★デニムアンドルビー2着も・・・

本日は上半期を締めくくるG1のフィナーレ宝塚記念で力瘤の1戦でしたが、
ブロマガ配信
★指名⑥デニムアンドルビーが10人気2着
と気を吐きましたが
1着・3着抜けでハズレと相成りました~。
何だか最近取りこぼしが多い気が・・・・。
しかし、ゴールドシップ、やってくれましたね(泣)。
先行勢を潰してくれると踏んでただけに最悪の展開でした・・・。
予想ではゴールドシップが飛ぶとしたらと3パーターンを解説いたしましたが、
1番出て欲しくなかったパターンが出てしまい、これも又競馬と受け入れるしかありません。
それにしても、彼は勝っても負けても皆を振り回す、とんでもない大物ですね(笑)。

本日は予想は完敗・惨敗の1日でした。

自分への戒めとしてブロマガ配信、宝塚記念の予想記事を抜粋いたします。
おおいに笑ってやってください。
手を広げれば獲れたな~と言ってるうちは技術の向上はありえません。
素直に敗北を認め、明日への糧としたいと思います(何故か涙が・・・)


 (ブロマガ記事一部抜粋) 

それでは春のG1フィナーレを飾る宝塚記念G1から


馬体偏差値上位
ゴールドシップ
トーホウジャッカル
ラキシス
ディアディアマドレ
ワンアンドオンリー

阪神内回り2200適性上位
ゴールドシップ
ワンアンドオンリー
ラブリーディ


以上を踏まえて

頭⑧ディアデラマドレ
角居厩舎美女軍団は3女ともに高得点で印の差をどうつけようか本当に最後まで迷いました。
しかし頭指名は意外とすんなり最初から決まってました。
そうです、この馬こそズブズブ勝負で光り輝くことができる底力バッチこいのお馬ちゃんです。ヴィクトリアマイルの時に安田記念のズブズブ勝負に出てきて欲しいと評した1頭ですし、今走は安田のメンバーより遥かに骨っぽいですが、ディアデも距離延長のアドバンテージがあり、かつ後ろからいくのでゴールドシップの圧力を受けることなく直線勝負に徹することができる展開面のメリットもあります(ここが非常に大きい)。この馬は基本キレもあるので常に人気になりますが、底力特化型のこの馬には京都や東京での牝馬限定戦は常にキレ負けのリスクがあり旨味はありません。ゴールドシップやジャスタウエイ等の牡のごっついギャングが支配するズブズブG1なら流れも向くし人気も落ちる、こんないい事ありませんね(笑)。本音を言えはもっと直線欲しいのですが、直線長くなるとどうしてもペースが緩むジレンマに陥るので贅沢言いちゃイケマセン、内回りでもヨシとしましょう。
藤岡康太騎手、直線短いので上手にコーナリングをして最後の直線爆発して下さい!
牝馬で宝塚記念底力勝負の栄冠に輝くことができたお馬ちゃんは55回の歴史の中でもエイトクラウン、スイープトウショウのたった2頭だけ。この馬ならと期待させるだけの馬体ですし、3頭目の女王誕生を大いに期待しましょう~!

★⑥デニムアンドルビー
普通でいけば馬体偏差値最上位のゴールドシップなんでしょうけどそれでは面白くない(笑)。
この馬もズブズブ勝負が向く1発のある馬体です。どうしても器用さに欠けるので展開ハマらないと厳しい他力本願タイプですが長くいい脚が使え持久力タイプの底力寄りですが瞬発力の流れでも時計かかるようなら1発があります。

相手筆頭
⑮ゴールドシップ 

今更どうこう言うレベルじゃありませんよね。当ブログ常連の馬体最上位の大物です(笑)。
まぁ基本に考えればこの馬が1番強いし軸なんでしょうね。阪神競馬場が7戦6勝2着1回のパーフエクとで今走宝塚記念が2年連続の勝利でV3を狙います。唯一の懸念だった内で包まれるリスクも大外枠を引き当て普通に考えれば飛ぶ要素はないですよね。
危険ですね。もう一度言います、危険ですね。
ゴールドシップが危険なのではありません、
当たり前田の利家と思う大衆心理が危険なんです。
競馬に絶対はない、心に響く名言です(笑)。 
恒例のネタをコラムでやり損ねたのでここでやります(笑)。

