。

話を整理すると
全ての予想ファクターに傾向があるように馬体にも傾向があります。
仮柵や馬場の硬さ、芝の長さ等の変化があれば同一コースでも馬体傾向は変わるのですから、
コーナー角度や直線の長さや坂の有無等が変わる各競馬場で適性が変わるのは当然と言えば当然です。
似通った部分や違いの程度はひとまず置いといて、

芝とダートで適性が異なるように、距離や競馬場によっても適正は異なります。
必然的に良馬場と重馬場でも同じことが言えます。




長年重馬場に苦しんできた私にとって重馬場攻略のヒントはひょんなことから謎解きができました(まぁ本日の結果から言えば攻略できていませんがね 汗)。今まで何処を見ていたんだと己の馬体相馬眼の甘さを思い知らされたのが、重馬場のヒントを掴んだことで各競馬場の各種コースの違いがイコールで繋がっちゃたからです。いたってシンプルなことでした。
今まではこんな感じの馬体が来やすいコースだよなとかイメージ先行だったんですが、化学の力で理屈がなんとなく見えてきました。今日はまだ重馬場惨敗ですがいずれこなせるようになり、ゆくゆくは得意になるように頑張りたいと思います。

まあ重馬場に限らず良馬場の精度ももっと上げろよってツッコミは聞こえてきますね(笑)。



馬のバイオメカ二クスを研究されている
獣医医学博士 青木修氏の研究によると

競走馬の走りをバイオメカニクスで紐解くと

においては筋肉の収縮力より弾力で走るとのことです。

ダートは推進力をは発揮する時に力が砂に吸収されてしまうので筋肉そのものの収縮力が芝以上に必要となります。

※(競馬ブック  取材/文 小島友美 )




にゃるほどね~と目からうろこでした


馬の走法=筋肉ではなく、弾力なんです!

でもってダートは弾力が砂に吸収されます。


この競走馬の走るメカニズムが分かれば、芝とダートに求められる馬体の資質が分かるどころか
それまで点で捉えていた各競馬場のコース、距離等の違いも、
競走馬の走るメカニズムから派生する1本の線であることに気付きます。


反発力を駆使して走る走法こそが弾力の正体であり、競走馬の走るメカニズムなのです

だから

芝が水分を含んで重くなればなるほど競走馬は反発力を失い弾力を失います。

ダートが水分を含んで砂の重さを失えば競走馬は力(筋力)だけでは走れません。弾力が求められるのです!
 




それが分かってて馬券外すんだと厳しい指摘はシカトしましょう(笑)



それでは又来週お逢いしましょう~






真田丸見てから屁こいて寝よう~




応援クリックもお願いします~



競馬・パドック理論 ブログランキングへ



にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ
にほんブログ村





投資ギャンブル ブログサイトランキング
競馬 ブログランキング














テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

馬体類型

先週の結果は
競馬投稿サイト≪うまぐりちゃんにて
日曜中京8Rで◎○△で3連複6万6090円・3連単32万1730円と気を吐きました~!!
が、しかし、勝負レースで帯封狙った力瘤の中京芝が2週に渡り不発撃沈とトホホな結果に終わりました。



このトホホな結果を踏まえての原因追求の一環として
本日は久々に馬体からくる適性馬体論を述べたいと思います。




中京芝はJRA全競馬場の中でも1番手の合う競馬場なんですが高松宮記念の週の草刈り高速馬場へと変貌した辺りから馬場の見極めに苦戦を強いられています。基本中京芝は持久力・底力のある馬体分類で言えばJ型・Z型の天国なんですがどうもここ2週は微妙にずれています。先々週の不良馬場はある意味求めていたものではありませんが傾向出ていましたが一昨日の土日は適性入り乱れて難しかったなと。日曜の後半10Rのレコード決着や最終の33秒の上り等、馬場が刻一刻と開幕週の高速馬場に戻って行く感じでした。
水分がすぐに乾く猛暑の気温もあるでしょうし、路盤なのか週中の草刈りなのか、あるいはこれが1番影響を与えていると思うのですが、この時期の洋芝・野芝の根付き・成長・強さ等複合的な要素での馬場なんだと思います。はっきりとした理由は分かりませんが暮れや年初の中京馬場とはまったくの別物です。いつもの中京の感覚で勝負すると手痛いしっぺ返しを食らう羽目になります。もちろん馬場は中京に限らず草刈りコース替わりや気候等些細な事で日々変化するので毎週傾向をチェックする必要があるし、土日も馬体傾向は十分チェックしたうえでの惨敗です。何で馬体傾向をチェックしているの惨敗するのか? 当たり前の回答なんですが昨今全く気付かなくて盲目になっていた最も重要な事実をひょんなことから思い出しました。

