エプソムC馬体展望

思いの他に安田記念の惨敗が尾を引いています、1日経ってもやり場のない怒りでMAXです。
負けたんだから素直に反省しなさいと、お怒りのツッコミ聞こえてきそうですし、
実際反省する気は重々あるんですが、
何を反省するべきか反省の方向性が見つからない(笑)。
馬体&馬券向上の為にも敗戦を振り返らないと同じ轍を踏む羽目になりますので、
敗戦後は色々パドックやレースを見直す癖をつけているのですが、何だか釈然としません。
ダノンシャークは回避後の本番直行がブッツケ平気とは言えやはり堪えたのかなぁと、
ミッキーアイルに至っては引っ掛かって自滅ですからある程度の理由付けはできます。
が、しかし、
何度レースを振り返ってみてもフィエロの敗戦には明確な答えが出ません。
勝ったモーリス、2着のヴァンセンヌ、確かにいいお馬ちゃんです。
が、しかし、
何度やろうが東京1600m、安田記念のG1であるなら、
頭フィエロは揺るぎません。

モーリス、ヴアンセンヌは強み大の馬体ではありますが東京1600ズブズブ勝負での弱みも持っています。
スローに流れての瞬発力戦で負けるのならここまで不満タラタラにはなりません、いわゆる負けの理由があるのでしゃーないかなと。でも、レースは流れて底力勝負になったのに伸びあぐねました。レースを見ると直線フィエロは狭い中を割って出ようとして躊躇するようにモタつきます。戸崎騎手は手前をうまく変えなかったと最後の5速ギアチェンジが無かったような発言でしたし、実際突っ張るようなフォームで伸びあぐねているようにも見えます。事実、馬体の見立てには間違いなかったと改めて見てもそう思います。
で、結論。
フィエロは馬体は底力ズブズブ勝負カモーンのギャング系マイラ-ですが、精神はギャングとは程遠い、ただのお坊ちゃま君です
輸送を含めた環境の変化や対戦相手とのオラオラ勝負に弱点があります。
今メンバーの中に頭の上がらないボス馬がいたのでしょう。もしくは群れの中でボスキャラになってないのでしょう。タニノギムレットやキングカメハメハ、最近ではドゥラメンテ、他馬を圧倒するボスキャラオーラ満載で周回を重ねます。ステイゴールドは大人しいけど近づいたら噛み殺すぞ的な静かなる威圧感がありました。去年の安田記念も重馬場に負けたのではなく中距離ギャング系のジャスタウエイの圧倒的な存在感にのまれてしまったのかもしれません。香港マイルも勝馬のエイブルフレンドに威圧された。そうゆう意味ではモーリスの方が遥かに強いのかもしれませんね。
でも理由はそんな事でなく、最後の直線で併走状態になった紅一点ケイアイエレガント嬢に恋をしたのかもしれません。かつてキングヘイローが安田記念で3着に負けた時も、キングヘイローはレッドチリペッパーに恋をしてしまいレースどころではなかったようです。気の強い同い年のいい女に心奪われたなんて意外とありそうです(笑)。藤原調教師、東京の直線が合わないのかなぁと嘆いておりましたが、東京が合わない訳がない、精神が弱いんですよ、お坊ちゃまフィエロ君は。でも気の強さや精神の強さは、馬体同様持って生まれた資質に頼る所が大きいのでこの先どうなんでしょうね? かつてタイキシャトルは若駒の頃からバリバリのギャングのタイキブリザードや番長バヴルガムフエローと併せ馬を行っても平然としていたといいます。こうなったら角居厩舎にお願いをして現役ギャング代表のエピファネイアに出稽古で併せ馬オンパレードで鍛えるしかないですね、間違ってもゴールドシップに行っちゃダメですよ、彼はギャングとゆうよりチョイ悪不良オヤジですから、サボる事とか女酒タバコなんて悪い事ばっか教わっちゃいます(笑)。嘘です、ベルラップもゴールドシップと併せ馬を度々消化しているので精神は鍛えられている筈です(怪我は残念でしたね)。このバリバリのオープン馬、特にギャング系のお馬ちゃんと併せている馬は精神が強くなり、クラスが上がっても臆することなく勝ち上がる事が出来ます。日常でバリバリの先輩G1馬と接してれば同世代のお馬ちゃんには臆することはないってことです(競争能力は又別の話ですけどね)。ゆうなればバリバリの不良の兄貴を持った弟って感じですね。


