天皇賞回顧

本日はブロマガ配信天皇賞秋で昨夜に続き連勝狙いましたがダメでした。
天皇賞予想はハズレも1人気のモーリスが勝って納得のレースでしたね。
まぁレースは相変わらずのスロー決戦ですが早めにみんなが動いて中々見応えがありました。足を余すとか内で追えないとか、バランス崩したりとか引っ掛かったり、直線ヤル気が出ないとか、全ての出走馬がレースで力を出し切るって中々難しいんですよね。中でもスローの競馬は力を出し切れないケースが圧倒的に多く、常々底力決戦こそが力を出し切りやすいレースであると公言してますし、またそんなガチンコがG1に相応しと思いますが中々見れそうにもありませんね。しかし、豊ちゃんはスローに落として足を溜めたかったのですかね?それともいつもの感じで進まなかったのか?ラブリーディに突かれ嫌気を出したか? 敗戦の真偽は分かりませんけどまったくらしさを出せずに敗戦と残念な結果になりましたね。馬体は評価していますが気性がネックで当てにならずで馬券勝負には向かないお馬ちゃんですね。


本日の馬体からの人気薄激走期待馬の結果

京都6R 2歳500万下 芝1200
⑭メイソンジュニア  8人気4着

京都8R 500万 芝1600
⑤セイントバローズ   8人気12着

新潟11R ルミエールオータムD 直線1000m
⑨トータルヒート  6人気2着





本日は予想が外れたのでレジまぐにて予想記事の無料公開がないのでUPしときます。
今後の参考になるかどうか別としてお暇な方は読んで笑ってやってください(泣)。


≪ブロマガ予想記事抜粋≫

東京11R 天皇賞G1 芝2000

馬体偏差値上位
モーリス
リアルスティール

東京適正
最上位 
エイシンヒカリ

次点
アンビシャス
ルージュバック
ヒストリカル

さらに次点
サトノクラウン
ロゴタイプ


うーんエイシンヒカリを本命にしたいけど、この馬怖いんですよね~。
週頭に注目馬に取り上げて本番印無しはいつものパターンで手痛いしっぺ返しがあるのが当ブロマガ恒例ではありますが、馬体には敬意を表しつつ敢て穴から行かせて頂きます。

頭⑦サトノノブレス
ベストは中京や東京等の大箱でかつ、ペースが上がったミドル以上の底力勝負が向く馬体です。馬体偏差値、東京適正共に次点レベルも配当含めた1発の魅力で頭指名とさせて頂きます。

★④サトノクラウン
前は瞬発力型の要素を持ち後ろは持久力型と、今の東京ではこの手のタイプの方が信頼は置きやすいかなと、スローに流れてもミドル以上も対応可能で東京2000はある意味ベストかなと、馬体偏差値も高く人気が無いのが不思議です。

懸念は先週サトノが初G1制覇で本日スワンSで頭指名サトノルパンが2着で勝馬サトノアラジンと、ある意味出来すぎな結果に明日が微妙です。普通に馬体で選んだ結果だから致し方ないけどギャンブルの側面で捉えると微妙ですね・・・・。まあ乗りに乗ってる里見さんのツキが明日も続くことを祈って頑張りましょう~(馬体全然関係ないです 笑)。

相手筆頭
⑧モーリス

東京ベストとは言い難い馬体も馬体総合点はここでは抜けています。但し、1週前PHOTOを見る限り、老化なのか種牡馬入りの準備なのかは不明ですが昨年のピーク時の最上級馬体よりは落ちる印象でマイナス要素を感じています。でも、仕上げて来た時の最上級の馬体を考えると簡単には斬れないお馬ちゃんです。仕上げて来るのなら勝ち負け当然ですし、人気とリスクの側面からの相手指名です。


抑え
1・3・4・9・11・12・14



ルージュバック 
トモの容量形状が最大の武器も、全体のシルエットや寸尺等で強者とのガチンコG1を考えると2000はチョイ長いかなと。エアグルーブやウオッカの寸尺スケールには及ばないので王道で勝ち切るとゆうよりは脚を溜めての伏兵騎乗じゃないと厳しい戦いかなと。まあ鞍上は全盛期の豊ちゃん並に持ってこれる戸崎君ですからその辺りのサジ加減は絶妙に乗ると思うので斬る事も出来ませんが・・・。


以上が惨敗の予想記事でした。
馬体偏差値上位2頭のワンツーで本来なら1点で仕留めたいところですが中々ウマイこといきませんね
モーリスは1週前PHOTOの状態からも絶好調とは言えずその他上位人気馬にもウイークポイントありで伏兵陣でも食い込む余地ありと勝負しましたが
うーん両サトノはまったくダメでしたね・・・・。
2着3着ならこのメンツでも十分あると狙ったのですが、反省ザルですね。