先週の7・13に大井競馬場でジャパンダートG1が行われました。まったくやる気もなかったのでその日は淡々と仕事をこなし帰路に付こうかなと思っていた時にふと、あれ、今日ジャパンダートだよなと思いだしてパソコンをいじっていたら、なんと無料でパドック見れるではないですか。その日は雨が酷く水も浮くようなレベルの不良馬場でした。昨今ダート不良馬場で穴をあけるパターンを見出している矢先で、その馬体傾向から遊びで買ったら3連単ゲットできたので、気を良くしての最終レースもパドック見れるのならと参戦しての9人気穴馬ハナ差3着でした。馬単3連単は逃したものの複勝ゲットでホクホクの1日でした。で、次の日ある疑問とゆうか好奇心がわいてきたのでちょうどその日が休日だったこともアリ大井のパドックを1日眺めてみました。その日も雨が降ったりやんだりで不良馬場のままでした。結論から言えばその日、翌日と不良馬場でしたがまァ穴を空けるお馬ちゃんの馬体傾向がはっきりくっきりしておりました。馬体分類でいえばJ型の天国でKS型も3着多くともに人気薄で穴を空けまくっていました。人気薄が多いのは普段の良馬場では負けが多いことの裏返しでもあります。もちろん良馬場でも連対多いJ型もいて、当然上位人気でしたが、確か何馬身も突き離す圧勝した記憶です。ええ、高額3連単はゲットできませんでしたが3連複6万馬券を2レースゲットできた上々の結果でした。普段中央の競馬参戦は基本競馬新聞は読まずに馬体のみで馬券を買いますが、まァそうは言ってもまったく人気薄だと心配にもなってきてコメント見たりとか調教見たりとかもあるし、なによりお馬ちゃんを覚えているケースが多いので先入観や私情が多少なりとも入っている参戦です。ところが先週の大井はジャパンダート以外は全く知らないお馬ちゃんで人気かどうかはチェックしましたがコメントも馬柱も調教も脚質も分からず挑みました(新聞がないので当然ですが)。
なんだよ只の馬券自慢かよと思わないで下さい。
その日の大井の不良馬場は私が追い求める適性のみで買い続けることが出来る最適の馬場コンディションだったってことです。J型天国が最高って意味ではありません。
1つの分類系が来やすい馬場である
かつ、
その分類系に比較的人気薄が多い
この2つの条件が揃っていることが最重要ってことです。

うん? いまいち意味が分からい? そんな方にもう少し分かりやすくご説明致します。
各競馬場、各コース、馬体適正はそれぞれ異なり、適性に違いがあります。が、しかし、例えて言えば東京芝コースは本来持久力底力が求められるコースなのに馬場の改良もあって昨今は内枠先行天国で、小足瞬発力戦が多く実際はS型天国でもあるくせにペースによっては従来の持久力型天国にも変貌します。小回り福島の芝も基本S型やTN型の天国もKS型も来るし、意外と流れるので持久力型が2着3着に穴を空けることも多々あります。ようするにバラつきある適性は適性とは言えず、展開や枠順等に左右されるのであれば馬体のみで選ぶのはリスキーでもあるし、それらを加味して予想する事自体純粋に馬体で選んでいるとは言えません。伝家の宝刀は使うべきときに使ってこその武器なんです。TPOも考えず1から10まで頼りっきりでガチンコ張ってもそりゃ勝てませんてことになるので、次第に展開枠順等を考量に入れての予想となるのは必然と言えば必然です。ただし展開等を読むって結構ハードル高いですし、展開読み違えば適性自体も間違いとなるのです。で、行きつく先は
予想者のサジ加減一つで頭★が変わるとゆうことです
そもそもコメント調教読んでローテだ相手関係だ厩舎だ騎手だの展開枠順考えての予想が煩わしいし上に当たらないからと、シンプルに馬体だけで馬券を買うようになったのに、これでは本末転倒です。ただ馬体を研究すればするほど馬体で勝負できるレースとそうでないレースがあることに気づくし、上記の複合的な予想の大事さも重々身に沁みます。
数年前、馬体で馬券を買い始めた時、面白いように穴馬を発見できました。実際には穴馬が来てくれれば高配当をもたらしてくれるので財布は潤い大勝の印象だけが残りますが、それは多くのレースを外したうえでの勝利に他なりません。徐々に新馬未勝利が美味しく古馬のクラスが上がれば上がるほど旨味がないことに気づきます。新馬未勝利はデータが少なく適性が未知数だったり馬が若く競馬を知らないとか体に痛いところを抱えてのレースが多く、状況等で1変する余地が未知数で、ある意味馬体で選ぶ旨味が存在します。これが古馬なると馬体なんか見なくとも競争成績で適正がバレバレの馬も多くなるし、いくら馬体がよくても古馬で走らないケースは気性的な問題が多く1変が難しいとか、適正保有馬多発のレースとか難解とゆうより馬体で予想する旨味のないレースが増えます。そもそも新馬未勝利は適正より馬体偏差値上位の側面があります。未勝利も勝てずに終わるお馬ちゃんとから将来のG1馬が一緒に走れるレースは新馬未勝利のみです。だからある意味新馬未勝利戦は置いといてになるんですけど、
馬体で馬券を買うに相応しいレースとは何ぞやと考えると大井の一件が大きな答えとなりました。
獲れるレースとは何ぞや?を考えるとシンプルに答えが見えてきます。

何故に従来の中京芝を得意にしていたかがはっきり分かりました。

①適性に1類型の偏りが出ている
②適性保有馬に人気薄が多く 、かつ、適正保有馬の総頭数が全体の3割以下である(少なければ少ない程いい)


この2点が噛み合う時が最重要で、馬体で馬券を買うこその条件ともいえます。
①はある意味当たり前ちゃ当たり前の最低限の条件で大事なのは②です。1つの分類系が来やすい馬場であっても16頭中10頭も適正保有馬とかでは話になりませんし、又、適正保有馬が3頭に絞れたとしても3頭が1〜3人気では旨味がありません。


