ヴィクトリアマイル馬体展望

今週は古馬牝馬の頂上決戦、ヴィクトリアマイルG1です。

出走すれば間違いなくヌーヴォデコルトと1番人気を争そったであろうハープスターが怪我でそのまま引退となりました。ハープを力でねじ伏せ牝馬NO1の称号を盤石なものにしたかったヌーヴォデコルト陣営も地団駄踏んでるんでしょうけど、ヌーボ陣営以上にオーマイゴーと嘆いているのが興行的に痛いJRAなのでは。まぁJRAより競馬ファンが一番がっかりしてますよね、仮にヌーヴが出走取消し引退でもここまでの感じにはならなかったような・・・。ハープがいかにスターだったかが分かります。てな訳で、ヌーヴデコルトはグリグリの1番人気確定で挑むことになります。
それでは出走馬をチェックしてみましょう。
うーん、なんだか代わり映えのない味気ないメンバーってのが率直な感想です。
正直テンションあがりません。前に通ってたイマイチなキャバクラに久々に行ってみた感じです。唯一の人気者だったハープ嬢が引退してヌーヴ嬢が繰り上がりNO1になってる以外まったく変わり映えのないキャスト、このレヴルならなんとかなるだろと思いつつも玉砕くらい気が付いたら散財してましたって感じでしょうか(関係者の皆さん本当にスイマセン 汗)。
まぁ冗談はさておき、一見ヌーヴ頭で相手も3頭で堅いシンプルG1に見えますが実際はどうなんでしょう? 当てるのはさほど難解ではないが儲かるかって言ったら難解なレースって位置づけですかね。
東京芝は先週のNHKマイルCでもG1なのにペースはまったく上がらず先行有利の決着でした。条件戦でも穴をあけるのは決まって先行馬と東京開催でズブズブを期待するのはいい加減あきらめた方がいいかもしれません(ダービー・安田ぐらいは小手先の勝負でない底力勝負を見たいもんです)。
前にも言いましたが、東京は基本長くいい足が求められるコースなんですが、昨今のレースは小足の瞬発力戦が圧倒的に多いのも事実です。東京=底力長くいい足天国なんてものは私のようなオールドファンが抱いている幻想なのかもしれません。昨今の若い競馬ファンは東京=内枠・先行・小足の勝負の認識かも知れませんね(時代ですかね~)。
何故に長い直線なのに小足でいけるのか? あえて説明するまでもないかもですけど、
ようはカーブの緩い大箱競馬場でドスローに流れれば、内を回ってこれる先行馬が圧倒的に有利なのに、そんでもって一団でヨーイドンをするのだから一瞬でトップギヤにもってける小足瞬発力型のお馬ちゃんが内で溜めてたら、いくら長い直線であっても一瞬で抜け出しそのままセーフティリードでなんとか凌いじゃうって理屈です。長くいい足軍団も気合いのトップギヤに入れてるんですけど、脚質の違いで捕まえきれません。展開、展開って何でも許しちゃう風潮ですけど、やる前から自分のお馬ちゃんの脚質分かってるんだから何とか工夫せえよって話ですよね。

それでは馬体展望


ディアデラマドレ
馬体偏差値はトップ評価です。早々に頭確定と言いたいところですが、そうは簡単でないのがこのレースの難しさですね。前走のマイラーズCで見せた31秒9の鬼脚で当然人気になるでしょう、が、しかし、このお馬ちゃんはキレ味抜群のナタ底力系です。ガチンコに流れた時の安田辺りに出てきて欲しい馬体です。フィエロにも言えますが速い上がりにも対応できるので期待値高くなりますが基本底力系であることを忘れないようにって感じです。こなすのと得意はまったく意味が異なります。31秒9に騙されてはいけません、
いかれた次元の31秒9使おうが、ドスロー戦で前に行けなきゃ同じ轍を踏む可能性は否めません。そうです、31秒9なんて異次元の上がりを使って7着に負けるのが近代競馬の恐るべし所なんです。週末までの宿題ですかね。
レッドリヴェール
うーん、こんなシルエットでしたっけ?てのが率直な感想です。もっと抜群のバランスある馬体だった筈なんですけどね・・・。
ストレイトガール馬体は高松宮杯時より良化していますね。今レースの展開に合致する瞬発力×爆発力兼備の馬体です。ガッチリタイプに写りますが胸前の遊びもあるので距離の融通性もあるかと、実際去年の3着馬ですからね。但し去年は距離不安があっておっかなびっくり運んで失敗しているので、確実に先行して欲しいです。懸念は高松宮杯の大敗ですね、牝馬の1変ってそうそうないような気が・・・。馬体で選ぶといいつつ調整過程はどうなんでしょうね?
調教など一切見ないし、見ても全く分かりませんのでまぁ気にするだけ時間の無駄ですね。
当然★候補の1頭ですが人気になりそうですね(汗)。