又、予想記事では単評のなかった3着のステファノスについては
今年の宝塚でも印を付けたように馬体偏差値は高く評価しております。ただ、東京がダメってことではなく、あくまで東京の2000でかつG1って舞台設定を考えると重い印はつけられないかなと。一般的な距離適性の感覚と違い馬体のみで適正を考えると、東京の2000mって舞台はルージュバック同様、府中で強者相手のG1だとチョイ長いです。メンツや展開にもよりますが、あくまで強者とのガチンコの勝ちにこだわるのならG2やG3ならともかく、安田だと忙しく秋天だと最後止まる恐れありで、東京にはないけど東京って舞台で考えるのなら1800のG1がベストかなと(首・胴の寸尺、筋肉量やシルエットから)。距離適性自体は2000前後も流れるレースで、最後に坂がある様なコース形態の方がよく、負けはしましたが宝塚や大阪杯等の舞台設定で光り輝くお馬ちゃんです。まあそうは言っても今年のようなスローで直線にかける溜める競馬ならルージュやステファノスにも大いにチャンスはあったとは思いますが(基本G1は、底力勝負前提で馬体を精査していますので)。

まあスロー決戦は位置取り大事で、かつスタート道中直線といかにミスなくスムーズに運べるかが勝敗を左右するので勝ったモリースは流石の王道競馬でしたが仮に枠順同じでも着順は何回やっても同じととは言い難く、入れ替わる余地は大いにあります。でも全馬が力を出し切りやすい底力決戦はポテンシャルの高いお馬ちゃん達が上位に来やすく、ある意味公平で適性な着順と言えなくもありません。スローもあって底力決戦もあるし、強い馬が負けたり伏兵が勝ったりと、展開読めないし、アクシデントや奇想天外なことがおきるからこそ競馬は面白いんですけどね。

又、出直してまいります。




本日のダメダメ予想


k1 h2810301
k1 h2810302
ng1 h2810301
京都4R メイクデビュー新馬戦
3連単⑨-⑥-⑦ 2万8020円
3連複        1万1560円

k4 h2810301
k4 h2810302

ng5 h2810301
ng5 h2810302
ng5 h2810303
京都6R
ブログで⑭メイソンジュニアを推奨しましたが
パドックで9人気⑧ビーカーリーと14人気⑪メイクグローリーの方が上と見て勝負
⑧ビーカーリー 9人気1着
単1570円 馬連⑧-⑫1万1400円

k6 h2810301
k6 h2810302
k6 h2810303
k7 h281030

東京8R 河口湖特別
パドックより人気薄3頭を発見して勝負
⑭ジョリーアップ 見事16人気3着
3連複ヌケ・・・・勝ったのがグリグリの1人気で2着が7枠の2頭ですから
友引馬券で当然抑えなきゃいけないのに抑えてない(馬体関係ないです 笑)
複勝4790円つくのに買ってない(泣)
ワイド ⑭-⑯ 9580円

t8 h2810301
t8 h2810302

本日の勝負レース
新潟11R 直戦1000M
ブログ推奨の⑨トータルヒートでガッツリ儲けるはずが・・・
ええ、1・2人気のプリンセスムーンとレッドラウダに3連単厚く行き過ぎて失敗でした(泣)
⑨トータルヒート 6人気2着
複 590円  3連複 3万5250円

ng11 h2810301
ng11 h2810302
ng12 h281030
ng12 h281030

東京11R 天皇賞G1
t11 h2810303
t11 h2810302
パドック見てからの最終ジャッジ馬券
t11 h2810301
t11 h28103021
t11 h28103022
t11 h28103023


飯食って真田丸見て屁こいて寝よう~

Twitterも宜しくです



応援クリックもお願いします~



競馬・パドック理論 ブログランキングへ



にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ
にほんブログ村





投資ギャンブル ブログサイトランキング
競馬 ブログランキング



にほんブログ村



テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

天皇賞秋 馬体推奨

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

東西両重賞的中〜

本日はブロマガ配信東西両重賞見事的中と相成りました~
この勢いで明日の天皇賞も的中できるといいですね。




土曜 馬体からの人気薄激走期待馬結果

京都3R 2未 芝1800
⑯マイネルハドソン 10人気10着

京都8R 500万 D1200
⑤ウオーターバオバブ  6人気2着

新潟6R 500万 D2500
⑫タマモベルガモ  9人気10着

新潟9R 500万 D1200
⑦トウショウデュエル 10人気3着

東京10R 神無月S D1400
⑮ビッグリバティ  10人気8着



明日の馬体からの人気薄激走期待馬は以下の通り

京都6R 2歳500万下 芝1200
⑭メイソンジュニア

京都8R 500万 芝1600
⑤セイントバローズ

新潟11R ルミエールオータムD 直線1000m
人気は無いけど馬体から1000m適性有りで1発の魅力を感じる
そんなお馬ちゃんの名前は↓


競馬・パドック理論ランキングへ



本日のイマイチ馬券

京都11R スワンS
ブロマガ配信 頭指名②サトノルパン
道中バカついてヒヤヒヤしましたが何とか8人気2着
複 600円 
3連複 ⑪-②-⑬ 2万1930円
馬連  6380円

