神戸新聞杯馬体展望

シルバーウイークも終わりいよいよ秋本番って感じですね~。
それにしても今週は競馬が早い、気が付いたらもう週末です(笑)。
え、セントライト記念のショックは癒えたのかって? 
ハイ、変わり身の早さだけが取り柄なのでいつまでも過ぎたことを引きずっててもしょうがないって事で前を向いてまいりましょう~(笑)。ポジティブに考えればこの敗戦で菊花賞で人気が落ちれば十分セントライトの負けも回収できる筈ですのでマズは無事に菊花賞に出て来ることを祈りましょう~。


今週はG1菊花賞のトライアル重賞神戸新聞杯G2芝2400mが阪神競馬場で行われます。
それでは恒例の1週前photoを見ていきましょう~。
この神戸新聞杯で先週のセントライト記念と合せてあらかた菊花賞のメンツは揃います。
その上で感想を言わせてもらいますと、
負けはしましたが先週のセントライト組の中には淀の3000mで脅威になるようなお馬ちゃんはいません(淀のバカッ早い芝だけが怖い、敵は己との戦いです)。ところが神戸新聞杯の1週前photoの中にベルーフの強敵となりそうなお馬ちゃんを発見してしまいました・・・(汗)。
先週の馬体展望でベルーフサトノラーゼンの同門対決にサトノラーゼンやっつけちゃいますよ~と池江厩舎の関東遠征2頭出しを疑問に思っていましたが、うーんはっきりとその謎が解けましたね。しかし、3歳馬は粗方チャンと見ている気でいましたが、見てるようで完全に見過ごしていますね、まだこんなお馬ちゃんがいたとは(汗)。
1週前photoを見ると1頭瞬発力の塊みたいなゴッツイ大物が隠れていました。
男版ハープスターと言ったところでしょうか? 
正直、菊の距離適性は微妙な感じですが、距離のハンデがあったとしても圧倒的な馬体スケールで乗り切ってしまうのではないかとさえ思わせます。ベルーフ危うし、うーん厄介なお馬ちゃんが同厩舎にいましたね(笑)。
まぁドゥラメンテがいない菊花賞は面白みが半減していましたので今週の神戸新聞杯の結果如何ではかなり盛り上がる可能性が出てきました。
他ではドゥラメンテがいなければと悔やまれる幻の皐月賞馬リアルスティールが骨折休養明けでの秋初戦を向かえますし、
できればリアルスティ-ルには頭指名候補のお馬ちゃん共々強い競馬で復活をアピールしてもらいたい所です。
ええ、全ては菊花賞のオッズの為です(笑)。
まぁ菊花賞を語るにはまだ気が早いのでマズは神戸新聞杯に集中しましょう。
完全に馬名はバレテますが、週末の頭指名候補はこのお馬ちゃんでホボホボ決まりですね
そんなお馬ちゃんの名前は↓

競馬・パドック理論 ブログランキングへ




それでは週末にお会いしましょう~


応援クリックもお願いいたします
にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ
にほんブログ村



投資ギャンブル ブログサイトランキング
競馬 ブログランキング




コメントの投稿

非公開コメント

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 1000

紹介文:馬体からのコース適正(馬場)・距離適性・馬体のポテンシャル(馬体偏差値)を含む総合点を加味して出走各馬の横の比較をして予想します。基本重賞予想のみの前日配信。 ※暫らく当日のパドック配信(別サイト・パドック推奨版)主体に行きますので前日配信は休止します(H29・4月現在)

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

パドック推奨版
パドック推奨馬を当日のパドック周回1周目以降にUPします。 基本2場開催等、時間的余裕のある時に1日数レースUPする予定です。 記事ごとの販売です。詳細は以下をクリック
購入する!
プロフィール

Lyphard

Author:Lyphard
競馬歴20年オーヴァー。
血統に始まりスピード指数・ラップ理論・出目・騎手・厩舎と無駄な筋肉(脂肪?)がつけばつくほど競馬上手(ホンマかいな)の馬券下手となり、全てを捨てて馬体に辿り着きました。馬体で買うようになり、血統やラップが後付けでリンクしてくることになるほどねと競馬の奥深さを感じています。
馬体の良し悪しが選別できても真に馬体が見えているとは言えません。適性を理解してこその馬体です。誰もが分かる好馬体は成績安定・人気上位が多く敢えて馬体で選ばなくとも買えるし買われます。誰もが分かるファクターを以て人の優位にはたてません。馬体ポテンシャルは重要ではありますが人気の盲点にはなりにくく、馬体からくる適性を理解してこそ、適正が弱い危険な人気馬、適正ある人気薄コース巧者を見つけることができ人の優位に立てるのです。ポテンシャルや適正はその馬本来が持つ素材であり、調整等の体調は旬かどうかの状態です。素材と状態を混同してはいけません。適正あっても状態悪ければ斬ることあっても、その逆の適性ないのに状態良くても買う事はありません。状態は大事ではありますが補足及び最後の味付け的ポジションであり、最も重要なベースとなる核はポテンシャルと適正です。

※ブログ内の印の表記はカテゴリ内の印の見方を参照して下さい。

2017年 的中重賞
中山金杯
京都金杯
京成杯
日経新春杯
シルクロードS
京都牝馬S
小倉大賞典
フェブラリ―S
アーリントンC
阪神大賞典
マーチS
桜花賞
アンタレスS
皐月賞
NHKマイルC
オークス
ダービー
エプソムC
ユニコーンS
函館SS
CBC賞
函館記念
函館2歳S
クイーンS
アイビスSD
レパードS
エルムS
札幌記念

Twitter
Twitterでもつぶやいてます パドック競馬予想 @paddock_batai          フォローはこちらから
カテゴリ
人気ブログランキング
最新記事
馬体を知るには
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
広告
馬体を知るには
馬場を知るには
個人的お薦め
フリーエリア
検索フォーム
レース結果記事一覧
馬体論記事一覧
ゴルフのお供に
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント
フリーエリア
個人的お薦め
フリーエリア
蹄の病気を知るには
フリーエリア