だから、最近雨が降っての重不良芝はウエルカムになっているのだと気づきました。
馬体で馬券を買う原点、馬体のみでピンポイントでの適性分類を仕分けできるからです。
頭はJ型で★はTN型で相手はS型やN型なんて統一感のない馬券で直球狙いも変化球にも対応できるなんて小賢しい打撃スタイルで当てに行く愚行とは無縁の馬体のみの1発狙いのスタイルに特化できます。中京芝に限らず他競馬場でも面白いように当たる日があります。おそらく、その日の馬場が脳内イメージに思い描く馬体適性と合致して、かつその適性馬の出現率が高くなっているからに他なりません。もともと馬体を大きな3分類で見ていましたが、こりゃ違うなともっと掘り下げて分類化しての傾向を見る癖をつけています。レースによっては上記①②が出ることは展開等であるので待望のビッグウエーブが来たと勘違いを起こして次のレースで手痛い惨敗なんて弊害も有りますが、混同せずにじっくりでかつ俊敏にその時を待ちたいと思います。1日を通して同条件が多発する日が勝負の時です。ビッグウエーブを待ちつつ、先走りの勘違いでもダメで、最終レース後に気づくような鈍感でもダメです、気配を感じたら躊躇なく大勝負を挑めるように準備をしていきましょう。
重ねて言いますが、適性分類に統一感がなく展開枠順等に左右されるレースは馬体で勝負すべきレースではありません。馬体はあくまで予想の補充的な意味合いで、核とするには不確定要素が多いののが現実です。ズブズブ狙いでズブズブ適性からとかスロー濃厚で内目のS型からとか、条件が付く買い方しかできないし、その買い方ならアリっちゃアリです。これが獲りにいこうとすると適性混在のそれこそ方向性を見失った馬券となります。まあでも馬体偏差値最上位等がいれば適性度外視で買ってもいいのでしょうけど、グリグリ1人気ならリスキーですし、あくまで人気次第の側面ですよね。
当てたいのか?儲けたいのか?
ええ、儲けたいんです(笑)。

とゆうことで久々の馬体論でしたが
文中に出て来る分類型は以下の通りです。


①TN型  手足長い型
手足が長く前後の可動域があるタイプ。一昔前は時計の掛かるダート馬に多かったが昨今は芝でも多く勝ち上がり連対率等優秀で一大勢力とかしている。一昔前は東京ではいいお客さんだったが近代競馬では東京も勝ち上がる馬多い。先行出来て立ち回りや小足瞬発力戦が求められる昨今の競馬では主流。トモの容量や形が弱いタイプが多いので一概に万能型とは言い難いがトモが素晴らしい前後の可動域があるタイプはよっぽどのズブズブ戦以外万能型が多い。首やトモに弱点が多く、真のズブズブ底力戦が苦手。重は得意。薄っぺらいTN型とスケールあるTNS型やトモが持久力型の要素を持つTNSJ型がいる。


②N型  ニュートラル型
瞬発力型(S)、持久力型(J)を併せもつ中立ニュートラル型。良く言えば万能、悪く言えば個性がない。小ぶりで筋肉量デップリのN型、手足が長くスケール感あるNS型、TN型寄りのNTN型、王道馬体のG1馬に多いNO型と幅広く分類される。NO型は万能だがN型・NS型は直線長い大箱が弱い。NS型は基本重得意で、小回り小箱でのHペースズブズブ勝負や重馬場で穴をあける。



③S型  瞬発力型。
筋肉量豊富で小足・瞬発力戦に強い。近代競馬ではTN型に匹敵するオールラウンダー。
従来のS型以外にも持久力要素も持つV型や牝馬に多いH型も同類系。



④KT型  軽い芝型
東京・京都・新潟が得意なKT型。手先が軽く、薄手ボディで手足が長く見栄えがいい馬体。持久力型べ―スで瞬発力要素も持っている馬体。トモが見せブラ系は直線長いと意外と最後足が止まる。福島芝に出走多い薄っぺらくてトモも弱いU型も同類系。 昨今、出現率減ったがトモがJ型要素でスケールある王道馬体のKTO型NO型G1馬に多い


⑤BJ型  持久力型
長く良い脚、持久力戦に強い馬体。小ぶり薄手もバランスがよく管幹しっかりしている。肩先なだらかでトモが薄手幅広の特徴的な馬体。一昔前は東京得意だったが昨今はSペース蔓延の弊害で東京よりは小回り競馬場のズブズブ勝負で2・3着が多い。中京・阪神の底力勝負に強いZ型(ズブズブ型)はJ型の類型。



⑥K型  クセ型
前後のバランスが悪いが、前が瞬発力型で後ろが瞬御力型等が色濃く出ていて1発のある凄味馬体が多い。瞬発力よりのKS型と持久力寄りのKJ型がいる。




近々
もっとわかりやすくまとめて発表する予定もあるので
ご意見ご感想をお待ちしております




それでは週末にお会いしましょう~



土日の馬券

日曜 中京8R
◎⑪シルバードリーム  5人気1着
〇⑬ブラックジョー    11人気3着
3連単 ⑪ー⑩-⑬   32万1730円
3連複            6万6090円
快心のヒットも狙い澄ました芝でなくダート(泣)