まぁ馬体で言えば頭ですけど、ギャンブルって何故だか1点も不安要素がないなんて時に限って逆目が出るような気がします。
ごっつい人気になってるし相手筆頭、もしくはバッサリ切り捨てるってのもギャンブルとしてはアリです。
で、ゴールドシップが飛ぶパターンを考えてみました。
思いのほかペースが速く、後方追走してたがあまりに離れてしまいスピード上げて追い上げるも中々縮まらず嫌気を出してそのまま。
先行できていたがあまりに緩い流れで勝負所のペースアップが急激過ぎて忙しすぎて嫌気を出す。
思いのほか時計がかからないスピード馬場で、勝負所で捲ったはいいが他もバテない為にさらにスピード上げてねじ伏せにかかり直線最後の最後で嫌気をだして飲み込まれる。

普通に流れれれば③で進行してそのまま押し切るのでしょうが、今回に限っては心肺機能・持久力に優れるあまりに、強気に乗り過ぎてのズブズブ自滅を期待します。
なぁんて上手くハマれば頭★は後方から行くのでズッポリハマるんですけどね~(笑)。

相手次位
⑭トーホウジャッカル

週中のコラムで指摘した通り、この馬は仕上がりにつきます。まともに仕上がってくるのであれば今メンバーでゴールドシップに唯一タイマン勝負を挑むことができ、かつ勝ち負けができるお馬ちゃんです。その他の馬はゴールドシップの庭の阪神で勝負するにはマーク屋に徹しないとチト厳しいかなと。
で、肝心の仕上がり具合ですが、1週前photo で不明な部分をトレセンリポートで映る立ち姿を期待したのですが、チラ程度でよく分かんなかったってのが本音です(笑)。
となると、1週前photo の状態で考えればやっぱり急仕上げが否めなく若干緩いかなあと。でもこの馬は当日のパドックで最終判断を下すしかないかなとも思います。やっぱりまともであれば力は抜けています。

⑬ラキシス
角居厩舎美女3人娘のエース。AKBで言えばセンターってヤツですかね(笑)。
前走大阪杯でも今走でもphoto だけで判断するならこのお馬ちゃんが1番です。
本当に迷いましたが、この馬基本シルエットは素晴らしいの一言です。
但し、当日のパドックで点数落ちるってゆうか・・・。まぁ輸送などで変わるのか若干フックラ感が消えるし、なんか写真の時ほどのインパクトに欠けます。伊藤雄二先生の著書『伊藤雄二の確かな目』で高橋Qちゃんは普段はフックラしてるけどオリンピックの本番では唇ガサガサに干からびて体も極限まで絞れて見栄えは悪いけど、あれが本番で走る姿だと言ってた記憶があります。この辺りは賭けなんですが、馬体で言えば京都がベストに見えるのもあり、阪神2200ならディアデ、デニムを上位としました。

相手次位の最後は
⑦ワンアンドオンリー
本音は★を打ちたいし、非常に好きなお馬ちゃんです。
阪神内回り2200は向きますので、マーク屋に徹することが出来れば勝ち負けしても何ら驚きません。
弥生賞や皐月賞のように後ろからいって、ワンテンポ仕掛けが遅れれば最後の最後にゴール版を賑わす筈です。


以上が予想です、にゅんだかなぁ~と溜息しか出ません。お願いだからもう1度、スタートからやりなおしてくれない?
そんなダメダメなお願いを抱くのは私だけでしょうか・・・・。それにしてもゲートで暴れて立ち上がってんだからスターターも一回止めるとかの配慮はないんですかね? どう考えても暴れてるのに時間だからって始めちゃうんですかね?
いかんいかん、今日は愚痴しか出ない。こんな日はとっとと飯食って屁こいて寝ます~


ゴールドシップ
でも、何故だか憎めないですね~(笑)



ブログ推奨馬結果

函館2R 頭②イイネー   2人気11着

函館8R ★⑬スズカリバー  9人気5着

函館10R 奥尻特別 芝1800
 頭④アルバート 2人気2着

函館11R UHB杯 芝1200
 頭③マジックシャトル 3人気3着

ぱっとしませんね・・・・。


本日のダメダメ馬券

阪神1R パドックから9人気③タガノトリオンフを見つけるも
3着・・・。3連複仰山買っても1着3人気・2着1人気、
この辺のですよね、本当に馬券が下手くそです。

h1 h270628
h1 h270628 ②
h1 h270628 ③
t2 h270628
t7 h270628
t10 h270628
h4 h270628
h10 h270628

