セントウルステークス馬体展望

今週から待望の秋競馬の始まりです。G1に向けて有力馬が始動します。
見どころは学生時代の夏休み明けの始業式って感じです、相変わらずの面々との再会もあればひと夏越して大きく変貌を遂げた面々との再会もあります。密かに思いを寄せてた清楚な真面目系クラスメートの女子が夏を境に髪を茶色に染めて雰囲気態度までもが180度ガラッと変わってしまい、この夏に一体何があったんだ!?とえらくショックを受けた甘ずっぱい思いが脳をよぎります(笑)。見どころはお休みをしていた有力馬VS夏の間に力を付けてきた上がり馬のとの対決ですかね~(なんのこっちゃ 笑)。
普段私はJRAVAN-NEXTでパドックからチョイスした馬に◎★のみの印を付けています、そのレースで来なくても印は残るので馬体チェック馬として再度狙えるし馬体が抜けてればマイ注目馬にするといった事でえらく重宝してます。なんでそんな話をしたかとゆうと去年のレース傾向を調べていたらなんとトーホウジャッカルのサクセスストーリーの始まりの未勝利戦で◎を打ってて8人気1着で単勝馬連をゲットしていたことを思い出して、あああの時の馬がトーホウジャッカルか~そのあとトントン拍子で菊花賞馬になったのか~と感慨深い思いをしました。そのレースで3連単3連複を取れていたらその後忘れるなんて大失態は無かったはずなんですけどね、夏の上がり馬恐るべしです(笑)。

今週からは夏のローカル競馬場ともおさらばしての中央場所の中山・阪神です。
中山は夏競馬の余韻を引きずるかのようにハンデ戦重賞・京成杯オータムハンデが行われます(もういい加減ハンデ戦はいいっちゅうの!)。阪神競馬場では3週間後のG1スプリンターズSを睨んでの重要な前哨戦・セントウルステークスが行われます。ここを使っての中2週の本番ですのでまったくの叩き台とゆうよりはある程度仕上がっていないと本番に間に合わないし、仕上げすぎると本番にお釣りが無くなるとゆう、各陣営の腕の見せどころとなります。長期休養明けとかズブイ馬は北九州記念から中2週でセントウルを使っての再度中2週で本番でピークとの青写真でしょうが、体質弱い馬は嫌な押せ押せローテとなります。


以上を踏まえて1週前photoをチェックしていきましょう~
まずは前走1200初挑戦で重賞制覇でここでも人気が予想される
ウリウリから
純粋なG1スプリンターとの比較で言えばやはり1枚落ちる1400辺りがいい馬体。まあ開幕週のトライアルで緩く流れそうな切れ味勝負であれば問題ないと思いますがガチンコG1の本番はどうなんでしょう?って感じです。レッドオーヴァール、ローブデイサージュと3頭登録してたら本当に序列を決めるのに迷う馬体です(笑)。


続いては前走ヴィクトリアマイルで★指名で見事1着G1初制覇の
ストレイトガール
まともならこの馬とハクサンムーンとマヤノリュウジンが馬体偏差値TOP3とゆうところなんですが、うーんいい時はもっとプリプリでメリ張りある感じなんですが夏の調整の難しさなのか6歳でピークを過ぎてきているのかは不明ですが、正直期待していたよりイマイチですね。

ハクサンムーン
今年の春くらいから馬体が緩んでいるってゆうかボヤケているてゆうか近頃のゴールドシップにも言えますが加齢からくる衰えととるか、中年ならではのオヤジ体型に変化してきたととるかは微妙ですが、どちらにしてもイマイチです。


マヤノリュウジン
前走が10か月半ぶりの1戦で明らかに仕上がり途上でしたが今回は写真はナシ。
うーん中2週でどこまで変わってくるかとゆうところですね。それにしてもマヤノリュウジンは8歳、ストレイトガール、ハクサンムーンは共に6歳、年齢的にはまだまだ若い者には負けないと最後のもう一花咲かせようって所でしょうが、スプリント界の花の命は短く、過去にも名馬がまだいけると思った好走の後にあっさり終焉の時が来てるのも事実です。
まだはもう心に響く名言です(笑)。
と言っても今走はトライアルですし、なによりBESTのピークを過ぎたとしても他馬との比較で言えばまだまだやれるとも思いますし、印は週末までの難しい宿題とします。