cy8 h2807171
cy8 h2807172
cy8 h2807173
cy8 h2807174

中京6R メイクデビュー新馬戦 
芝1200  パドックより②③⑫を発見し
②マイアミトロピカルから勝負  
見事7人気2着も1着じゃないと・・・・
3連複 ②-⑦-⑫ 2万7550円
ワイド ②-⑫  4370円
3連単10万馬券も土曜に負け過ぎで軍資金なくて2着裏目買えずに惨敗・・・
1着なら19万馬券だったのにとか嘆いちゃいけません、
裏目が金欠で買えないのなら3連複の金額上げないと、
分かっちゃいるけど3連単絞っちゃうんですよね~
おまけにこの後中京8Rで儲かるも
中京10R 芝2000でよせばいいのに懲りずに芝リベンジ
頭⑧エクストレミティー 4着で痛恨の1着4着・・・

cy6 h2807171
cy6 h2807172
cy6 h2807173
cy6 h2807174
ha9 h280717
f10 h2807171
土曜日 福島10R
ブログ推奨馬
④ヤマカツポセイドン 9人気見事3着
⑨サトノフエアリー6人気1着でやり過ぎです・・・
2着なら3連単獲れたのに(泣)
3連複 2万2740円

fu h280717
中京7R 3未 芝2200
パドックよりJ型⑫コンパッション軸で勝負も
3連単3連複シコタマ買ってるのに当たらない・・・
コンパッション 6人気2着
複 270円  馬連3360円 

cy7 h2807161
cy7 h2807162




応援クリックもお願いいたします~


競馬・パドック理論 ブログランキングへ



にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ
にほんブログ村





投資ギャンブル ブログサイトランキング
競馬 ブログランキング




東京不振の原因

本日は東西両重賞の東京新聞杯がハズレで
きさらぎ賞は2頭から買えば当たる馬券で微妙です(的中出来ても儲かりませんので勝負はやめましょうと薦めて正解です。ええ、そもそも1点で行けないのでやってたら間違いなくトリガミちゃんでした)。

それにしてもサトノダイヤモンドは強かったですね~。
馬体のスケール感といい、まいりましたね(笑)。
肩入れしているハートレーの鞍上が横典先生に決まったことも残念ですし(横典先生がダメとか嫌いって訳ではなく私の主観でイメージが合わないんですよね。田辺騎手か浜中騎手がよかったのに・・・)、プロディガルサンが調整遅れてて皐月微妙でダービー目指す的な報道も、やっぱり体質弱いのかと、うーんいろんな意味でクラシック黄色信号です(笑)。

それにしても東京競馬場が大不振でまいりました(泣)。 
ダートに関しては良馬場だろうがお構いなしにハズレまくり、正直道筋を見失いかけています・・・。


本日は馬体論とゆうよりギャンブルにおける競馬、馬体についての立ち位置とゆうか心構えを語りたいと思います。



まずはそのまえに、東京不振の原因を自己分析とゆうか言い訳すると

重馬場が苦手と散々ブログで公表していますが、芝に関してはぼんやりと形がみえてはきたのですがダートの脚抜き良くなる稍重以上がまったく苦手のお手上げ状態のままで、このままじゃいかんと日々研究を重ねています。その弊害と言ったらなんですが、重不良の研究でピンポンとのパーツ部分を見る癖がつき、なるほどねと知識は増えたんですが無駄な筋肉とまでは言いませんがそれなりに弊害もあって、木を見て森を見ず状態といいますか、いや表現がちょっと違いますね、基本ブスなのに目が綺麗とか笑顔が可愛いとかピンポイントで良い所を拾い出す癖が出始めている恐怖です。このままいくと女なら誰でも愛せる(元々特別なオンリーワンって奴で全馬がいいお馬ちゃんに見える)究極のヤリチン男になってしまいます(表現が下品ですいません 笑)。
元々東京競馬場はD・芝ともに馬体適正あるお馬ちゃんが揃いやすいジレンマはあるのに、馬体上位馬は人気馬多いとか、馬体適正及第点が16頭中10頭ぐらいいるとか、選別難しい上にオッズ的旨味が出にくい状況なのにピンポイント評価し始めたら収集付きませんよね。ただでさえ適正合わなくても別の強みが優れている馬とか馬体基礎点が高いお馬ちゃんがいるのにもっと掘り下げていたらみんないいお馬ちゃんになってしまいます(厳密に言えば皆いいお馬ちゃんなんですけどね)。まあ本来であれば良いとこ悪いとこ、適正、パーツ、総合点を全て網羅してのジャッジが正解なんでしょうけど今の私には高度すぎて無理な難題です。そもそもパドックの1~2周の周回だけでそれらを選別することは不可能ですし、前に競馬の掟で語った全てのコースをヒットにしようとするダメダメな発想とも言えます。苦手があってもいいんです。苦手克服の行末は1発の魅力が消えて小さくまとまり個性のなくなるしょうもない結果に総じてなる恐れがあります。これって伸びしろの問題なのかなとも思います、まだまだ容量があるのであれば己の容量を広げる努力で時間かかるけどいずれは実になりスケールアップの効果はあるとは思うのですが、もう容量限界なのであれば無駄な筋肉付ける行為でいずれパフオーマンスは落ちます。これは馬体に限らず血統・ラップ理論・調教・スピード指数等どのファクターにおいても掘り下げたらいくらでも掘り下げられるんでしょうけどそれはある意味迷宮に突入する行為でもあり、学者になりたいのか馬券で儲けたいのかってことです。この辺りの容量は個人差があるので撤退のタイミングは難しい所ですがホドホドの所で引き返さないと迷宮から一生逃げられなくなります、とゆうことで皆さんも気を付けましょう(笑)。

