函館SS馬体展望

今週から函館開催が始まります。函館開催と言えば夏の始まり、来週の宝塚記念をもって翌週からは本格的な夏競馬のスタートです。季節で言えば夏が1番好きなんですけど、こと競馬に限って言えば夏競馬はあまり好きじゃなく、例年で言えば重賞以外はあまりやらなくなる小休憩のサマーシーズン到来です。でも今年はブログを初めて最初の夏ですので休んではいられません(笑)。まぁ毎年小休憩に入るのは、前にも言いましたが福島・小倉・函館・札幌(芝コース)は馬体のジャッジが難しく私の中で鬼門競馬場です。何故難しいのか?その答えは馬体傾向に統一感がないのと時期的にしょうがないのか(夏場のレースですし)微妙なお馬ちゃんの戦いが多いってとこです。微妙なお馬ちゃんは馬体も微妙なお馬ちゃんが多いです。でも同じ夏でも中京や新潟に出てくる馬はやっぱり長い直線でタフなコースなのかそれなりの馬体が集まります。そりゃそうですよね、陣営だって考えてますよ、非力な馬に中京・新潟の長い直線勝負させるより小倉福島に挑む方が可能性あるでしょうし、脚質・血統加味しての参戦なんですから。馬体で馬券を買ってると本当に血統の奥深さを感じます、でも馬体ありきの血統ですけどね。何故ならドリームジャーニーとオルフエ―ヴル、弟は同じ血統構成でも馬体は三者三様です。馬体が変われば得意なコースや距離が異なってくるといういい見本です。
まず馬体です。
いつもの癖で話が脱線しましたが、小回りコースで直線が短くかつ平坦コース、基本先行できて立ち回れる機動力兼備のタフ系瞬発力勝負なんですが、距離が長くなると中盤辺りからレースが激しくなるので持久力も問われます。中山の坂が無くなり、相当軽くなったイメージでいいのかもしれませ。とゆうようにコースの傾向ははっきりしています。
でもコースの傾向から浮かぶ馬体と実際の連に絡む馬体の統一感が他の競馬場よりズレます(馬体の修業が足りないって言っちゃえばそれまでですが 汗)。まぁそうは言っても函館・札幌はおぼろげながら馬体傾向ってありますが、福島小倉等は来るお馬ちゃんの馬体は正直?な微妙な馬が多いってのも事実です。G1級の馬体偏差値高いお馬ちゃんは馬場コース不問で乗り切れるんで参考外ですが、条件戦での馬体傾向は要チェックですね。
まぁ毎年真剣にやってない時期なんで尚更馬体のイメージが浮かばないってのはありますけどね(汗)。
そんなことを踏まえて今週の馬体展望は
函館の韋駄天決戦
函館スプリントS G3 です。
過去10年の連対馬の馬体をチェックしても、正直微妙です(笑)。
馬体傾向があるようでない!
ただ1つ言えることは、開幕週の平坦小回りですので先行内枠有利で、最低限先行力+機動力がないと厳しいです。前半ついてけずに後方から大外回して直線一気なんて芸当はG1級の馬体でないと無理でしょう。前半からある程度先行できてコーナリングも上手に立ち回り直線小足の爆発戦です。タフ系の瞬発力戦です。
1週前photo を見渡すとすんなり頭★は決まりそうです。
でも先週のエプソムCではないですけど堅いと思っても人気薄から買いたくなるのがギャンブラーの性って奴です(偉そうな事ほざく前に荒れる前提のマーメイドSを獲れよって話ですね 汗)。
まあ頭★はある程度固まってますので、人気薄で敢て狙うなら?
そんなお馬ちゃんをお奨め致します。洋芝合いそうな馬体ですし、ある程度前に付けられたら面白い筈です、
そんなお馬ちゃんの名前は↓
にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ
にほんブログ村




それでは週末にお会いしましょう~


応援クリックお願い致します~





競馬・パドック理論 ブログランキングへ


投資ギャンブル ブログサイトランキング
競馬 ブログランキング


コメントの投稿

非公開コメント

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 1000

紹介文:馬体からのコース適正(馬場)・距離適性・馬体のポテンシャル(馬体偏差値)を含む総合点を加味して出走各馬の横の比較をして予想します。基本重賞予想のみの前日配信。 ※暫らく当日のパドック配信(別サイト・パドック推奨版)主体に行きますので前日配信は休止します(H29・4月現在)

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

パドック推奨版
パドック推奨馬を当日のパドック周回1周目以降にUPします。 基本2場開催等、時間的余裕のある時に1日数レースUPする予定です。 記事ごとの販売です。詳細は以下をクリック
購入する!
プロフィール

Lyphard

Author:Lyphard
競馬歴20年オーヴァー。
血統に始まりスピード指数・ラップ理論・出目・騎手・厩舎と無駄な筋肉(脂肪?)がつけばつくほど競馬上手(ホンマかいな)の馬券下手となり、全てを捨てて馬体に辿り着きました。馬体で買うようになり、血統やラップが後付けでリンクしてくることになるほどねと競馬の奥深さを感じています。
馬体の良し悪しが選別できても真に馬体が見えているとは言えません。適性を理解してこその馬体です。誰もが分かる好馬体は成績安定・人気上位が多く敢えて馬体で選ばなくとも買えるし買われます。誰もが分かるファクターを以て人の優位にはたてません。馬体ポテンシャルは重要ではありますが人気の盲点にはなりにくく、馬体からくる適性を理解してこそ、適正が弱い危険な人気馬、適正ある人気薄コース巧者を見つけることができ人の優位に立てるのです。ポテンシャルや適正はその馬本来が持つ素材であり、調整等の体調は旬かどうかの状態です。素材と状態を混同してはいけません。適正あっても状態悪ければ斬ることあっても、その逆の適性ないのに状態良くても買う事はありません。状態は大事ではありますが補足及び最後の味付け的ポジションであり、最も重要なベースとなる核はポテンシャルと適正です。

※ブログ内の印の表記はカテゴリ内の印の見方を参照して下さい。

2017年 的中重賞
中山金杯
京都金杯
京成杯
日経新春杯
シルクロードS
京都牝馬S
小倉大賞典
フェブラリ―S
アーリントンC
阪神大賞典
マーチS
桜花賞
アンタレスS
皐月賞
NHKマイルC

人気ブログランキング
カテゴリ
最新記事
馬体を知るには
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
広告
馬体を知るには
馬場を知るには
個人的お薦め
Twitter
Twitterでもつぶやいてます パドック競馬予想 @paddock_batai          フォローはこちらから
フリーエリア
検索フォーム
レース結果記事一覧
馬体論記事一覧
ゴルフのお供に
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント
フリーエリア
個人的お薦め
フリーエリア
蹄の病気を知るには
フリーエリア