k11 h2810291
k11 h2810292
k11 h2810293
k11 h2810294

t2 h2810291
t4 h2810291
t4 h2810292
t4 h2810293
t5 h281029

怒涛のトリガミオンパレード・・・
k7 h281029
ng5 h2810291
ng7 h281029

京都8R 
ブログ推奨馬⑤ウォ―ターバオバブ
見事6人気2着もパドックでイレコミ酷く本命にできなかた・・

k8 h2810291
k8 h2810292
k8 h2810293

新潟9R
ブログ推奨馬⑦トウショウデュエル
見事10人気3着も・・・
パドックで④フローラルダンサーも良く見えて迷った挙句で3連単マルチの軸を変えてしまい大失敗・・・
複⑦ 1070円
3連複 ③-⑦-⑬ 3万4070円

ng9 h2810291
ng9 h2810292
ng9 h2810293
ng9 h2810293
東京12R
3連単 ⑪-⑨-⑤ 3万6930円
3連複           7460円 

t12 h2810291
t12 h2810292
t12 h2810293




それでは引き続き、スペシャルな週末になりますように~


応援クリックもお願いします~



競馬・パドック理論 ブログランキングへ



にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ
にほんブログ村





投資ギャンブル ブログサイトランキング
競馬 ブログランキング



にほんブログ村



テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

アルテミスS&スワンS馬体推奨

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

明日の人気薄激走期待馬

今週はいよいよ天皇賞秋です。

天皇賞は国民の義務である
お世話になってる馬主さんの深いお言葉を肝に、天皇賞は参加させて頂きます~(G1は何でも参加してますけどね 笑)


それでは天皇賞の前に、明日よりBコースに変わる東京芝で恐怖の内枠先行天国が復活するのかどうかジックリと見極めたいと思います。


明日の馬体からの人気薄激走期待馬

京都3R 2未 芝1800
⑯マイネルハドソン

京都8R 500万 D1200
⑤ウオーターバオバブ

新潟6R 500万 D2500
⑫タマモベルガモ

新潟9R 500万 D1200
レースからは絶対的なスピード不足な印象ですが馬体からは500万くらいは突破してもらわないとねって感じのお馬ちゃんです。
そんなお馬ちゃんの名前は↓

にほんブログ村


東京10R 神無月S D1400
鞍上レベル疑問で折合い難のあるお馬ちゃんで外枠と
イマイチで信用置けませんが馬体はこのメンバーでも勝ち負け
そんなお馬ちゃんの名前は↓ 


人気ブログランキングへ


最後にもう一度黒田選手の雄姿を見たいですね、

それではスペシャルな週末になりますように~


応援クリックもお願いします~



競馬・パドック理論 ブログランキングへ



にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ
にほんブログ村





投資ギャンブル ブログサイトランキング
競馬 ブログランキング



にほんブログ村


天皇賞秋 馬体展望

今週は古馬中距離路線の王道中の王道G1、秋の天皇賞です~!

天皇賞秋と言えば東京競馬場です。私はかつて東京競馬場がJRA全競馬場の中でも断トツに好きでした。G1といえば東京競馬場、府中の長い直線こそがチャンピオンを決めるに相応しいコースと思っていましたし、実際レースもエキサイティングな力勝負が多かったと思います。昔を懐かしんでいる訳ではありません。年を取って時代の流れに乗り遅れている訳でもありません。ただ、純粋に今の競馬、今の東京競馬場の競馬が面白くなくなったなと。平成生まれのニューカマー競馬世代には、いやいやオッサン何をほざいてるの?今の東京も十分エキサイティングで面白いよと突っ込まれそうですが、
喝~!! と昭和世代のオッサン代表として言わせてもらいます。
東京競馬場はここ1、2年でさらに面白くなくなりました。