私は馬体の学者になりたいのではなく、馬券で潤いたいだけなんです(笑)。

まだまだ馬体は世間に浸透してなく、レースによってはオッズの盲点に立てる可能性が大いにあるってことです。

逆に言えばオッズの盲点に立てないレースはやる意味がないし、どんなに馬体上位でも人気馬であれば旨味がないってことです。

きさらぎ賞がいい例です。いくら馬体が抜けててもあの低配当じゃやる意味がありません。おまけに2頭が抜けててもロイカーバードが引っ掛かって3着に綻ぶのが競馬なんです。東京新聞杯のダッシングブレイズの競走中止を予想できますか? 古い話では菊花賞のノーリーズンの落馬やサイレンススズカの予後不良、不可解な凡走や競走中止以外にも出遅れ、内で追えない、引っ掛かる、降着等、想定外の事が起きるのが競馬です。そもそも的中できると己の見解が全て正しいみたいな天狗状態になりますが改めてレースを見ると、切った馬が不利を受けてたとか買ってる馬の進路が偶然空いたとか様々な運が味方している事があります。的中とは様々な条件が噛合ってのある意味奇跡と思った方が良いんです。枠順、騎手、展開、天候、体調、調整具合、ポテンシャル(馬体)等々、様々な要因がある中自分の読み通りの結果になるなんて奇跡と思わないと罰が当たります。実力通りに決まらないのが競馬なんです。だからこそ当てに行くより綻びを拾いに行く方が遥かに賢いと今更ながら気づきました。今までは絞る事こそ勝利の方程式で美学にも思えましたが今は真逆の発想です。1対1のスポーツならまだしも、18人も騎手がいて18頭もお馬ちゃんがいるバトルロイヤルの展開等を含めた結果予想なんて完全にできる訳がありません。プレイヤーの騎手でさえ自分の思い描いた通りに運べない事が多いのにどうして蚊帳の外の部外者が展開等を含めた着順を当てることができるのでしょう。くどいようですが的中は様々なラッキーの重なったある意味奇跡なんです。
何故なら
どの馬が強いかなんて競馬が詳しい人なら大概分かる筈です
なのに馬券は当たらない、この矛盾が競馬の醍醐味なんです。綻びの無い予想を目指すのは時間の無駄です。
綻ぶなら綻んでしまえホトトギスです。
どうせ綻ぶのであれば手を広げてガッチリ拾わないとです。他力本願大いに結構です(笑)。
でもそうは言ってもブロマガ予想でサトノダイヤモンドとロイカーバードのどちらかを消すって行為は馬体で選ぶコンセプトでいえば矛盾していますよね。今後は馬体は馬体で評価しつつ1発ならこの馬ですみたいな予想スタンスで、実際の馬券は1発狙いからの綻び期待馬券が理想ですかね。
人の行く裏に道あり花の山
この素晴らしい格言の意味を今一度噛みしめたいと思います。
馬体のスペシャリストになるより馬券のスペシャリストにならなければいけません。ヒントはひょんなことから浮かんできます。
坂路調教の鬼タイムを出すお馬ちゃんの成績を調べてある事に気づいたとゆうか、鬼タイムを出すようなお馬ちゃんは圧倒的に人気になりやすく結果も残すんですが、飛ぶときは飛ぶし、意外と3着に負けたりとか普通の人気馬とさほど変わらないのに明らかに過剰人気になっています。これって誰にでも経験あるかと思うんですけど、軸にしょうかなと思っていたお馬ちゃんが調教特Aだったりするとそれだけで確実に+αされて堅いと思い込んでドカーンと勝負する後ろ盾になったりします。

これは調教に限らず1つの優秀なファクターが大勝負を後押しするってありがちな事です。
後押しすること自体は何の問題なく、むしろ目の付け所で重要な要素ではあります。
要するにオッズに反映されない盲点を探さないと旨味がないってことです
人気馬の飛ぶ確率は同じでも単勝3倍のお馬ちゃんと1倍台のお馬ちゃんが飛ぶのではオッズに与える影響が違います。もちろん連に絡んだ時の配当もしかりです。

そうは言っても調教特A馬は上位に来る確率は高いのも事実です。でも競馬に絶対はないのであれば、グリグリの低配当なんだったら来ても旨味がないし敢て逆転の発想で切るのもありかなと思います。
皆が堅いと思う馬に更なる+αの後ろ盾を得て大金突っ込むからこそ、外れた時の衝撃が大きいんです。人は皆堅いと思う理由付けが欲しいだけなんです。だから+αの後ろ盾が背中を押すんです。