まぁ話が脱線しまくって肝心の重賞展望のお時間が全くなくなってしまいました(泣)。

今週は阪神で牝馬のハンデ重賞マーメイドS、東京でエプソムCが行われます。
基本東京1800は緩く流れて小足瞬発力戦になりがちですが、今回は逃げ馬エイシンヒカリや前走モンゴル大統領賞的中の立役者☆フェステブタローなどがいて、流れはある程度期待できそうです。
注目はキレる差せる、人気のお馬ちゃんなんでしょうけど、本日はまったくの人気薄をご紹介します。週末に印を打つかは今のところ微妙ですが、平均より早めの流れが予想されますが、万が一にハイペース・激流マックスになった時にと、まぁ期待値は薄いですが
ズブズブであれば勝ち負けしたとしても何の不思議もない馬体です。キレとゆうよりは完全底力頼みです。
そんなお馬ちゃんのお名前は↓

40位辺りです



応援クリックお願いいたします
にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ
にほんブログ村



競馬・パドック理論 ブログランキングへ


投資ギャンブル ブログサイトランキング
競馬 ブログランキング








それでは週末にお会いしましょう~


コメントの投稿

非公開コメント

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 1000

紹介文:馬体からのコース適正(馬場)・距離適性・馬体のポテンシャル(馬体偏差値)を含む総合点を加味して出走各馬の横の比較をして予想します。基本重賞予想のみの前日配信。 ※暫らく当日のパドック配信(別サイト・パドック推奨版)主体に行きますので前日配信は休止します(H29・4月現在)

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

パドック推奨版
パドック推奨馬を当日のパドック周回1周目以降にUPします。 基本2場開催等、時間的余裕のある時に1日数レースUPする予定です。 記事ごとの販売です。詳細は以下をクリック
購入する!
プロフィール

Lyphard

Author:Lyphard
競馬歴20年オーヴァー。
血統に始まりスピード指数・ラップ理論・出目・騎手・厩舎と無駄な筋肉(脂肪?)がつけばつくほど競馬上手(ホンマかいな)の馬券下手となり、全てを捨てて馬体に辿り着きました。馬体で買うようになり、血統やラップが後付けでリンクしてくることになるほどねと競馬の奥深さを感じています。
馬体の良し悪しが選別できても真に馬体が見えているとは言えません。適性を理解してこその馬体です。誰もが分かる好馬体は成績安定・人気上位が多く敢えて馬体で選ばなくとも買えるし買われます。誰もが分かるファクターを以て人の優位にはたてません。馬体ポテンシャルは重要ではありますが人気の盲点にはなりにくく、馬体からくる適性を理解してこそ、適正が弱い危険な人気馬、適正ある人気薄コース巧者を見つけることができ人の優位に立てるのです。ポテンシャルや適正はその馬本来が持つ素材であり、調整等の体調は旬かどうかの状態です。素材と状態を混同してはいけません。適正あっても状態悪ければ斬ることあっても、その逆の適性ないのに状態良くても買う事はありません。状態は大事ではありますが補足及び最後の味付け的ポジションであり、最も重要なベースとなる核はポテンシャルと適正です。

※ブログ内の印の表記はカテゴリ内の印の見方を参照して下さい。

2017年 的中重賞
中山金杯
京都金杯
京成杯
日経新春杯
シルクロードS
京都牝馬S
小倉大賞典
フェブラリ―S
アーリントンC
阪神大賞典
マーチS
桜花賞
アンタレスS
皐月賞
NHKマイルC
オークス
ダービー
エプソムC

人気ブログランキング
カテゴリ
最新記事
馬体を知るには
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
広告
馬体を知るには
馬場を知るには
個人的お薦め
Twitter
Twitterでもつぶやいてます パドック競馬予想 @paddock_batai          フォローはこちらから
フリーエリア
検索フォーム
レース結果記事一覧
馬体論記事一覧
ゴルフのお供に
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント
フリーエリア
個人的お薦め
フリーエリア
蹄の病気を知るには
フリーエリア