函館記念馬体展望

今週は函館競馬場で函館記念2000mG3ハンデ戦が行われます。
又ハンデ戦かよ? そんな悲痛な心の声が聞こえてきます(笑)。
ローカル小回り・ハンデ戦、
嫌でもこの定食Aセットを食さない限り夏競馬では満足に腹を満たすことはできません。
郷に入れば郷に従えです!
フォアグラ丼が食べたいなんて幻想はとっとと捨てないと餓死してしまいますよね(笑)。


それでは函館記念を紐解いていきましょう~


函館2000m


スタート地点は正面スタンド前直線の右端。4コーナーのポケット。坂の頂上からのスタートで、直線半ばまで下り坂を走ることになる。1コーナーまでの距離は約475m。1コーナー手前から2コーナーにかけては緩い下り坂になっている。2コーナーの地点が函館競馬場の最低地点になっており、向正面直線は緩やかな上り坂。3~4コーナーはスパイラルカーブ。途中に坂の頂上(最高地点)があり、最後の直線半ばにかけて緩やかな下り坂。その後、ゴールまでは平坦になっている。函館競馬場は一般的に平坦コースと思われがちだが、このように実は起伏がある。芝コース全体の高低差は3.4m。仮柵によるコース設定はA、B、Cの3パターンで、最後の直線距離はともに262m。
前半の3ハロンの水準時計は重賞クラスも500万クラスもあまり変わらない。函館芝2000mの重賞といえば函館記念。中盤4ハロンのペースが条件戦とは雲泥の差となり、淀みない流れとなる。逃げ馬にとっては楽ではないコースだ。人気薄の逃げ切り勝ちは難しく、何かに差されやすい。力がある馬でないと勝ち切れない。ベストは先行しての抜け出し。普通の差し馬には不利で、最後の直線までに好位まで押し上げていないと厳しい。3~4コーナーで動き始めてのマクリ差しが要求される。芝1800m同様、上がりおよび全体の時計はかかる。函館記念でも2分を切ることはめったにない。洋芝に強いタイプを狙うのがセオリーだ。
(JRA-VAN NEXTコース解説 一部抜粋)


函館競馬場と言えば洋芝
洋芝オンリーは全国の競馬場では、夏競馬が行われる札幌競馬場と函館競馬場のみ。
その他の競馬場は、野芝またはオーバーシードにてレースが行われています。
簡単なイメージで言えば
野芝=根付きのいい堅い芝で時計が出る。
洋芝=クッションの利いた柔い芝で時計が係る。

洋芝=タフなコース。この概念が函館記念の肝とゆうか罠です。
タフなコースに変わりはないし洋芝適正を求められるのはもちろんなんですが、
洋芝適正ばかりに注意が行くと木を見て森を見ずとゆう単純なトラップに引っかかります。
物事の本質を忘れてはいけません。
函館競馬場=小回り・平坦・直線短い 
これこそが根っこにある基本です。
洋芝適正はもちろん必要ではあるかと思いますが主要な核とゆうよりはプラスワンぐらいの感覚で良いかなと、やはり核は小回り・平坦・直線短いです。シンプルに考えれば先週の福島が芝がネチッこくなったタフ系に変わったくらいの感覚で良いのかなぁと思います。

大概1000m通過が59秒台から58秒台の平均ぺースで流れます。でラスト1000mから12秒フラット前後の平均的な持続力の凌ぎあいってイメージです。瞬間的なギアチェンジも基本0.2~0.4程度です。2010年マイネルスターリーが勝った年のようにラスト800mで124-114-122なんて年も中にはあるので過信は禁物ですが基本持久力です。
但し、先週の福島と同様に持久力の求められる流れではあるが、
機動力・立ち回りの苦手お馬ちゃんには敷居の高いコースと言えます