望が飽和点に達したとき、人の注意力は脆くも飛散する 
BY 銀と金



飽和点に常に達している私が言うなって突っ込み聞こえてきますがシカトしましょう(笑)。
冗談はさておき、この発想こそが人の行く裏に道あり花の山なのでは。

とゆうことは馬体最上位でもオッズの旨味が見い出せないレースや馬体が似たり寄ったりのメンツのレースは敢て馬体をシカトするのもありかなと。うーんでも、馬体で優劣出にくいのならそもそもやらなきゃいいってだけの話ですね(笑)。
今日は負けが込んでるので脳みそがいっちゃってますね。
まあでも、2歳3歳限定戦を主戦とするってのはあながち間違ってはいません。
少ない競争成績のみで適性・能力を判断されやすくその他の部分でも血統や調教のファクターが重要視されているからこそ馬体で人気の盲点に立ちやすいってことです。よくある話でこの馬東京走るよって薦めた馬が東京の競走成績抜群で馬柱みりゃ分かりますよと身も蓋もない話になります。重要なのは人気の盲点になってるかどうかですよね。東京適正上位の馬体で東京成績も5戦オール連対なんてお馬ちゃんと、同じく東京適正上位でも東京2戦着外のお馬ちゃんであればどちらを選ぶかは言うまでも有りません。でも心理としてはどちらも東京走ると分かっていてもオール連対を軸にしてしまうのが普通です(はい、私もそうだったりします 笑)。まぁどんなに適正あろうがを皆にバレバレだったらその適性を以って優位には立てないのである意味馬体で選んじゃいけない1頭なのかもしれません。
東京バレバレでグリグリ人気も最後方指定席なんてお馬ちゃんであればメンツ展開では敢てキリもアリですし、逆に瞬発力型で東京だと最後差されるかなぁなんてお馬ちゃんでも内枠引いて先行できそうで流れの緩そうなメンツであれば人気薄なら狙いたいですよね~。まぁこの手の話は今度細かく発表するとして、長々と敗北の言い訳を聞いていただきありがとうございました(笑)。東京が実は苦手である事実を真摯に受け止め来週又頑張ります。今日は飯食って屁こいて寝よう~






それではまた来週~



応援クリックもお願いいたします~


にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ
にほんブログ村


競馬・パドック理論 ブログランキングへ



投資ギャンブル ブログサイトランキング
競馬 ブログランキング



テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

馬体からの適正

パドックを見て馬体のいい馬をチョイスして買っても中々当たらないなんて声を聞きます。
又、パドックは重視してないけど、やる気や体調とか歩様はチェックするなんて方が多いのでは? 
まずはっきりさせなければいけないのが、テレビやグリーンチャンネル等のパドック解説やパドック予想を主とする競馬サイトの多くが発信する毛ヅヤや体調、やる気、歩様といったものは私の掲げる馬体・パドック論とはなんら関係のないものです。私は馬体そのものの素材や適性を見ています。まぁ誰が見ても分かるぐらいの発汗やイレコミなどは点数低くなることもありますが、基本馬体です。
また、上記の体調云々でなく純粋に馬体を見ているし、見れているよって方でも陥りやすい問題があります。好馬体の馬体偏差値上位馬を本命や軸にするパターンが多いのですが、ある意味正しいし、ある意味チョイと違うかなとも思います。

何故ならば
馬体の良し悪しが選別できても
真に馬体が見えているとは言えません。
適性を理解してこその馬体です。

誰もが分かる好馬体の馬は成績安定・人気上位が多く敢えて馬体で選ばなくとも買えるし買われます。
誰もが分かるファクターを以て人の優位にはたてません。
馬体ポテンシャルは重要ではありますが人気の盲点にはなりにくい側面がある上に、馬体ポテンシャル上位馬でだろうがコース距離によって得手不得手が存在します。だからこそ馬体からくる適性を理解する事が重要であり、結果、適正が弱い危険な人気馬、適正ある人気薄コース巧者を見つけることができて初めて人の優位に立てるのです。ポテンシャルや適正はその馬本来が持つ素材であり、調整等の体調は旬かどうかの状態です。当日のパドックで体調云々は正直分かりませんので体調は度外視みたいな冒頭ですが、矛盾するようですが縦の比較による調整や体調等の変化・状態は重要な要素ではあります。パッと見で体調いいかどうかは分からないのでそおゆう意味では度外視ではありますが、時系列でその馬を見る上での馬体の変化は、大事です。
繰り返し言いますが、
ポテンシャル適正はその馬本来が持つ素材であり、

調整等の体調は旬かどうかの状態です。

素材状態を混同してはいけません。


適正あっても状態悪ければ斬ることあっても、その逆の適性ないのに状態良くても買う事はありません(よっぽどのポテンシャルなら考えますが)。状態は大事ではありますが補足及び最後の味付け的ポジションであり、最も重要なベースとなる核はポテンシャルと適正です。

ですから
毛ヅヤや体調、やる気、歩様といったものは私の掲げる馬体・パドック論とはなんら関係のないものですとなるのです。
時系列でその馬を見る上での馬体の変化は重要ではありますが、いわゆる毛ヅヤやヤル気等の雰囲気だけでの当日のジャッジによる体調云々はまったくもってナンセンスです。何故ならボ-っとした馬が大逃げ打ったりしますし、毛ヅやのいい馬や元気よく歩く馬でも普通に馬群に沈みます。逆に言えば歩様の悪い馬でも毛ヅヤの悪い馬でも普通に勝ちます。いくら調子や歩様が良くても適性外のレースであれば負ける確率は高いですし、これが1番重要なんですが、どんなに調子が良くても自分より強い馬がいれば当然負けます。逆に言えば調子が悪くても適性のレースであれば好走の確率は高くなり、調子が悪くてもその状態の能力より下の馬たちが相手であれば好走する確率は高い筈です。
これからレースをむかえる他馬との横の比較を状態のみで優劣を決める事は無謀な行為です。
縦の比較による状態等の変化を本来持つ素材の点数に修正を加えた上での、横の比較こそが正しい道筋なんです