終焉の始まりは今から遡る事22年前、サンデーサイレンスの登場です。サンデーサイレンスの出現により日本の競馬は180度変りました。競馬後進国であった日本の競馬界が今や世界と肩を並べるまでに成長できたのもサンデーサイレンスが極東の小国、日出る国にやってきたからです。サンデーサイレンスの出現により日本の競馬界が大繁栄をもたらすこととなりますが、一方で終焉へのカウントダウンもあの時から始まっていたのです。
直線だけで勝負を決してしまう革命的な脚。まさに異次元の脚でした。溜めれば溜める程、切れ味は極上のものとなりました。得意な武器を最大限に生かすには折り合って折合っての直線勝負。溜めて溜めての直線勝負こそがサンデーの切れ味を最大限に生かす乗り方だったのです。サンデーが活躍すればするほど産駒は増え、同タイプの馬が増えればおのずとレースの質が変わります。そして産駒も種牡馬となり、血の飽和状態がさらなる同族を増やすこととなります。サンデー飽和状態の弊害は皆が折合い重視となり、スローの決め手勝負が蔓延することとなります。特性や武器が被った同族一門で得意分野の頂上決戦をしている感じです。サンデーの出現により競馬を取り巻く環境も一変しました。サンデーで成功を収めた社台帝国による1極集中です。バブルを経ての長らく続く不況と馬主の格差も広がり、1極集中、冠馬主の権限増大に加え昨今の外国人騎手の黒船襲来もあり、騎手の立場がサンデー以前と比較すると非常に危ういものとなりました。立場の弱くなった騎手心理も合間っての消極的騎乗がスロー症候群を後押ししています。又、馬場改良や芝の育成の技術向上も関係しているといえます。もちろん全部の競馬場がそうだとは言いません。もちろんスローオンリーの競馬場があってもいいと思います。ただ、皆が同じ騎乗で良い子ちゃんに乗る今の現状は見ていて非常にツマラナイと思います。昨夜の菊花賞も逃げたミライヘノツバサにサトノエトワールが絡んだのでペースは上がりましたが後続は結構抑えていたので額面通りのペースとは違うし引っ掛かってるお馬ちゃんが多かったのも事実です。抑えて抑えて決め手の優る上位人気の馬に勝てると思っている騎手心理が分かりません。
有力馬がガッチリ抑えているのに同じ馬群で抑えている感覚が良くわかりません。敢て速く動くとかの奇襲をかまさないと一泡吹かせることはできませんよね?まぁスタミナ自慢のレッドエルテイストの四位騎手の談話では動きたいけど馬が進んで行かなかったとあったので行きたくても行けないお馬ちゃんはいいとしても、行けるのに行かない、勝負できるのに勝負できない騎手が嫌です。もちろん早めに動けばもっと負ける可能性が大だから動かないんでしょうけど、それって大きく負けないけど勝ちに繋がる騎乗とはいえますかね? 有力馬に力で劣っているんだから脳みそを使わないとです。このようにスロー症候群はいたるところにはびこっております。確かに、スローが蔓延する昨今の競馬を良しとする意見もあります。ヨーロッパの競馬は総じてスローの決め手勝負です。でもここは日本です。芝の草丈や重さも違えば競馬場の造りも違うし、気候や風土も異なります。強い馬づくり、見ていて面白い競馬を今一度考えてもらいたいと思います。土曜の富士Sのようにスタートで全てが決まってしまうような競馬は見ていて面白くありませんよねってことです。

すっかり話が脱線しましたが東京競馬場はここ1、2年でさらに面白くなくなりました。
スロー症候群のみならず、馬場の影響で内枠先行有利で日本一長いタフな直線が謳い文句の競馬場で、スタート位置取りが全てのせせこましい競馬場に変貌してしまいました。
ところが今開催はチト様相が違うように感じます。開幕週は雨の影響で外差しも決まる印象でしたが先週今週と馬場を見ている限り少なくと昨年秋の異常な内天国ではありません。
ペースにもよりますが昨年秋よりは外差し決まります。ただ内がかなり荒れている感じで直線内ががっぽり空いているレースが多く、逆にタフな馬場を苦にしないお馬ちゃんは距離得を利して内を突くお馬ちゃんもチラホラ出てきました。距離で得する内側は馬場が悪く直線伸びないけど直線伸びる馬場を通るには大きく膨らむ距離損はいたしかたない。これって正しい馬場の推移で非常にイーブンだと思います。ところが、今週はBコースに変ります。先週まで1番伸びていた綺麗な馬場が内側になるので、うーん土曜の競馬次第では先行内枠有利な馬場になる恐れはあると思います。なんでBコースに変えるかね?


すっかり東京競馬場への愚痴が多くなり馬体展望の時間があと僅かです(笑)。

それでは2走続けて2着惜敗と残念な競馬が続きますがドゥラメンテのいない今の競馬界で唯一の王様、チャンピオンの馬体をチェックしていきましょう。

モーリス
馬体評自体は去年のマイルCSや安田記念で述べているので割愛させて頂きます。
このメンバーでもトップ評価のリアルチャンピオン馬体ですが肝心なのは状態ですね。
うーん元々肉がつきやすい馬体ですがどうも気に入りません、質量含め中間かなりの乗りこみしているだけに期待していた1週前photoでしたが、種牡馬になる直前のお馬ちゃんみたいです。昨年の素晴らしい状態であれば問答無用で頭指名なんですけどって感じです。
馬体的には競馬場不問のオールラウンダーですが、強者相手で負けるとするなら東京競馬場ですかね。苦手って訳ではありませんが強者相手であれば宝塚記念や大阪杯の方がアドバンテージは上かなと。
今週は配当低くとも軸が決まったG1だから相手を2頭に絞れれば儲かるなと踏んでいましたが状態含めトレセンリポートの生馬映像でチェックしたいなと。グリグリ人気でもあるので週末までの宿題ですね。



最後に注目馬を1頭挙げてお別れです。

人気になるだろうし配当的旨味は置いといて、この馬の馬体こそ東京適正の馬体です。
昨今は後方組でこの手の馬体は飛ぶ傾向が強くペース展開等では強く推すにはリスキーですが一昔前の東京であれば信頼の置けた馬体です。
そんなお馬ちゃんのお名前は↓