今週はさすがに人気薄の出番はないんじゃない?そんな意見も多いかと、
実際、いやしないのに無理くり穴馬を見つけて来ても大事な諭吉様を失うだけです、
そう思った矢先、いないこともないかなと・・・。東京コースで穴を空けるのは先行馬と言ったばかりに、後ろから行くディアデを宿題と言った矢先に、ケツから行くお馬ちゃんを見つけてしまいました。なんて節操のない(笑)。
まぁここはダメでもイズレは重賞をと狙っているお馬ちゃんです。京王杯とのダブル登録ですがむしろ京王杯に出てきて欲しいです。
そんなお馬ちゃんの名前は↓
にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ
にほんブログ村



それでは週末にお会いしましょう~


応援クリックお願いいたします

競馬・パドック理論 ブログランキングへ


投資ギャンブル ブログサイトランキング
競馬 ブログランキング




コメントの投稿

非公開コメント

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 1000

紹介文:馬体からのコース適正(馬場)・距離適性・馬体のポテンシャル(馬体偏差値)を含む総合点を加味して出走各馬の横の比較をして予想します。基本重賞予想のみの前日配信。 ※暫らく当日のパドック配信(別サイト・パドック推奨版)主体に行きますので前日配信は休止します(H29・4月現在)

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

パドック推奨版
パドック推奨馬を当日のパドック周回1周目以降にUPします。 基本2場開催等、時間的余裕のある時に1日数レースUPする予定です。 記事ごとの販売です。詳細は以下をクリック
購入する!
プロフィール

Lyphard

Author:Lyphard
競馬歴20年オーヴァー。
血統に始まりスピード指数・ラップ理論・出目・騎手・厩舎と無駄な筋肉(脂肪?)がつけばつくほど競馬上手(ホンマかいな)の馬券下手となり、全てを捨てて馬体に辿り着きました。馬体で買うようになり、血統やラップが後付けでリンクしてくることになるほどねと競馬の奥深さを感じています。
馬体の良し悪しが選別できても真に馬体が見えているとは言えません。適性を理解してこその馬体です。誰もが分かる好馬体は成績安定・人気上位が多く敢えて馬体で選ばなくとも買えるし買われます。誰もが分かるファクターを以て人の優位にはたてません。馬体ポテンシャルは重要ではありますが人気の盲点にはなりにくく、馬体からくる適性を理解してこそ、適正が弱い危険な人気馬、適正ある人気薄コース巧者を見つけることができ人の優位に立てるのです。ポテンシャルや適正はその馬本来が持つ素材であり、調整等の体調は旬かどうかの状態です。素材と状態を混同してはいけません。適正あっても状態悪ければ斬ることあっても、その逆の適性ないのに状態良くても買う事はありません。状態は大事ではありますが補足及び最後の味付け的ポジションであり、最も重要なベースとなる核はポテンシャルと適正です。

※ブログ内の印の表記はカテゴリ内の印の見方を参照して下さい。

2017年 的中重賞
中山金杯
京都金杯
京成杯
日経新春杯
シルクロードS
京都牝馬S
小倉大賞典
フェブラリ―S
アーリントンC
阪神大賞典
マーチS
桜花賞
アンタレスS
皐月賞
NHKマイルC
オークス
ダービー
エプソムC

人気ブログランキング
カテゴリ
最新記事
馬体を知るには
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
広告
馬体を知るには
馬場を知るには
個人的お薦め
Twitter
Twitterでもつぶやいてます パドック競馬予想 @paddock_batai          フォローはこちらから
フリーエリア
検索フォーム
レース結果記事一覧
馬体論記事一覧
ゴルフのお供に
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント
フリーエリア
個人的お薦め
フリーエリア
蹄の病気を知るには
フリーエリア