では何故馬体なのか?
前にもブログで言いましたが、再度言わせてもらうと
その答えはサラブレッドがサラブレッドたる所以です。考えてもみてください。人間のアスリートの裸を見て競技の勝負け予想をしても当てる自信がありません(ボルトのお尻はやばいけどね)。何故なら人間には考える力があり、技術の向上や弱点苦手を克服するために、努力や研究ができます。もちろん厩舎、牧場スタッフの方達の努力は並大抵の事ではありません。ただお馬ちゃんには人間のように自己の意思を持って改善したいとか技術を高めたいという明確な意思はないのです。すなわち自らの意思や努力で適性を変えることはできません。マイラ-の馬を鍛えて鍛えて心肺機能を高めてステイヤーに変える事は不可能です。言葉が間違ってました、鍛えて鍛えてステイヤー戦にも対応可能な馬にすることは可能かもしれませんが、得意とこなすは大きく異なります。大雑把に言っちゃえば馬体がコンパクトで遊びがないからマイラ-なんでしょう?(気性面は置いといて)。ステイヤー体系のお馬ちゃんとは骨格バランスが異なるので長距離戦ではより早く乳酸溜まってスタミナロスになるのはしょうがない事です。鍛えて無理くり耐える体にしても、こなすが得意に変わるわけではありません。あくまでこなせるようになるだけです。
もう一度言います、お馬ちゃんの適性はそうそう変えられないし、変わらないんです。
私の言う馬体は頭・首・胸・背中・お尻・トモ・手足を含めた骨格シルエットに筋肉の面積、形、量と言った総合的なバランスを1枚の絵として見ています。筋肉の質は正直分かりません。筋肉の質云々を言う方いますが本当に筋肉のみで言ってます?骨格込みで言ってませんか?もしくは血統や走りっぷりで言ってません? とゆうぐらい私は筋肉の質はよく分かりませんし今のところ特に重要視していません。どんなに優秀なエンジン持っていてもボディバランス悪けりゃスピードを伝えにくいですよね。そもそも種牡馬になるお馬ちゃん達は皆超1流馬です、筋肉の質がそうそう悪い筈がないし、瞬発力や長くいい足で差がつくのはシルエットや筋肉面積、形、量と言った目に見えるものの差と認識しています。
長―く競馬を見ていると、個々の競馬場、コース・距離によって来る馬の馬体傾向がある事に気づきます。血統とリンクするのであら不思議。分かりやすい例で言えばスプリンター体型・マイラ-体型・ステイヤー体型、皆さんも1度は聞いたこともあるだろうし、実際馬体イメージはあるとおもいます。馬体初級編って考えればその3類型でも
いいのかなと思います。あくまで初級編ですが(笑)。
それでは初級編は皆さんイメージができていると思うので、まずはその概念を1回捨てて馬体中級編へと突入してみましょう~。


馬体には大まかに分けて3種類の適性分類があります。
当ブログでもチョイチョイ出てくる単語なんで何となく覚えているなんて方もいたらうれしい限りです(笑)。
馬体を見る上で以下の3タイプに分類します。

瞬発力型
持続力型
瞬発力・持続力混合型


上記3型はあくまでも大雑把に分けた分類タイプあって、実際の馬体は個々に細部が異なる為厳密にはもっと細かく分類しないと適性は浮彫にはならないとは思いますがまずは大まかな分類をイメージするだけでも新たな発見となります。各分類を噛み砕いて大まかな適性を掴むだけでも今までとは違う角度で競馬を見る事ができ、さらに競馬が好きになる筈です(笑)。

この馬体分類の3タイプの詳細・補足をまずは日頃お世話になっております
ブロマガ会員の方達に限定公開したいと思います。
先週のブロマガ記事内にパスワードを表示しますのでお暇な時に見て下さい~。
尚、今週以降のブロマガ記事にもパスワードは入れますので興味のある方は宜しくお願い致します~!