競馬・パドック理論ランキングへ



Twitterにて1週前PHOTOで馬体評つぶやくかもしれませんのでフォローして下さいね~

キーワード検索でパドック競馬予想で出てきます。
または https://twitter.com/paddock_batai





それでは週末に又お会いしましょう~



応援クリックもお願いします~



競馬・パドック理論 ブログランキングへ



にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ
にほんブログ村





投資ギャンブル ブログサイトランキング
競馬 ブログランキング



にほんブログ村



テーマ : 今週の重賞レース展望
ジャンル : ギャンブル

菊花賞は惨敗・・・・

本日は菊花賞G1でしたが、ブロマガ配信菊花賞予想は惨敗となりました・・・。
週頭の馬体展望で取り上げたエアスピネルが3着と頑張りましたが苦虫を噛み潰す思いです。

エアスピネルは前哨戦の神戸新聞杯で頭指名をしての敗戦で、★指名ミッキーロケットが2着も本番ではこの馬が巻き返すのではと密かに期待をしていただけに尚更です。ブログでも菊花賞に向けての反省点&レース回顧と題して

エアスピネル
首の長さ肩口の角度、豊富な筋肉量からも距離適性は微妙も馬体基礎点はサトノ同様最上位とし馬体そのものの基礎点を取るか距離コース適性を取るかはメンツ次第なので今走メンバーであれば無難に頭指名と評したエアスピネルでしたが結果はダメでした。豊ちゃんも距離適正に懐疑的で本番の距離不安を感じていたからこその、脚を図る意図もあってのあの位置取りだと思います。本番菊花賞は更に600m伸びるので条件はマイナスポイントとなりますが、京都の3000は芝が軽い上に、3歳限定最後のG1とゆうこともありで距離適性◎がわんさか揃うステイヤー決戦とは言い難く、額面通りのスタミナ戦とはならない年の方が多いので乗り方一つで何とでもなると思います。先行できて器用に立ち回れて、2000のスタミナ勝負が大得意と、ウリがあるのだから悲観することはありません。そもそも馬体偏差値はトップクラスです。あとは豊ちゃんにお任せしましょうと、好きなお馬ちゃんに肩入れするあまり周りが見えなくなって馬券を外す何時もの悪い方向に行きかけています。一旦冷静になりましょう、結局メンツ次第ともいえますが、この負けで次走極端に人気が落ちるとは思えないし、素直に負けを認めて長距離砲で馬体偏差値高いお馬ちゃんを探した方が賢明ですねかね(笑)
と述べていましたね(汗)

又勝ちに等しい2着のミッキーロケット
手足の長い薄手ボディで管幹飛節と加点がありでトモの可動域もバッチグーと3冠最後の長距離菊花賞向きのお馬ちゃんです。但し、肩口の狭さ窮屈さや頭の小ささ、胸肺の面積からも純粋なステイヤーとは言えず、小ぶりな薄手バランス型のお馬ちゃんなので人気を背負って勝ち負けとゆうより人気薄で気楽に乗っての最後突っ込んでくる、そんな紐荒れ演出のお馬ちゃんです。ここで来るようなら菊は斬捨て、ここで飛べば再度菊で狙いたい1頭です。
と次は懐疑的な印象でした。

うーん意外と見えていますね。的確な表現をしているのが尚更怒りですね・・・・。

まあ週頭で注目しておいて本番の予想でシカトし、
その馬が来るといったことは当ブログではよくある恒例行事もあるのですが(泣)。
予想記事を買っていただいた方にはしょうもない推奨をして反省猿です。

本予想も距離適性よりは京都適正に重きを置いての予想と方向性は合っていたと思いますが頭★に選んだお馬ちゃんがダメでしたね。折り合いがバッチリタイプかルーズな胸肺保有で軽さを持ち合わせる手足長めのタイプがいいと思っていましたし、実際上位陣はその手のタイプかと思いますが1・2・3着と当たりませんな~。

これで牡馬3冠はデイーマジェスティ・マカヒキ・サトノダイヤモンド
3強が綺麗に1冠を分け合いましたが距離コース展開で3者の着順は上下しそうですね。
勝ったサトノダイヤモンドはスローの決め手勝負に強く、昨今のG1に多いスロー症候群を考えると今後も活躍しそうな感じです。
手足胴長でトモが幅広雄大で前がルーズと前後で異なる武器を持つスケール雄大馬体でここでは力が違いましたかね。
スライドの大きなサイボーグ馬体でいわゆるデイープ産駒には珍しいタイプで、タイプは異なるけど同じくデイープ産駒らしからぬデイーマジェスティの馬体を上位に取りましたが完全なる敗北でした。PHOTOで見る限り、手足も軽さがあって長く、又前後の広範囲可動域があるので身詰まり団子ボディも距離不安はないと踏んでいたのですがあのジリジリの伸びをみると残念です。まぁ写真と違い今日のパドックでは、あらら、もしかすると距離微妙かなと思ったのも事実です。ちょとした筋肉の付き方や体調等で写真とパドックの印象が異なることはよくあることですが、変わるはずのない寸尺の印象が変わるのは脳が麻痺しているのか写真映像等の角度によっての誤差なので修正しなければいけません。とは言え④シュペルミエールなんか写真では首の短さが気になり距離微妙と踏んでいましたが本日のパドック見るとさほど気にならなく京都向きで怖い1頭だなとも思いましたが最後ジリジリの伸びを見るとやっぱり距離なのかと。まあ距離適性とゆうよりは総合ポテンシャルで劣っていたからこその負けとも言えなくもないのですが・・。
まあいろんな意味で、その辺りのジャッチが甘いからこその敗戦でした。