宝塚記念のハズレ馬券
本当に馬券が下手くそです

h11 h270628 ①
h11 h270628 ②
h11 h270628 ③
h11 h270628 ④

本日は朝からヒットもなくグダグダと負債を重ね、
決定打が宝塚の惨敗でPAT残高も残り2100円
で、函館・東京でセコイ勝負をしたら両方当たり 
にゃんだかな~
函館12R
⑩ 単1190円 複300円

ha12 h270628
ha12 h270628 ②
馬連 ⑧-⑫ 1410円
t12 h270628

ん?まてよ、これはと、完全に死んでた筈が流れが戻ってきてると、
いくか、いかないか、迷った挙句
ジャパンネット銀行から急遽追加送金して阪神最終にチャレンジ!

パドックから③・⑥・⑭の3頭勝負
1着③ 2着⑭ 3着⑥で見事決まり全部的中~幾らか負債が戻ってきた~!
③-⑭ 馬連580円
W ③-⑭280円 ⑥-⑭930円 ③-⑥480円
3連単 ③-⑭-⑥ 7880円
3連複   2360円

h12 h270628uma
h12 h270628 w
h12 h270628
h12 h270628 ②
h12 h270628 ③
h12 h270628 3fuku

こんな不甲斐ない私ですが応援お願いいたします~
にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ
にほんブログ村


競馬・パドック理論 ブログランキングへ



投資ギャンブル ブログサイトランキング
競馬 ブログランキング


それではまた来週~

コメントの投稿

非公開コメント

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 1000

紹介文:馬体からのコース適正(馬場)・距離適性・馬体のポテンシャル(馬体偏差値)を含む総合点を加味して出走各馬の横の比較をして予想します。基本重賞予想のみの前日配信。 ※暫らく当日のパドック配信(別サイト・パドック推奨版)主体に行きますので前日配信は休止します(H29・4月現在)

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

パドック推奨版
パドック推奨馬を当日のパドック周回1周目以降にUPします。 基本2場開催等、時間的余裕のある時に1日数レースUPする予定です。 記事ごとの販売です。詳細は以下をクリック
購入する!
プロフィール

Lyphard

Author:Lyphard
競馬歴20年オーヴァー。
血統に始まりスピード指数・ラップ理論・出目・騎手・厩舎と無駄な筋肉(脂肪?)がつけばつくほど競馬上手(ホンマかいな)の馬券下手となり、全てを捨てて馬体に辿り着きました。馬体で買うようになり、血統やラップが後付けでリンクしてくることになるほどねと競馬の奥深さを感じています。
馬体の良し悪しが選別できても真に馬体が見えているとは言えません。適性を理解してこその馬体です。誰もが分かる好馬体は成績安定・人気上位が多く敢えて馬体で選ばなくとも買えるし買われます。誰もが分かるファクターを以て人の優位にはたてません。馬体ポテンシャルは重要ではありますが人気の盲点にはなりにくく、馬体からくる適性を理解してこそ、適正が弱い危険な人気馬、適正ある人気薄コース巧者を見つけることができ人の優位に立てるのです。ポテンシャルや適正はその馬本来が持つ素材であり、調整等の体調は旬かどうかの状態です。素材と状態を混同してはいけません。適正あっても状態悪ければ斬ることあっても、その逆の適性ないのに状態良くても買う事はありません。状態は大事ではありますが補足及び最後の味付け的ポジションであり、最も重要なベースとなる核はポテンシャルと適正です。

※ブログ内の印の表記はカテゴリ内の印の見方を参照して下さい。

2017年 的中重賞
中山金杯
京都金杯
京成杯
日経新春杯
シルクロードS
京都牝馬S
小倉大賞典
フェブラリ―S
アーリントンC
阪神大賞典
マーチS
桜花賞
アンタレスS
皐月賞
NHKマイルC
オークス
ダービー
エプソムC

人気ブログランキング
カテゴリ
最新記事
馬体を知るには
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
広告
馬体を知るには
馬場を知るには
個人的お薦め
Twitter
Twitterでもつぶやいてます パドック競馬予想 @paddock_batai          フォローはこちらから
フリーエリア
検索フォーム
レース結果記事一覧
馬体論記事一覧
ゴルフのお供に
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント
フリーエリア
個人的お薦め
フリーエリア
蹄の病気を知るには
フリーエリア