弥生賞展望

今週は阪神でチューリップ賞、中山でオーシャンS、弥生賞と3重賞が行われます。
寒かった冬の終わりとともにG1レースに向けてのトライアルがスタートする季節になりました。
中でも伝統の弥生賞をピックアップいたします。
王道トライアルと言えば弥生賞。同距離同舞台の皐月賞はもちろんのこと最大目標のダービーを睨んでのトライアルの王道中の王道と言えば弥生賞、そんな格式あるレースです。まぁ共同通信杯の時のコラムでも言いましたが、育成調教技術の向上やトライアルレースの充実などの理由から弥生賞においても昔ほどのメンツは揃わなくなりましたがそれでも王道中の王道です。本番皐月賞はフルゲート、トライアル弥生賞は少数精鋭位で行われることが多く、同距離同舞台で行われるレースでもペースやラップ等、本番の皐月賞とは全く異なるレースと言えます。それでもダービーを考えると弥生賞→皐月賞→ダービーがしっくりきますしね。私が弥生賞を好きな理由はそれまで介してなかった有力馬が本番前に一同揃うところですね。武勇伝や名前だけが独り歩きして顔も見たことのない各県の不良の頭が初めて合いまみえる、そんな緊張感が好きです(ちょっと違いますかね)。まあ一同介して顔見世スパーリング的なお披露目的要素が昔はありましたが、昨今は前記等の理由などからメンツはそこまで揃わないのが寂しいところですが、それでもワクワクするのは伝統と格式って奴には、めっぽう弱い某ですからね(笑)。
登録馬の中にダノンプラチナの名前がないのが残念ではありますが、中々のメンバーが揃いましたね。
1番人気確定は重賞に格上げしたホープフルSを快勝したシャイニンググレイではないかと、実際レースも強くて期待ワクワクで1週前photoを眺めましたが、あれ?ってのが率直な感想です。例えて言うとナンパした女性と後日改めて会った時に感じる違和感です(笑)。雄大な胸前が母シェルズレイの弟ブラックシェルっぽくていい馬体だなと高評価でしたが、改めて1週前photoを見てからもう一度ホープフルSのパドック映像を見直すと、なるほどと。確かに見えていた筈の部分が、快勝のレースっぷりも後押しとなり脳の中で記憶がプラスα美化されていました。ペースも緩む今回は勝ち負けしたとしてもこの先のガチンコG1では黄色信号発見って所でしようか。つけ入る隙は大いにあります!
1週前photo を見る前までは軸はこの馬だろうな~と考えてたお馬ちゃんがあれって感じの時は、総じてテンションが下がるのですが、今週はそんなことはありません。嬉しい脳の誤算もありました、もちろん成長曲線がいい方にでています。
1週前photoを見た時点で確定です!。イーシャンテンです。あとはこの1週間で無事に調教を終えていい枠引いて相手も見えてきたらリーチでツモるだけ、ノープロブレム!(笑)。
人気も4,5人気辺りでしょうから後は今週上位人気馬の買い材料が出まくる事を期待です。間違ってもこのお馬ちゃんを取り上げないでね、ソーットしてて下さい。まあ冗談はさておき、これが1番人気確定馬だとどうしても相手を絞れないと儲かりませんが、人気薄目のお馬ちゃんは相手がややこしいようなら単複勝負に切り替えればいいので馬券としては欲をかかなければとってもシンプルですよね(そうは言っても欲をかくのが正しい競馬人のありかたですが 笑 )。

詳細は週末のブロマガ配信でお伝えしますが、注目馬は土曜阪神チューリップ賞、オーシャンSから各1頭を。


まずは3才牝馬のトライアル、チューリップ賞
MYPOG馬ストーンウエアが前走いまいちでしたので、10頭選んだお馬ちゃんの中で現状クラシックに行けそうなのはこのお馬ちゃんぐらいと寂しい限りですが、そんな期待も込めて
競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ



オーシャンSは荒れる重賞の中でもトップ10に入るのでは?過去10年でも3回100万超えの3連単が飛び出しております。去年の暮れ及び今年の馬場を見ても中山芝はタイム早い傾向ですのでズブズブになるとは思えないのですが先行馬には人気のお馬ちゃんも多いのでやっぱり差し・追込み馬から穴を取りたいですよね~。
そんな期待を込めて、例年通りの中山芝なら馬体適正ドンピシャですが今年の早い芝はどうなんですかね?それでも★候補です
競馬


こんな私ですが応援お願いいたします。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ
にほんブログ村

投資ギャンブル ブログサイトランキング
競馬 ブログランキング




コメントの投稿

非公開コメント

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 1000

紹介文:馬体からのコース適正(馬場)・距離適性・馬体のポテンシャル(馬体偏差値)を含む総合点を加味して出走各馬の横の比較をして予想します。基本重賞予想のみの前日配信。 ※暫らく当日のパドック配信(別サイト・パドック推奨版)主体に行きますので前日配信は休止します(H29・4月現在)

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

パドック推奨版
パドック推奨馬を当日のパドック周回1周目以降にUPします。 基本2場開催等、時間的余裕のある時に1日数レースUPする予定です。 記事ごとの販売です。詳細は以下をクリック
購入する!
プロフィール

Lyphard

Author:Lyphard
競馬歴20年オーヴァー。
血統に始まりスピード指数・ラップ理論・出目・騎手・厩舎と無駄な筋肉(脂肪?)がつけばつくほど競馬上手(ホンマかいな)の馬券下手となり、全てを捨てて馬体に辿り着きました。馬体で買うようになり、血統やラップが後付けでリンクしてくることになるほどねと競馬の奥深さを感じています。
馬体の良し悪しが選別できても真に馬体が見えているとは言えません。適性を理解してこその馬体です。誰もが分かる好馬体は成績安定・人気上位が多く敢えて馬体で選ばなくとも買えるし買われます。誰もが分かるファクターを以て人の優位にはたてません。馬体ポテンシャルは重要ではありますが人気の盲点にはなりにくく、馬体からくる適性を理解してこそ、適正が弱い危険な人気馬、適正ある人気薄コース巧者を見つけることができ人の優位に立てるのです。ポテンシャルや適正はその馬本来が持つ素材であり、調整等の体調は旬かどうかの状態です。素材と状態を混同してはいけません。適正あっても状態悪ければ斬ることあっても、その逆の適性ないのに状態良くても買う事はありません。状態は大事ではありますが補足及び最後の味付け的ポジションであり、最も重要なベースとなる核はポテンシャルと適正です。

※ブログ内の印の表記はカテゴリ内の印の見方を参照して下さい。

2017年 的中重賞
中山金杯
京都金杯
京成杯
日経新春杯
シルクロードS
京都牝馬S
小倉大賞典
フェブラリ―S
アーリントンC
阪神大賞典
マーチS
桜花賞
アンタレスS
皐月賞
NHKマイルC
オークス
ダービー
エプソムC
ユニコーンS
函館SS
CBC賞
函館記念
函館2歳S
クイーンS
アイビスSD
レパードS
エルムS
札幌記念

Twitter
Twitterでもつぶやいてます パドック競馬予想 @paddock_batai          フォローはこちらから
カテゴリ
人気ブログランキング
最新記事
馬体を知るには
月別アーカイブ
カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
広告
馬体を知るには
馬場を知るには
個人的お薦め
フリーエリア
検索フォーム
レース結果記事一覧
馬体論記事一覧
ゴルフのお供に
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント
フリーエリア
個人的お薦め
フリーエリア
蹄の病気を知るには
フリーエリア