ブロマガ配信菊花賞予想は以下の通りです(おおいに笑ってやってください 泣)
京都11R 菊花賞G1 芝3000

頭⑥ディーマジェステイ
一見全体的なシルエットや骨格ベースはマイラ-に思えますが、筋肉量豊富で普通は堅くなるのですが同馬は緩くてスケール大で、身詰まりボディなのに手足の長さに軽さもありと、中々奥のある珍しい馬体です。なだらかな傾斜角度の肩に前後の可動域広く、ルーズな胸前が距離の融通性を可能にしています。緩くてルーズでも手先の軽さ等で意外と苦手に思える1600から2000くらいの軽い流れのスローの決め手勝負もそれなりに対応しそうな器用さも持ち合わせています。でも得意とこなすは全然違うので、得意な流れは圧倒的胸肺のエンジンに筋肉量甚大な幅広トモが支えるミドル以上の底力勝負です。将来的には2000~2400くらいのチャンピオンディスタンスの底力勝負がベストですが京都の長距離戦なら特に気にすることもないかなと。巷に溢れる中南米の世界地図の様なトモを持ち、手先管幹バネ豊富ないわゆるディープ産駒とは一線を画す、このお馬ちゃんこそがデイープらしさを継承するリアル・デイープ産駒の馬体かと思います。

★⑩ウムブルフ
手先の軽さ、持久力トモ、薄手ボディの東京寄りの京都東京馬体です。京都と東京の馬体リンクの話は週頭の馬体展望で述べましたが、厳密に言えば京都適性馬体は東京もイコールとは言い難いけど、東京適正馬体は京都外回りはこなします。もう少しクビレ等のメリハリ欲しいけど1週前PHOTOを見ての即決★指名はこの馬だけです。ただ京都3000m菊花賞は基本内を通って差せるお馬ちゃんの圧倒的有利な馬場です。ヒシミラクルやゴールドシップの様なリアルステイヤ-のスタミナ戦に持ち込むオオマクリ等が無ければ、ほぼほぼ内差しです。メンバー見渡しても無尽蔵にスタミナ戦を望むような強者は見当たりませんので今年は長距離適正よりは京都適性が上位とみます。同馬はスローでもズブズブでも対応できるポテンシャルを秘めていますが展開とゆうよりは己との闘いです。見るからに気性に難がありそうな繊細敏感ボディに見えるので、まずは輸送を無事にクリアし、パドック入れこまずにレースを迎え、上手く内に潜り込んで折合えるといいのですが(条件付けすぎですかね 笑)。

以上が惨敗予想です(泣)

又、Twitterにて1週前PHOTOで馬体評をした3頭の呟きも挙げておきます

シュペルミエール
京都は向く馬体。もう少し首の長さが欲しいけど、バランス型の中立馬体。
京都の2000前後で少数頭がいいのでフルゲート外回り3000をどう乗るか?

プロディガルサン
トモの容量形状、スネ等パーツ単体は素晴らしい。
惜しいのは手足の長さととの対比で首胴の寸尺がバランス悪い。
ブライトエンブレムやヴアーゲンザイルが脳裏に浮かぶ


カフジプリンス
映像ではもっと肉厚な印象でしたがいい意味で期待を裏切られた1頭。
背ったる部分さえなければ距離伸びて強く押したい1頭ですが、
もろにスタミナ戦となるどうなんでしょう。
まァ京都の3000はそうそうスタミナステイヤー対決にはならないけど、
軽さの京都適正を考えるとMやUが上





本日はその他のレースもいいところなく終了です。
この敗戦を糧にまた出直してまいります。




本日のダメダメ馬券

京都1R  
京都適正特に普通も馬体総合点高いグリグリ1人気の①から京都適正馬体を絡めて勝負も京都適正上位と見た本線3頭が飛んで抑えの次点⑭フライングスターがなんとか12人気3着に奮闘。この辺りのズレが最後まで修正できずに結果敗戦デーとなりました。
3連複 ⑥-①-⑭ 1万5650円

k1 h281023
京都7R パドックより④マイネルラックを発見して見事7人気3着
相手が絞れず④から多頭買いも3連複痛恨のヌケ・・・
複 520円  馬連④-⑮5430円

k7 h2810221
k7 h2810232
京都8R パドックより⑫シゲルベンガルトラを発見して見事11人気3着
ここも相手が絞れず多頭買い、なんとか3連複は拾うも・・・
複 730円 3連複 2万2980円

k8 h2810231
k8 h2810232
京都10R 桂川S
推奨馬のメイショウスイヅキからパドック見ていたら同枠⑩フミノムーンが良く見えて2軸で勝負
フミノムーン6人気1着
枠連 2-7 1万880円 

k10 h2810231
k10 h2810232
k10 h2810233

ng10 h281023
t10 h2810231
t10 h2810232

k11 h2810231
k11 h28102211
k11 h2810232

昨日同様最終での逆転勝ちを狙いましたがダメでした
東京12R パドッツクより人気薄2頭
6人気②トーセンラーク・8人気⑧インストアイベントで勝負も
仲良く4・5着・・・・・

