マイラーズC&フローラS馬体展望

今週は先週までの桜花賞・皐月賞の死闘で疲れ切った精神に一息ついて下さいとノーG1です。
JRAさんありがとうございます。先週のネガティブテンションのまま天皇賞を迎えたくなかったのでこの一息は助かります(笑)。今週からは待ちに待った東京・京都開催ですが、先週までの中山・阪神仕様の馬体残像が脳にこびりついてるので1拍空けてユッタリと京都・東京仕様に脳を慣れさせないとですね~。
今週は京都で安田記念の前哨戦マイラーズCが行われます
うーんマイラーズカップが京都開催に移行してから今年で4年になりますが、いまだに実感わきませんね。京都でやる意味あるのかいな?と思うぐらい、いまだにマイラーズC=阪神が定着しています。実際京都の開幕週でG2のマイル戦は正直当てにくいってのもあります(汗)。ここ数年京都の芝は高速化が激しく内枠絶対有利に拍車がかかっております。そんなら内枠・先行で買えばいいんじゃないのとのご意見もありますが、京都は坂の下りがあるのでやはりとゆうか坂の下りでスムーズに加速できるギアチェンジ&スピードに最も重要な器用さが求められるので難解です。
その分馬体傾向に現れるのでヨシとしたいところですが、それは1800m以上の話で正直マイル戦は難解です。まぁ私的にはマイル戦はどの競馬場でも一番馬体傾向にバラつきが出るイメージなんで尚更なんですが・・・。
それでは馬体をチェックしていきましょう。
安田を目指すお馬ちゃん達だけあって層々たるメンバーが登録していますね、1週前photo を眺めても適性有るお馬ちゃんだらけで難解です(汗)。
注目馬は去年のマイルCSで自信の頭★で儲けさせてもらったフィエロダノンシャークですかね、
やはり馬体はこのメンバーでは頭1つ抜けています。
が、しかし、その差はG2開幕週であれば微弱なもんです、フィエロは底力パワータイプで開幕週の京都に一抹の不安があり、ダノンはキレ&底力混合タイプで58㎏とこれまた開幕週の京都に?の口ですので前哨戦モードの2頭にはつけ入る隙は大いにあるのかなと。
ここで率直な疑問が、ダノンシャーク陣営はどうして安田の前哨戦で高松宮を選択しなかったのでしょうか? 
安田を是が非でも取りたいので1200の距離を嫌ったんでしょうが中京の1200なら前哨戦としては申し分ないと思いますし、こんなこと言ったら怒られますが安田のズブズブ勝負より中京1200のズブズブの方が勝てる可能性は高いと思います。このお馬ちゃんは器用で軽さもキレも底力もあるので基本競馬場不問で距離も1200~1800の異なるカテゴリーに対応できるオールラウンダーです。オールラウンダーと言えばイスラちゃんが浮かびますがタイプが異なります。同じアールラウンダーでもイスラちゃんは中距離&軽さに比重があり、ダノンはマイル以下でキレ&底力に比重が傾くタイプではないかと。但しキレ&底力の混合タイプですので底力特化のズブズブタイプに1600以上でガチンコ挑めば玉砕の可能性があります。
分かりやすく言えば安田のズブズブ勝負になったらジャスタウエイやスピルバーグのような中距離ギャング系には敵わないと思います。まぁそうそう中距離ギャングはマイルに降りてこないので結局その年のメンツや展開にもよりますけどね(笑)。但しマイル以下なら話は変わってきます、例えて言うならハードパンチャー底力勝負無敵のスーパーフエザー級時代までのパッキャオって感じですかね(全然違いますね 汗。5月2日のパッキャオvsメイウエザーは今から楽しみです、wowwow放送は翌3日天皇賞と被るのが悩みの種ですね)。
結局何が言いたいのかとゆうと、今年の高松宮なら多いにチャンスはあったし、出てくれたなら瞑想せずに頭指名で馬券は獲れたと(競馬は結果が全てです。負け犬の妄想です 笑)。
とゆうことで難解なマイラーズCは週末までの宿題とします。

なんだよ、中途半端な馬体展望だなとお怒りの方には、
3才牝馬の頂点G1オークスへの別路線組トライアル、
フローラSG2 芝2000mの馬体展望をオマケに(笑)。


1週前photo 見る前から登録馬の段階で頭はこの馬かなと思っていましたが、
1週前photoを眺めて己の素人さに嫌気がさしました(泣)。
トモや胸前のラインや筋肉量はバッチグーなんですがそれとの対比で言うと明らかに脛部分や管の細さが気になりますね、前走指名しましたが小回り中山1800人気で3着に負けた理由が納得いきますね(前回頭指名しといてスイマセン 汗)。言い訳じゃないんですがパドック映像だとこういった細部にまで目が届きにくいってのがあります。まぁ今後の課題ですかね。
よく飛節がどうだとか繋ぎや直飛などの細部こだわる人がいますが、こだわり結構なんですが、木を見て森を見ずにならないようにですね(笑)。

