中山記念展望

今週は中山記念G2が中山競馬場で行われます。当数少ないですがG2らしく実力馬が登録していますね。

まずはG1馬イスラボニータを
JCの時に
距離の融通性のあるマイラ-ベースの万能タイプ。この馬は柔らかさにつきる。あの柔らかみが距離を不問にしているがスケールで言えば中の上、運動神経のいい東京幕の内弁当タイプとイスラファンにしこたま怒られそうな辛口で評しましたが、やはりこの馬の武器は柔らかみが1番のウリで、普通柔らかいだけのお馬ちゃんは芯が抜けていて機動力に乏しかったりするのですが、この馬は骨格がしっかりしていて筋肉にも張りがあり、いわゆる芯が通っているので俊敏さを併せ持っています。柔らか味のある太くたくましい首差しがやはり目につきますね。筋肉量はボリューミーなのですが少しも重苦しさや鈍さといったものがなく、逞しい首&可動域のある胸前&トモが全体の柔らか味とマッチして抜群の機動力&瞬発力を生み出しているのでは。
この後落とすので、無理して褒めていません?とツッコミ入りそうですが、はい、イスラちゃん好きなので無理して褒めていませんがこの後若干落としますスイマセン(笑)。
今年はマイルから2000mの中距離を中心にローテを組むとの事ですが、この馬はもちろん距離適性は2000前後なのでしょうが、距離の融通性はもちろんのこと、コースの融通性もあるので陣営は迷うと思います。ただ、馬体を見ると東京の安田記念や秋天で頭や★を付けるには突抜ける力強さがなく、もちろん上位には来るのでしょうから軸辺りの評価なのでしょうけど、東京はGOODでもG1の舞台となるとBESTではない気が否めませんね。やはり機動力を生かすには、小回りG1やペースの緩むG2辺りが番長を張れるのかなと。
優等生学級委員長タイプですので底力の求められる東京G1ズブズブ勝負ではギャング系のG1底力馬に負けるのかなと。実際ごちゃつく皐月賞を抜群の立ち回りで勝っていますし、許容範囲が広すぎて今後も色々出てきて色々結果も出すのでしょうが、狙いたいのは毎日王冠や京都マイルCS、有馬記念辺りですかね。
そうゆう意味で言えば今回の中山記念1800mはBESTに近いのかなと。でもグリグリの1番人気確定ですけどね(笑)。

注目馬は1頭
今年が飛躍の年となるでしょう。
さすがに面が割れてしまいここは人気になるでしょうから正直ドカンと買いたくないのですが・・・。
理想はここで勝ち負けして次のマイラーズC辺りを人気で大敗して安田記念で人気薄って最高なんですけどね(笑)
私は完全に儲けるタイミングを外してしまいました。
皐月賞、セントライト記念は★評価で涙を飲んだこの馬をお勧めします。

競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ



中山記念と言えば2連覇をしたこの馬の写真を。
ばらんす
太い首差し、身詰まり肩たち気味の柔らかボディのトモムッチ。
ドリームジャーニーやカンパニー等も大雑把に仕分けすればこの部類に入る中山巧者でしたね。
あれれれ? もしやと思っていましたが イスラちゃん実は隠れ中山巧者じゃありませんか?
まぁ胸前やトモのラインなんかは東京巧者のそれなんですけど、首差しが気になりますね~。
安田よりマイルCSって、当たらずとも遠からずってやつですかね(笑)。
毎日王冠勝って秋の天皇賞を人気で飛んで、マイルCSを5番人気ぐらいでしっぽり勝つ!なんて気の早いローテを描いています(笑)。
中山記念2連覇のお馬ちゃんの名前はコチラから↓
競馬





応援クリックお願いいたします↓

競馬・パドック理論ランキングへ
にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ
にほんブログ村


コメントの投稿

非公開コメント

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 1000

紹介文:馬体からのコース適正(馬場)・距離適性・馬体のポテンシャル(馬体偏差値)を含む総合点を加味して出走各馬の横の比較をして予想します。基本重賞予想のみの前日配信。 ※暫らく当日のパドック配信(別サイト・パドック推奨版)主体に行きますので前日配信は休止します(H29・4月現在)

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

パドック推奨版
パドック推奨馬を当日のパドック周回1周目以降にUPします。 基本2場開催等、時間的余裕のある時に1日数レースUPする予定です。 記事ごとの販売です。詳細は以下をクリック
購入する!
プロフィール

Lyphard

Author:Lyphard
競馬歴20年オーヴァー。
血統に始まりスピード指数・ラップ理論・出目・騎手・厩舎と無駄な筋肉(脂肪?)がつけばつくほど競馬上手(ホンマかいな)の馬券下手となり、全てを捨てて馬体に辿り着きました。馬体で買うようになり、血統やラップが後付けでリンクしてくることになるほどねと競馬の奥深さを感じています。
馬体の良し悪しが選別できても真に馬体が見えているとは言えません。適性を理解してこその馬体です。誰もが分かる好馬体は成績安定・人気上位が多く敢えて馬体で選ばなくとも買えるし買われます。誰もが分かるファクターを以て人の優位にはたてません。馬体ポテンシャルは重要ではありますが人気の盲点にはなりにくく、馬体からくる適性を理解してこそ、適正が弱い危険な人気馬、適正ある人気薄コース巧者を見つけることができ人の優位に立てるのです。ポテンシャルや適正はその馬本来が持つ素材であり、調整等の体調は旬かどうかの状態です。素材と状態を混同してはいけません。適正あっても状態悪ければ斬ることあっても、その逆の適性ないのに状態良くても買う事はありません。状態は大事ではありますが補足及び最後の味付け的ポジションであり、最も重要なベースとなる核はポテンシャルと適正です。

※ブログ内の印の表記はカテゴリ内の印の見方を参照して下さい。

2017年 的中重賞
中山金杯
京都金杯
京成杯
日経新春杯
シルクロードS
京都牝馬S
小倉大賞典
フェブラリ―S
アーリントンC
阪神大賞典
マーチS
桜花賞
アンタレスS
皐月賞
NHKマイルC

人気ブログランキング
カテゴリ
最新記事
馬体を知るには
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
広告
馬体を知るには
馬場を知るには
個人的お薦め
Twitter
Twitterでもつぶやいてます パドック競馬予想 @paddock_batai          フォローはこちらから
フリーエリア
検索フォーム
レース結果記事一覧
馬体論記事一覧
ゴルフのお供に
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント
フリーエリア
個人的お薦め
フリーエリア
蹄の病気を知るには
フリーエリア