t12 h281023
京都最終も京都適正ある人気薄⑩⑫で勝負もまったくダメ・・・・
k12 h2810231
k12 h2810232



こんな日は真田丸みて早々と寝ます~


応援クリックもお願いします~



競馬・パドック理論 ブログランキングへ



にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ
にほんブログ村





投資ギャンブル ブログサイトランキング
競馬 ブログランキング



にほんブログ村


テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

京都東京最終でなんとか持ち直してのハナ差勝利

本日は京都東京最終でなんとか持ち直してのハナ差勝利となりましたが厳しい戦いでした~。
うーん、東京芝は先行内枠有利の去年の馬場に戻っていると読んでましたが若干違い、意外と外差し決まる感じです。
馬体も従来の東京馬体でいいんですが、補足で馬格がある程度必要な感じかなと。新潟芝はもっと修正必要で、春先の堅い高速馬場に適応できてた東京型だと最後脚が止まる印象です。従来はいいお客さんの印象のタフ要素のスケールN型が台頭してたかなと、まあ基本新潟芝は1000m以外手を出す気はないけど参戦するなら注意が必要な馬場でした(そういいつつ手を出しますけどね 汗)。
明日は菊花賞ですが難解ですね~。私はパドック見て迷わないように前売り購入済ませました。
後はイレコミや馬体中減がなく落ち着いていて欲しいですね。あまり期待せずに応援しましょう(笑)。




土曜日馬体からの人気薄激走期待馬の結果

新潟3R 500万 D1200
⑫ボストンビリーヴ  7人気4着

京都2R 2未 芝1200
⑤ブルベアバイソン  9人気7着

新潟7R 500万 D1200
⑥トウショウスレッジ 36秒1の最速上がりを使うも12人気5着・・・
⑫ラッシュストーム  14人気8着

京都10R 古都S 芝2400
④エーテイ-タラント  7人気クビ差2着(そこまでいったら勝とうよ~)





ええ、4とか5着はいりません。
馬主さんやスタッフは良く頑張ったとねぎらうのでしょうが
3着内に入らないと懐が潤いません。
とゆうことで明日は何とか3着内に入れるといいですね


明日の馬体からの人気薄激走期待馬は以下の通り

東京1R 2未 芝1800
①メイショウルミナス

新潟1R 2未 D1200
①バトルクウ

新潟6R 500万 D1200
④グランアラミス

新潟7R 500万 D1800
⑨メイショウハクラク

京都10R 掛川S 芝1200
馬体からはいずれ、D1200~1400で穴をあける追込み馬として期待しています。
気性難さえ出さなければ芝でもイケる筈なんですけど。
そんなお馬ちゃんお名前は↓

競馬・パドック理論 ブログランキングへ



東京11R ブラジルC
どうも調子が上がって来ませんが、
まともならこの程度のメンツでモタモタして欲しくない馬体です。
でも安定していないからこそ配当の旨味があるのも事実です。
大きくジャンプするには1回しゃがまないといけませんよね、
明日もしゃがんだ状態じゃなければいいのですが(笑)
そんなお馬ちゃんの名前は↓

にほんブログ村

★はTwitterにて






本日の厳しい戦いだった馬券


京都1R D1400
10頭立てを考えれば上々の滑り出し 
3連単 ⑩-①-③ 1万3650円
3連複           4260円

k1 h2810221
k1 h2810222
k1 h2810223

京都4R メイクデビュー新馬戦
Twitterにてパドック配信をした⑤⑭⑮の京都D適正馬体BOX
相手を絞り過ぎて3連複は痛恨のヌケ
⑮アシャカリアン  8人気3着(あぶなく4着でえばれまえんが・・・)
ワイド ⑤-⑮  1230円

k4 h2810221
k4 h2810222
k4 h2810223

t3 h281022
t4 h281022
ng6 h281022

k7 h281022
京都8R
いつものごとくハズレまくりでやる気が失せての京都8R
パドックより④デルマオギンが面白いと思うも少数頭だし、
どうせまた来ないんでしょとネガテイブシンキング
④デルマオギン 見事11人気1着
相手指名した1・2人気はどこ行った~!(怒)
少数頭こそ総流しと口を酸っぱく言っても置きにイク悪い癖は治らない・・・
総流しできないのなら単複のみで行きましょう
自分を一番信じてないのが良くわかる馬券です(泣)
単 5070円 複 1350円

k8 h2810221
k8 h2810222
k8 h2810223

t8 h2810221
t8 h2810222

東京芝はやらないと言いつつ、本日の勝負レース
東京9R アイビーS 9頭立て
狙っていた⑥エトルディーニュが良い感じで人気暴落、
京都8Rで思い知らされたばかりの少数頭総流し必須の教訓も
⑦ソウルスターリングがいるので敢えてスルー
⑥エトルディーニュ 良く頑張ったけど相手が強かった 
馬連欲しかったけど
ペルシアンナイトにあっさり交わされ8人気3着も致し方ない。
3連単 ⑦-⑨-⑥ 4950円
ワイド ⑥-⑦ 760円 ⑥-⑨ 670円
複 290円