とゆうことで、先週同様、持久力・瞬発力混合型の出番です。
先週外しといてよくゆうよ!
鋭いツッコミありがとうございます(笑)。

まぁ先週外してるんでエラそうなことは言えませんが、外そうが当てようがコンセプトは変わりません。
コース形態・芝等から馬体傾向をある程度読んだ上で選んでいます。
もちろん当ブログの表題は『麦わら帽子は冬に買え』ですから、その上で配当的旨味やオッズの妙で最終的には印を打ちますので実際の評価する馬体=頭★ではないこともありますが、勝ちに焦って置きに行く事だけはしたくないかなと。
まぁでも本音は常に勝ちたいですし、事実100円だって負けるとマケズ嫌いなジーコ並に不機嫌になりますけどね(笑)。

とゆうことで今週の注目馬はこのお馬ちゃんをお勧めいたします。
印は例によって週末までの宿題ですが1週前PHOTOを見る限り
イメージする馬体に合致するお馬ちゃんです。
そんなお馬ちゃんの名前は↓

競馬・パドック理論 ブログランキングへ




応援クリックお願いいたします

にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ
にほんブログ村





投資ギャンブル ブログサイトランキング
競馬 ブログランキング


コメントの投稿

非公開コメント

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 1000

紹介文:馬体からのコース適正(馬場)・距離適性・馬体のポテンシャル(馬体偏差値)を含む総合点を加味して出走各馬の横の比較をして予想します。基本重賞予想のみの前日配信。 ※暫らく当日のパドック配信(別サイト・パドック推奨版)主体に行きますので前日配信は休止します(H29・4月現在)

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

パドック推奨版
パドック推奨馬を当日のパドック周回1周目以降にUPします。 基本2場開催等、時間的余裕のある時に1日数レースUPする予定です。 記事ごとの販売です。詳細は以下をクリック
購入する!
プロフィール

Lyphard

Author:Lyphard
競馬歴20年オーヴァー。
血統に始まりスピード指数・ラップ理論・出目・騎手・厩舎と無駄な筋肉(脂肪?)がつけばつくほど競馬上手(ホンマかいな)の馬券下手となり、全てを捨てて馬体に辿り着きました。馬体で買うようになり、血統やラップが後付けでリンクしてくることになるほどねと競馬の奥深さを感じています。
馬体の良し悪しが選別できても真に馬体が見えているとは言えません。適性を理解してこその馬体です。誰もが分かる好馬体は成績安定・人気上位が多く敢えて馬体で選ばなくとも買えるし買われます。誰もが分かるファクターを以て人の優位にはたてません。馬体ポテンシャルは重要ではありますが人気の盲点にはなりにくく、馬体からくる適性を理解してこそ、適正が弱い危険な人気馬、適正ある人気薄コース巧者を見つけることができ人の優位に立てるのです。ポテンシャルや適正はその馬本来が持つ素材であり、調整等の体調は旬かどうかの状態です。素材と状態を混同してはいけません。適正あっても状態悪ければ斬ることあっても、その逆の適性ないのに状態良くても買う事はありません。状態は大事ではありますが補足及び最後の味付け的ポジションであり、最も重要なベースとなる核はポテンシャルと適正です。

※ブログ内の印の表記はカテゴリ内の印の見方を参照して下さい。

2017年 的中重賞
中山金杯
京都金杯
京成杯
日経新春杯
シルクロードS
京都牝馬S
小倉大賞典
フェブラリ―S
アーリントンC
阪神大賞典
マーチS
桜花賞
アンタレスS
皐月賞
NHKマイルC
オークス
ダービー
エプソムC

人気ブログランキング
カテゴリ
最新記事
馬体を知るには
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
広告
馬体を知るには
馬場を知るには
個人的お薦め
Twitter
Twitterでもつぶやいてます パドック競馬予想 @paddock_batai          フォローはこちらから
フリーエリア
検索フォーム
レース結果記事一覧
馬体論記事一覧
ゴルフのお供に
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント
フリーエリア
個人的お薦め
フリーエリア
蹄の病気を知るには
フリーエリア