有馬記念①

さてさて今週はいよいよ1年の締めくくり有馬記念です!
昨夜の黒田官兵衛最終回も感動しましたが、有馬でさらなる感動を頂きたいものです(笑)

では有馬記念のおさらいとして
中山2500m はトリッキーなコース
暮れの大一番で各馬のお釣りがない状態が多い
最近では減りましたがマイラ―からステイヤーまで参加する距離のカテゴリーがいい加減
=ペースが読みにくい
等々理由はいろいろありますが荒れるG1のイメージですよね?

荒れるイメージですが実態はリピーターがやたら多いG1です。
オルフェ―ブル 2013 1着  
         2011 1着
ゴールドシップ  2013 3着
         2012 1着
トウザグローリー2011 3着 
         2010 3着
ブエナビスタ   2010 2着
         2009 2着
エアシェィディ  2009 3着
          2008 3着
ダイワスカーレット 2008 1着
           2007 2着
ダイワメジャー    2007 3着
           2006 3着
デイープインパクト 2006 1着
           2005 2着
タップダンスシチ― 2004 2着
           2002 2着
クリスエス      2003 1着
           2002 1着
ロブロイ       2004 1着
           2003 2着
リンカーン      2005 3着
           2003 2着
オペラオー     2000 1着
          1999 3着
グラスワンダー  1999 1着
          1998 1着


どうです?ものすごい数のリピーター率ですよね
ただ、3年リーピートした馬はいません。ゴールドシップ危険ですね(笑)
となると、今年のメンバーではウインバリアシオンかオーシャンブルーから3連複を流せば当たることになります! 
馬体はなんも関係ない(笑)。

上記のリピーター出現率の高さ、ここにヒントがあります。
そうです中山独特のコース形態&芝に特徴があるのです。
ただし、漠然と中山向きの馬体を買ってても外すことがあります。何故なら中山2500mはコーナー6回の小回りコースなので、息の入れ方によってはマイラーでも対応可能なことや、さすがにバリバリのG1馬だと馬体中山適性が低くても総合力で勝ちきることがあります(デイープやハーツクライやマンハッタンカフエ等)。勝馬には馬体中山適性のあるヴィクトワールピサやドリームジャーニーなどもいますが勝馬から目線を変えてみて3着や2着にリピーターとなった人気薄を見てみますと、いましたいました、トゥザグローリー、リンカーン、エアシェイデイ。これらの馬体が中山で穴を開けるイメージです。

エアシェイディ
エアシェイディ3
リンカーン
リンカーン3
リピーターではないけど8人気3着で穴を空けた馬の馬体
名前は人気ブログランキングへ
コイントス3着

なんかイメージ湧いてきましたね(笑)

本日はこんなところで


応援お願い致します↓
にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 1000

紹介文:馬体からのコース適正(馬場)・距離適性・馬体のポテンシャル(馬体偏差値)を含む総合点を加味して出走各馬の横の比較をして予想します。基本重賞予想のみの前日配信。 ※暫らく当日のパドック配信(別サイト・パドック推奨版)主体に行きますので前日配信は休止します(H29・4月現在)

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

パドック推奨版
パドック推奨馬を当日のパドック周回1周目以降にUPします。 基本2場開催等、時間的余裕のある時に1日数レースUPする予定です。 記事ごとの販売です。詳細は以下をクリック
購入する!
プロフィール

Lyphard

Author:Lyphard
競馬歴20年オーヴァー。
血統に始まりスピード指数・ラップ理論・出目・騎手・厩舎と無駄な筋肉(脂肪?)がつけばつくほど競馬上手(ホンマかいな)の馬券下手となり、全てを捨てて馬体に辿り着きました。馬体で買うようになり、血統やラップが後付けでリンクしてくることになるほどねと競馬の奥深さを感じています。
馬体の良し悪しが選別できても真に馬体が見えているとは言えません。適性を理解してこその馬体です。誰もが分かる好馬体は成績安定・人気上位が多く敢えて馬体で選ばなくとも買えるし買われます。誰もが分かるファクターを以て人の優位にはたてません。馬体ポテンシャルは重要ではありますが人気の盲点にはなりにくく、馬体からくる適性を理解してこそ、適正が弱い危険な人気馬、適正ある人気薄コース巧者を見つけることができ人の優位に立てるのです。ポテンシャルや適正はその馬本来が持つ素材であり、調整等の体調は旬かどうかの状態です。素材と状態を混同してはいけません。適正あっても状態悪ければ斬ることあっても、その逆の適性ないのに状態良くても買う事はありません。状態は大事ではありますが補足及び最後の味付け的ポジションであり、最も重要なベースとなる核はポテンシャルと適正です。

※ブログ内の印の表記はカテゴリ内の印の見方を参照して下さい。

2017年 的中重賞
中山金杯
京都金杯
京成杯
日経新春杯
シルクロードS
京都牝馬S
小倉大賞典
フェブラリ―S
アーリントンC
阪神大賞典
マーチS
桜花賞
アンタレスS
皐月賞
NHKマイルC
オークス
ダービー
エプソムC
ユニコーンS
函館SS
CBC賞
函館記念
函館2歳S
クイーンS
アイビスSD
レパードS
エルムS
札幌記念

Twitter
Twitterでもつぶやいてます パドック競馬予想 @paddock_batai          フォローはこちらから
カテゴリ
人気ブログランキング
最新記事
馬体を知るには
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
広告
馬体を知るには
馬場を知るには
個人的お薦め
フリーエリア
検索フォーム
レース結果記事一覧
馬体論記事一覧
ゴルフのお供に
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント
フリーエリア
個人的お薦め
フリーエリア
蹄の病気を知るには
フリーエリア