t9 h2810221
t9 h2810222
t9 h2810223
t9 h2810224
t9 h2810225
t9 h2810226

東京11R 富士S
差せる馬場に馬体修正しての勝負もスロー過ぎるのか?
うーんまいりました・・・

t11 h2810221
t11 h2810222
t11 h2810223

京都12R 得意のD1800
⑧クリノリトミシュルで鉄板も上位陣がちときな臭い感じがしたので
少数頭でもありで総流し敢行~
3連複 ④-⑧-⑨ 2万5430円

k12 h281022
東京12R
3連単⑩-⑫-① 4万360円
本線は勝った⑩ヨシオと⑤ウサギノカケアシでしたが結果オラーイ~

t12 h281022


応援クリックもお願いします~



競馬・パドック理論 ブログランキングへ



にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ
にほんブログ村





投資ギャンブル ブログサイトランキング
競馬 ブログランキング



にほんブログ村


テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

菊花賞&富士S馬体推奨

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

明日の人気薄激走期待馬

今週は菊花賞です~! 
今週は雨もなさそうですので土曜の馬場を見ずに菊花賞の予想を配信致しました~
輸送と当日のイレコミだけが心配事項ではありますが、それも含めての競馬ですので腹をくくりましょう~



明日の馬体からの人気薄激走期待馬は以下の通り


新潟3R 500万 D1200
⑫ボストンビリーヴ

京都2R 2未 芝1200
⑤ブルベアバイソン


新潟7R 500万 D1200
頭は↓

競馬・パドック理論 ブログランキングへ
★はTwitterにて


京都10R 古都S 芝2400

馬体からはG3くらいなら勝てると思うのですがとモタつくとか置かれるとかいまひとつ波に乗れない印象です。ムーアやモレイラ辺りが乗ればすんなり勝てると思うのですが・・・
そんなじれったいお馬ちゃんの名前は↓

にほんブログ村




Twitterで競馬ブックの菊花賞1週前PHOTOをリツイートして馬体評を数頭述べています。
キーワード検索でパドック競馬予想で出てきます。
または https://twitter.com/paddock_batai
フォローして頂けると幸いです。





菊花賞の軍資金が稼げるといいですね、


応援クリックもお願いします~



競馬・パドック理論 ブログランキングへ



にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ
にほんブログ村





投資ギャンブル ブログサイトランキング
競馬 ブログランキング



にほんブログ村


テーマ : 競馬予想@穴馬券狙い@
ジャンル : ギャンブル

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 1000

紹介文:馬体からのコース適正(馬場)・距離適性・馬体のポテンシャル(馬体偏差値)を含む総合点を加味して出走各馬の横の比較をして予想します。基本重賞予想のみの前日配信。 ※暫らく当日のパドック配信(別サイト・パドック推奨版)主体に行きますので前日配信は休止します(H29・4月現在)

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

パドック推奨版
パドック推奨馬を当日のパドック周回1周目以降にUPします。 基本2場開催等、時間的余裕のある時に1日数レースUPする予定です。 記事ごとの販売です。詳細は以下をクリック
購入する!
プロフィール

Lyphard

Author:Lyphard
競馬歴20年オーヴァー。
血統に始まりスピード指数・ラップ理論・出目・騎手・厩舎と無駄な筋肉(脂肪?)がつけばつくほど競馬上手(ホンマかいな)の馬券下手となり、全てを捨てて馬体に辿り着きました。馬体で買うようになり、血統やラップが後付けでリンクしてくることになるほどねと競馬の奥深さを感じています。
馬体の良し悪しが選別できても真に馬体が見えているとは言えません。適性を理解してこその馬体です。誰もが分かる好馬体は成績安定・人気上位が多く敢えて馬体で選ばなくとも買えるし買われます。誰もが分かるファクターを以て人の優位にはたてません。馬体ポテンシャルは重要ではありますが人気の盲点にはなりにくく、馬体からくる適性を理解してこそ、適正が弱い危険な人気馬、適正ある人気薄コース巧者を見つけることができ人の優位に立てるのです。ポテンシャルや適正はその馬本来が持つ素材であり、調整等の体調は旬かどうかの状態です。素材と状態を混同してはいけません。適正あっても状態悪ければ斬ることあっても、その逆の適性ないのに状態良くても買う事はありません。状態は大事ではありますが補足及び最後の味付け的ポジションであり、最も重要なベースとなる核はポテンシャルと適正です。

※ブログ内の印の表記はカテゴリ内の印の見方を参照して下さい。

2017年 的中重賞
中山金杯
京都金杯
京成杯
日経新春杯
シルクロードS
京都牝馬S
小倉大賞典
フェブラリ―S
アーリントンC
阪神大賞典
マーチS
桜花賞
アンタレスS
皐月賞
NHKマイルC

人気ブログランキング
カテゴリ
最新記事
馬体を知るには
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
広告
馬体を知るには
馬場を知るには
個人的お薦め
Twitter
Twitterでもつぶやいてます パドック競馬予想 @paddock_batai          フォローはこちらから
フリーエリア
検索フォーム
レース結果記事一覧
馬体論記事一覧
ゴルフのお供に
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント
フリーエリア
個人的お薦め
フリーエリア
蹄の病気を知るには
フリーエリア