FC2ブログ

12/20(土)前日予想結果

道悪競馬の馬体がまったく見えていない1日でした(泣)
徳川家康が壊滅的敗北を喫した三方ヶ原の戦いのように本日は大敗を喫して脱糞しながら命からがら逃げ帰ってまいりました。なにより痛いのは来週の有馬決戦を前に貴重な多くの兵(お金)を失ってしまった・・・。
ieyasu.jpg


一番の敗因は道悪競馬は得意と鼻息荒くした天狗の鼻です。
22.jpg



明日は籠城ジャー!
なんてわけにもいかないので、とりあえず本日の情けない予想結果とセコイ当たり馬券&愛知杯はずれ馬券をUPします。

前日の予想結果
中京3R ★⑨ 7人気5着
  7R ☆⑮ 11人気4着
  8R ★⑨ 11人気11着
  9R ③・⑦・⑬のBOX  ⑦が唯一の善戦9人気4着 また4着
 10R ①4人気5着
 愛知杯11R
  頭 ⑨ 6人気8着
★ ⑩ 4人気4着
12R★⑮10人気13着
中山10R ★⑧9人気14着 マイネルはどうしたんですかね?
阪神4R ☆⑥☆⑬ ともに死亡
  7R ★⑫ 6人気13着 相手⑭・⑯ ⑯2着
  11R 頭 ⑧ 4人気7着 まったく進んでいかない。道悪だめなんだ・・



中京1R
6R⑥8人気もハナ差2着 単勝・馬連・3連複外し。本日は単勝がことごとく当たらない。=見えてない。
中京6R
中山4R
中山8R
⑭勝ったと思ったら差されてたー
中山9R
②中山9R
ここも単勝取れない
阪神7R
自信の無いときの多頭買。負けるべくして負けてます。
中京11Rはずれ
中京11Rはずれ2




競馬・パドック理論 ブログランキングへにほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 2000

紹介文:馬体からのコース適正(馬場)・距離適性・馬体のポテンシャル(馬体偏差値)を含む総合点を加味して出走各馬の横の比較をして軸推奨・穴推奨を発表します。重賞予想のみの前日配信。 当日のパドック配信は別サイト・パドック推奨版にてランダムに配信します。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

パドック推奨版
パドック推奨馬を当日のパドック周回1周目以降にUPします。 基本2場開催等、時間的余裕のある時に1日数レースUPする予定です。 記事ごとの販売です。詳細は以下をクリック
購入する!
プロフィール

Lyphard

Author:Lyphard
競馬歴20年オーヴァー。
血統に始まりスピード指数・ラップ理論・出目・騎手・厩舎と無駄な筋肉(脂肪?)がつけばつくほど競馬上手(ホンマかいな)の馬券下手となり、全てを捨てて馬体に辿り着きました。馬体で買うようになり、血統やラップが後付けでリンクしてくることになるほどねと競馬の奥深さを感じています。
馬体の良し悪しが選別できても真に馬体が見えているとは言えません。適性を理解してこその馬体です。誰もが分かる好馬体は成績安定・人気上位が多く敢えて馬体で選ばなくとも買えるし買われます。誰もが分かるファクターを以て人の優位にはたてません。馬体ポテンシャルは重要ではありますが人気の盲点にはなりにくく、馬体からくる適性を理解してこそ、適正が弱い危険な人気馬、適正ある人気薄コース巧者を見つけることができ人の優位に立てるのです。ポテンシャルや適正はその馬本来が持つ素材であり、調整等の体調は旬かどうかの状態です。素材と状態を混同してはいけません。適正あっても状態悪ければ斬ることあっても、その逆の適性ないのに状態良くても買う事はありません。状態は大事ではありますが補足及び最後の味付け的ポジションであり、最も重要なベースとなる核はポテンシャルと適正です。

※ブログ内の印の表記はカテゴリ内の印の見方を参照して下さい。
※個々の馬体の適性やそこに至るロジックを知りたい方は前日馬体推奨をお勧めします。

別サイト(パドック推奨版)
2020年 的中重賞

中山金杯
シンザン記念
愛知杯
京成杯
東海S
AJCC
川崎記念
根岸S

Twitter
Twitterでもつぶやいてます パドック競馬予想 @paddock_batai          フォローはこちらから
カテゴリ
最新記事
人気ブログランキング
馬体を知るには
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
広告
馬体を知るには
馬場を知るには
個人的お薦め
検索フォーム
レース結果記事一覧
馬体論記事一覧
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント
個人的お薦め
蹄の病気を知るには