応援クリックもお願い致します~
にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ
にほんブログ村


競馬・パドック理論 ブログランキングへ



投資ギャンブル ブログサイトランキング
競馬 ブログランキング

馬体適正3分類

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

馬体を見るきっかけ

≪語弊がある文章だったので書きなおしました≫
本日は私が馬体を見るきっかけになったお話をします。元々血統は好きでハマってた時があります。でも壁にぶち当たるんですね。古くはトニービーンの子供は府中で走るとか、今ならデイープの子供は京都で走る、血統好きでなくても有名なウンチクがあります。事実データとしても走ると思います。でもデイープの子から買うと言っても何頭もいるわけです。今年のマイルCSは6頭、エリザベスは5頭と、条件戦でもいっぱいいます。走る子もいれば全然ダメな子もいます。単純に個々の馬の能力って事で終わらせちゃうと血統の矛盾が出てくるわけです。もちろん母父やクロスなど理由付けはあるのですが私にはピンときませんでしたね、春先のリフアール激走とか、道悪の時の母父トニービーン、テインバー、ウッドマン、ヌレイエフなど確かに来るんですけど脳みそがスカッと晴天にならないというか、ところが馬体を見るようになると後付けで血統を見て、なるほどねと思うことが増え私にはもの凄くシンプルでモヤモヤが一瞬で晴れたんですね。ラップ理論も同様で、各コース・各レースのラップ傾向が掴めれば出走馬の好走ラップを集計して適正が浮かび上がる、確かにと思いますが、データの少ない馬は適正の見極めができないし、適正のコース・ラップでなくてもポテンシャルが高い馬や器用な馬はこなしてしまう矛盾が出たり、適正が高くても体調が悪くて結果が出ない理不尽さとか。ところが、馬体を見るようになってなんとなくその辺の矛盾が納得できるようになるのです(まあ体調うんぬんの理不尽さは馬体でもあると思いますが、私の見ている馬体と体調はリンクしないように見ているので、そもそも正直パドックで体調までは分からないのが本音ですし、そんなスタンスでの馬体ジャッジなので、体調で外れても納得できます)。
話が長くなりましたが、
ラップにおける出走履歴や血統は万全のデータとは言えず=能力の指標と言い切るには矛盾が存在するのです。 
ただ、ラップも血統も競馬の重要なフアクターであり、最終的には馬体とリンクすると思うのですが(血統派・ラップ理論派の方生意気言ってごめんなさい)。
なぜ馬体なのか? この答えはサラブレッドがサラブレッドたる所以です。考えてもみてください。人間のアスリートの裸を見て競技の勝負け予想をしても当てる自信がありません(ボルトのお尻はやばいけどね)。何故なら人間には考える力があり、技術の向上や弱点苦手を克服するために、努力や研究ができます。もちろん厩舎、牧場スタッフの方達の努力は並大抵の事ではありません。ただお馬ちゃんには人間のように自己の意思を持って改善したいとか技術を高めたいという明確な意思はないのです。だから馬体の適正が重要なのです。
デイープの子供全てが京都で走るのではなく、京都の1600ならこんな感じの馬体、1800ならこんな感じの馬体、その形に近いお馬ちゃんの血統を見てみたらデイープの子が多かった、もっと掘り下げるとデイープのこんな感じの子供は総じてこおゆうコースは走ると。もちろん競馬上手は方たちはこの辺の矛盾を理解したうえで、ラップや血統、調教、騎手、枠順、展開、その他モロモロを微妙なさじ加減で調理して美味しい馬券にするのでしょう。でもそれにはかなりのスキルが求められます。私のような調理のスキルのない人間があれやこれやと余計な事をすると素材を殺す羽目になります。馬体は素材です。調理に自信がないのなら素材に100%頼って、素材を活かす事だけを考えればいいのです!
てな事に気づくのに20年かかりました(笑)。



ただやみくもにパドックを見ていても馬体を見る力を鍛えることはできません。
1にも2にも過去の名馬の馬体を見ることをお薦めします。
またジュベナイルフィリーズの勝馬をイメージするには過去の勝馬を見るの事がヒントとなります。
阪神1600mは底力が求められるので、当然勝馬はその後の成功が約束される舞台です。

ブエナビスタ
ブエナビスタ
ウオッカ
ウオッカ

アパパネ
ァパパネ


ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 1000

紹介文:馬体からのコース適正(馬場)・距離適性・馬体のポテンシャル(馬体偏差値)を含む総合点を加味して出走各馬の横の比較をして予想します。基本重賞予想のみの前日配信。 ※暫らく当日のパドック配信(別サイト・パドック推奨版)主体に行きますので前日配信は休止します(H29・4月現在)

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

パドック推奨版
パドック推奨馬を当日のパドック周回1周目以降にUPします。 基本2場開催等、時間的余裕のある時に1日数レースUPする予定です。 記事ごとの販売です。詳細は以下をクリック
購入する!
プロフィール

Lyphard

Author:Lyphard
競馬歴20年オーヴァー。
血統に始まりスピード指数・ラップ理論・出目・騎手・厩舎と無駄な筋肉(脂肪?)がつけばつくほど競馬上手(ホンマかいな)の馬券下手となり、全てを捨てて馬体に辿り着きました。馬体で買うようになり、血統やラップが後付けでリンクしてくることになるほどねと競馬の奥深さを感じています。
馬体の良し悪しが選別できても真に馬体が見えているとは言えません。適性を理解してこその馬体です。誰もが分かる好馬体は成績安定・人気上位が多く敢えて馬体で選ばなくとも買えるし買われます。誰もが分かるファクターを以て人の優位にはたてません。馬体ポテンシャルは重要ではありますが人気の盲点にはなりにくく、馬体からくる適性を理解してこそ、適正が弱い危険な人気馬、適正ある人気薄コース巧者を見つけることができ人の優位に立てるのです。ポテンシャルや適正はその馬本来が持つ素材であり、調整等の体調は旬かどうかの状態です。素材と状態を混同してはいけません。適正あっても状態悪ければ斬ることあっても、その逆の適性ないのに状態良くても買う事はありません。状態は大事ではありますが補足及び最後の味付け的ポジションであり、最も重要なベースとなる核はポテンシャルと適正です。

※ブログ内の印の表記はカテゴリ内の印の見方を参照して下さい。

2017年 的中重賞
中山金杯
京都金杯
京成杯
日経新春杯
シルクロードS
京都牝馬S
小倉大賞典
フェブラリ―S
アーリントンC
阪神大賞典
マーチS
桜花賞
アンタレスS
皐月賞
NHKマイルC
オークス
ダービー
エプソムC
ユニコーンS
函館SS
CBC賞
函館記念
函館2歳S
クイーンS
アイビスSD
レパードS
エルムS
札幌記念

Twitter
Twitterでもつぶやいてます パドック競馬予想 @paddock_batai          フォローはこちらから
カテゴリ
人気ブログランキング
最新記事
馬体を知るには
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
広告
馬体を知るには
馬場を知るには
個人的お薦め
フリーエリア
検索フォーム
レース結果記事一覧
馬体論記事一覧
ゴルフのお供に
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント
フリーエリア
個人的お薦め
フリーエリア
蹄の病気を知るには
フリーエリア