本日の注目馬は上位陣に付け入る隙がありそうなので逆転★候補もあるかもと期待をさせる1頭をお奨め致します。正直前走があまりに不甲斐なくどうしたもんかなと頭を悩めていましたが、陣営のコメント見る限りチグハグに乗った騎手のミスで力負けではないとの事ですので、馬体はTOP3のBEST時には流石に劣りますが、その他の比較で言えばこのメンバーに入っても十分胸を張って上位に来る馬体偏差値の持ち主です。

そんなお馬ちゃんの名前は↓

競馬・パドック理論 ブログランキングへ



それでは又週末にお会いしましょう~


応援クリックお願いいたします

にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ
にほんブログ村



投資ギャンブル ブログサイトランキング
競馬 ブログランキング

それではまた来週~

コメントの投稿

非公開コメント

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 1000

紹介文:馬体からのコース適正(馬場)・距離適性・馬体のポテンシャル(馬体偏差値)を含む総合点を加味して出走各馬の横の比較をして予想します。基本重賞予想のみの前日配信。 ※暫らく当日のパドック配信(別サイト・パドック推奨版)主体に行きますので前日配信は休止します(H29・4月現在)

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

パドック推奨版
パドック推奨馬を当日のパドック周回1周目以降にUPします。 基本2場開催等、時間的余裕のある時に1日数レースUPする予定です。 記事ごとの販売です。詳細は以下をクリック
購入する!
プロフィール

Lyphard

Author:Lyphard
競馬歴20年オーヴァー。
血統に始まりスピード指数・ラップ理論・出目・騎手・厩舎と無駄な筋肉(脂肪?)がつけばつくほど競馬上手(ホンマかいな)の馬券下手となり、全てを捨てて馬体に辿り着きました。馬体で買うようになり、血統やラップが後付けでリンクしてくることになるほどねと競馬の奥深さを感じています。
馬体の良し悪しが選別できても真に馬体が見えているとは言えません。適性を理解してこその馬体です。誰もが分かる好馬体は成績安定・人気上位が多く敢えて馬体で選ばなくとも買えるし買われます。誰もが分かるファクターを以て人の優位にはたてません。馬体ポテンシャルは重要ではありますが人気の盲点にはなりにくく、馬体からくる適性を理解してこそ、適正が弱い危険な人気馬、適正ある人気薄コース巧者を見つけることができ人の優位に立てるのです。ポテンシャルや適正はその馬本来が持つ素材であり、調整等の体調は旬かどうかの状態です。素材と状態を混同してはいけません。適正あっても状態悪ければ斬ることあっても、その逆の適性ないのに状態良くても買う事はありません。状態は大事ではありますが補足及び最後の味付け的ポジションであり、最も重要なベースとなる核はポテンシャルと適正です。

※ブログ内の印の表記はカテゴリ内の印の見方を参照して下さい。

2017年 的中重賞
中山金杯
京都金杯
京成杯
日経新春杯
シルクロードS
京都牝馬S
小倉大賞典
フェブラリ―S
アーリントンC
阪神大賞典
マーチS
桜花賞
アンタレスS
皐月賞

人気ブログランキング
カテゴリ
最新記事
馬体を知るには
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
広告
馬体を知るには
馬場を知るには
個人的お薦め
Twitter
Twitterでもつぶやいてます パドック競馬予想 @paddock_batai          フォローはこちらから
フリーエリア
検索フォーム
レース結果記事一覧
馬体論記事一覧
ゴルフのお供に
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント
フリーエリア
個人的お薦め
フリーエリア
蹄の病気を知るには
フリーエリア