馬体を見るきっかけ

≪語弊がある文章だったので書きなおしました≫
本日は私が馬体を見るきっかけになったお話をします。元々血統は好きでハマってた時があります。でも壁にぶち当たるんですね。古くはトニービーンの子供は府中で走るとか、今ならデイープの子供は京都で走る、血統好きでなくても有名なウンチクがあります。事実データとしても走ると思います。でもデイープの子から買うと言っても何頭もいるわけです。今年のマイルCSは6頭、エリザベスは5頭と、条件戦でもいっぱいいます。走る子もいれば全然ダメな子もいます。単純に個々の馬の能力って事で終わらせちゃうと血統の矛盾が出てくるわけです。もちろん母父やクロスなど理由付けはあるのですが私にはピンときませんでしたね、春先のリフアール激走とか、道悪の時の母父トニービーン、テインバー、ウッドマン、ヌレイエフなど確かに来るんですけど脳みそがスカッと晴天にならないというか、ところが馬体を見るようになると後付けで血統を見て、なるほどねと思うことが増え私にはもの凄くシンプルでモヤモヤが一瞬で晴れたんですね。ラップ理論も同様で、各コース・各レースのラップ傾向が掴めれば出走馬の好走ラップを集計して適正が浮かび上がる、確かにと思いますが、データの少ない馬は適正の見極めができないし、適正のコース・ラップでなくてもポテンシャルが高い馬や器用な馬はこなしてしまう矛盾が出たり、適正が高くても体調が悪くて結果が出ない理不尽さとか。ところが、馬体を見るようになってなんとなくその辺の矛盾が納得できるようになるのです(まあ体調うんぬんの理不尽さは馬体でもあると思いますが、私の見ている馬体と体調はリンクしないように見ているので、そもそも正直パドックで体調までは分からないのが本音ですし、そんなスタンスでの馬体ジャッジなので、体調で外れても納得できます)。
話が長くなりましたが、
ラップにおける出走履歴や血統は万全のデータとは言えず=能力の指標と言い切るには矛盾が存在するのです。 
ただ、ラップも血統も競馬の重要なフアクターであり、最終的には馬体とリンクすると思うのですが(血統派・ラップ理論派の方生意気言ってごめんなさい)。
なぜ馬体なのか? この答えはサラブレッドがサラブレッドたる所以です。考えてもみてください。人間のアスリートの裸を見て競技の勝負け予想をしても当てる自信がありません(ボルトのお尻はやばいけどね)。何故なら人間には考える力があり、技術の向上や弱点苦手を克服するために、努力や研究ができます。もちろん厩舎、牧場スタッフの方達の努力は並大抵の事ではありません。ただお馬ちゃんには人間のように自己の意思を持って改善したいとか技術を高めたいという明確な意思はないのです。だから馬体の適正が重要なのです。
デイープの子供全てが京都で走るのではなく、京都の1600ならこんな感じの馬体、1800ならこんな感じの馬体、その形に近いお馬ちゃんの血統を見てみたらデイープの子が多かった、もっと掘り下げるとデイープのこんな感じの子供は総じてこおゆうコースは走ると。もちろん競馬上手は方たちはこの辺の矛盾を理解したうえで、ラップや血統、調教、騎手、枠順、展開、その他モロモロを微妙なさじ加減で調理して美味しい馬券にするのでしょう。でもそれにはかなりのスキルが求められます。私のような調理のスキルのない人間があれやこれやと余計な事をすると素材を殺す羽目になります。馬体は素材です。調理に自信がないのなら素材に100%頼って、素材を活かす事だけを考えればいいのです!
てな事に気づくのに20年かかりました(笑)。



ただやみくもにパドックを見ていても馬体を見る力を鍛えることはできません。
1にも2にも過去の名馬の馬体を見ることをお薦めします。
またジュベナイルフィリーズの勝馬をイメージするには過去の勝馬を見るの事がヒントとなります。
阪神1600mは底力が求められるので、当然勝馬はその後の成功が約束される舞台です。

ブエナビスタ
ブエナビスタ
ウオッカ
ウオッカ

アパパネ
ァパパネ


コメントの投稿

非公開コメント

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 1000

紹介文:馬体からのコース適正(馬場)・距離適性・馬体のポテンシャル(馬体偏差値)を含む総合点を加味して出走各馬の横の比較をして予想します。基本重賞予想のみの前日配信。 ※暫らく当日のパドック配信(別サイト・パドック推奨版)主体に行きますので前日配信は休止します(H29・4月現在)

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

パドック推奨版
パドック推奨馬を当日のパドック周回1周目以降にUPします。 基本2場開催等、時間的余裕のある時に1日数レースUPする予定です。 記事ごとの販売です。詳細は以下をクリック
購入する!
プロフィール

Lyphard

Author:Lyphard
競馬歴20年オーヴァー。
血統に始まりスピード指数・ラップ理論・出目・騎手・厩舎と無駄な筋肉(脂肪?)がつけばつくほど競馬上手(ホンマかいな)の馬券下手となり、全てを捨てて馬体に辿り着きました。馬体で買うようになり、血統やラップが後付けでリンクしてくることになるほどねと競馬の奥深さを感じています。
馬体の良し悪しが選別できても真に馬体が見えているとは言えません。適性を理解してこその馬体です。誰もが分かる好馬体は成績安定・人気上位が多く敢えて馬体で選ばなくとも買えるし買われます。誰もが分かるファクターを以て人の優位にはたてません。馬体ポテンシャルは重要ではありますが人気の盲点にはなりにくく、馬体からくる適性を理解してこそ、適正が弱い危険な人気馬、適正ある人気薄コース巧者を見つけることができ人の優位に立てるのです。ポテンシャルや適正はその馬本来が持つ素材であり、調整等の体調は旬かどうかの状態です。素材と状態を混同してはいけません。適正あっても状態悪ければ斬ることあっても、その逆の適性ないのに状態良くても買う事はありません。状態は大事ではありますが補足及び最後の味付け的ポジションであり、最も重要なベースとなる核はポテンシャルと適正です。

※ブログ内の印の表記はカテゴリ内の印の見方を参照して下さい。

2017年 的中重賞
中山金杯
京都金杯
京成杯
日経新春杯
シルクロードS
京都牝馬S
小倉大賞典
フェブラリ―S
アーリントンC
阪神大賞典
マーチS
桜花賞
アンタレスS
皐月賞
NHKマイルC
オークス
ダービー
エプソムC
ユニコーンS
函館SS
CBC賞
函館記念
函館2歳S
クイーンS
アイビスSD
レパードS
エルムS
札幌記念

Twitter
Twitterでもつぶやいてます パドック競馬予想 @paddock_batai          フォローはこちらから
カテゴリ
人気ブログランキング
最新記事
馬体を知るには
月別アーカイブ
カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
広告
馬体を知るには
馬場を知るには
個人的お薦め
フリーエリア
検索フォーム
レース結果記事一覧
馬体論記事一覧
ゴルフのお供に
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント
フリーエリア
個人的お薦め
フリーエリア
蹄の病気を知るには
フリーエリア