バランス
とゆうことです(笑)。


話を戻しますがこのお馬ちゃんのような馬体は開幕週の馬場やユッタリとした流れの中での軽い瞬発力勝負に向き1800~2000で先行できると尚グッドな筈です。が、しかし、今回人気が予想されますしマークされてガチンコ勝負になるようですと・・・・。ってな感じですので馬体からは消せませんが頭を打つにはちょっとリスキーな感じがします。このお馬ちゃんの取扱は1週間の宿題ですね(汗)。
そんな前走頭指名をしたお馬ちゃんの名前は↓
にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ
にほんブログ村

その他のお馬ちゃんでは賞金400万で出走はおそらく抽選になると思いますが、クリアしてきたら面白いお馬ちゃんが3頭程います。1頭は無条件で頭か★確定です。残りの2頭のお馬ちゃんをお勧めいたします
1頭は↓

競馬・パドック理論 ブログランキングへ

もう1頭は↓


150位前後です


それでは週末にお会い致しましょう~


応援クリックお願いいたします↓

投資ギャンブル ブログサイトランキング
競馬 ブログランキング

コメントの投稿

非公開コメント

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 1000

紹介文:馬体からのコース適正(馬場)・距離適性・馬体のポテンシャル(馬体偏差値)を含む総合点を加味して出走各馬の横の比較をして予想します。基本重賞予想のみの前日配信。 ※暫らく当日のパドック配信(別サイト・パドック推奨版)主体に行きますので前日配信は休止します(H29・4月現在)

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

パドック推奨版
パドック推奨馬を当日のパドック周回1周目以降にUPします。 基本2場開催等、時間的余裕のある時に1日数レースUPする予定です。 記事ごとの販売です。詳細は以下をクリック
購入する!
プロフィール

Lyphard

Author:Lyphard
競馬歴20年オーヴァー。
血統に始まりスピード指数・ラップ理論・出目・騎手・厩舎と無駄な筋肉(脂肪?)がつけばつくほど競馬上手(ホンマかいな)の馬券下手となり、全てを捨てて馬体に辿り着きました。馬体で買うようになり、血統やラップが後付けでリンクしてくることになるほどねと競馬の奥深さを感じています。
馬体の良し悪しが選別できても真に馬体が見えているとは言えません。適性を理解してこその馬体です。誰もが分かる好馬体は成績安定・人気上位が多く敢えて馬体で選ばなくとも買えるし買われます。誰もが分かるファクターを以て人の優位にはたてません。馬体ポテンシャルは重要ではありますが人気の盲点にはなりにくく、馬体からくる適性を理解してこそ、適正が弱い危険な人気馬、適正ある人気薄コース巧者を見つけることができ人の優位に立てるのです。ポテンシャルや適正はその馬本来が持つ素材であり、調整等の体調は旬かどうかの状態です。素材と状態を混同してはいけません。適正あっても状態悪ければ斬ることあっても、その逆の適性ないのに状態良くても買う事はありません。状態は大事ではありますが補足及び最後の味付け的ポジションであり、最も重要なベースとなる核はポテンシャルと適正です。

※ブログ内の印の表記はカテゴリ内の印の見方を参照して下さい。

2017年 的中重賞
中山金杯
京都金杯
京成杯
日経新春杯
シルクロードS
京都牝馬S
小倉大賞典
フェブラリ―S
アーリントンC
阪神大賞典
マーチS
桜花賞
アンタレスS
皐月賞
NHKマイルC
オークス
ダービー
エプソムC
ユニコーンS
函館SS
CBC賞
函館記念
函館2歳S
クイーンS
アイビスSD
レパードS
エルムS
札幌記念

Twitter
Twitterでもつぶやいてます パドック競馬予想 @paddock_batai          フォローはこちらから
カテゴリ
人気ブログランキング
最新記事
馬体を知るには
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
広告
馬体を知るには
馬場を知るには
個人的お薦め
フリーエリア
検索フォーム
レース結果記事一覧
馬体論記事一覧
ゴルフのお供に
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント
フリーエリア
個人的お薦め
フリーエリア
蹄の病気を知るには
フリーエリア