秋華賞馬体展望

今週は3才牝馬の頂点を決める3才牝馬3冠最後のG1
秋華賞芝2000m(内回り)が京都競馬場で行われます~
今年は牝馬路線が桜花賞・オークス、牡馬が皐月賞・ダービー3才G1はここまで連続的中パーフェクトときていますので、最後の砦の秋華賞・菊花賞は是が非でも的中して3冠ダブル達成といきたいところです。まぁでも春の3才路線は牡牝それどれ1ヶ月の休憩はさんで2冠が行われるタイトな日程ですので有力馬の見極め(距離適性含む)ができてれば割と1冠目からの連動で当てやすいとゆう側面もあります。
問題は夏の休養を挟んでの3冠目です。怪我で出れないお馬ちゃん、夏を境にメキメキ本格派してきたお馬ちゃん、現状維持で大きく変化してないお馬ちゃん又は体調崩しているお馬ちゃん、夏を境に競馬が嫌になってきた不良化したお馬ちゃん、様々な変化が起きるのも馬肥ゆる秋なのです(使い方間違えてますね 笑)。
私なりに3冠には鬼門があって、牡は皐月賞で、牝馬は秋華賞と、共に小回りフルゲートと共通点があります。京都競馬場は広いコースですが、この秋華賞が行われる舞台は内回り2000mです。過去を思い返しても的中で儲かった記憶がありません(笑)。
京都特有の上り下りのアップダウンで内回り2000mと紛れる要素満載なんですが意外と波乱は少ない印象です。
まあ1996年の第1回から数えること今年で20回目ですから歴史も浅く一概には言えないんですけどね。

過去の勝馬には

ファビラスラフィン
メジロドーベル
ファインモーション
スティルインラブ
スィープトウショウ
カワカミプリンセス
ダイワスカレーット
アパパネ
ジェンテルドンナ  
等のごっつい名牝がゴロゴロ出てきます。

でもオークス馬トールポピーウメノファィバーは人気で飛んでますし
ウオッカ・ブエナビスタはともに3着に敗れていることからも、
実力馬であっても取りこぼすことがありえる危険なコースではあります。
イメージはウメノファィバー・トウザビクトリーが飛んで
12人気ブゼンキャンドルが1着で
10人気のクロックワークが2着
に入って大荒れ大万馬券の出た年みたいにフィバー期待したいんですけど、過去の人気馬の飛ぶ要素の1つは春G1からのブッツケや前哨戦のトライアル凡走などの調整遅れが多いのも事実ですので今年当てはまるとしたらルージュバックかなとの思いでしたがエリザベス女王杯にシフトチェンジとの情報ですので陣営はさすがですね、でもオークス勝ってたら多少無理してでも秋華賞ブッツケなんてのもあったかもしれません。
まぁでもルージュバック・クルミナルの名前が無いのは残念ではありますけどね。

とゆうことでオークス馬ミッキークイーンは過度の人気を集める事は確定です。
差のない人気が前哨戦ローズSでオークス馬を一蹴した上がり馬タッチグスピーチです。
ローズSは阪神外回り1800m、秋華賞は京都内回り2000m、もとめられる資質も違えば馬体も異なる舞台に変化することがこのレースの肝ですね。そうは言っても同世代G1は古馬G1と異なり適性スペシャリスト頂上決戦と言うよりは素材才能頂上決戦の側面があるので適性ダウンでも馬体偏差値が高ければ通用する可能性は高く、いずれにしても馬体の見極めが重要な一戦となりそうです。でも昨日の京都大賞典もいくらドスロ―とは言えありえない上がり出てましたので、スローに流れたら後ろからの差し追込みはかなりキツイ筈です。京都競馬場も開催前に芝馬場のクッション性確保のためエアレーション作業を実施とのことでしたが、まったく去年の京都と変らない異常な芝です。各競馬場個性があるのは良いことですがもうチョイなんとかなりませんかね〜
恐るべし京都の高速芝!!、ベルーフ大丈夫ですかね?  
でも今走秋華賞は内回りなので過去10年を紐解いてみても
前半1000m通過が58秒台の年が6回、59秒台が2回、60秒台1回、62秒台1回と
概ね流れている印象です。例年通りなら前半1000m通過が58~59秒辺りで一回12秒台にラップが落ちる一息入ってからのラスト800mの11秒台連発って印象ですけど、本番はどうなることやら(笑)。

それでは有力馬の馬体をチェックしてみましょう。

グリグリの1番人気が確定のオークス馬
ミッキークイーン
うーん春先はガリってる事多くて残念でしたがオークス当日のパドックはフックラしててバッチグーでしたし、今秋もフックラ感をキープしてますし、これが調教もバリバリできてのフックラ感であれば最高です、馬体からは京都内回り問題なく思えます。後ろからじゃないとダメって風には見えないのでスタートが下手なんでしょうね。
運動神経抜群を感じさせる絶妙のバランス、手脚は軽さがあり管幹はシッカリしてます、特徴は大きな胸肺と首差しですね。欲を言えばトモがもっと容量あれば牡のG1馬ともガチンコで渡り合えるんですが、現状は自分のリズムで差す競馬ならって所でしょうか。胸前の感じからはキレ勝負もイケそうですがやっぱり十八番はスタミナを求められる底力の決め手勝負がいいタイプですかね。長くいい足使えますし馬体からは捲れる器用さも感じられます。よっぽどスタート置かれるとかスローのキレ瞬発力勝負にならなければノープロブレムですね(笑)。

レッツゴードンキ
桜花賞ほどのドスローでなくても折合っての瞬発力勝負でしたら2冠の可能性は十分ありえますね。
京都2000でドスローにはなりにくいのでその辺りの展開なんでしょうが有力馬の1頭である事には間違いありません。


タッチングスピーチ
うーんいいお馬ちゃんなんですけど正直G1勝つ名牝には見えないんですよね~
特化したパーツがないとゆうかあまり凄味を感じない馬体です。まぁだからローズS外すんですけど(泣)。斬る要素も特にないけど重い印も・・・って感じです。まぁでも女子はその時その時で化けますから、第1印象で決めると痛い目に合うってのがこれまでの恋愛経験で分かっています(なんのこっちゃ 笑)。冗談はさておきこのお馬ちゃんの馬体を生でジックリ見たことがない(正確には見ている筈なんですが印象にない)ので1枚の写真で全てを決めると危険ですのでトレセンリポートでよくよく生の馬体を吟味しての最終ジャッジですかね。


最後に注目馬を
今走メンバーで京都で買わないでどうすんのと思わせる馬体のお馬ちゃんがいます。
そうは言っても外回りがベストですし、レースでも後ろからの競馬が多いので内回りの2000mがどう出るかって所です。印は枠順等が出てからのファィナルアンサーになりますが、何頭かいる★候補の1頭ではあります。

そんなお馬ちゃんの名前は↓

競馬・パドック理論 ブログランキングへ





それでは週末にお会いしましょう~

お手数ですが応援クリックもお願いいたします。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ
にほんブログ村



投資ギャンブル ブログサイトランキング
競馬 ブログランキング




テーマ : 今週の重賞レース展望
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 1000

紹介文:馬体からのコース適正(馬場)・距離適性・馬体のポテンシャル(馬体偏差値)を含む総合点を加味して出走各馬の横の比較をして予想します。基本重賞予想のみの前日配信。 ※暫らく当日のパドック配信(別サイト・パドック推奨版)主体に行きますので前日配信は休止します(H29・4月現在)

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

パドック推奨版
パドック推奨馬を当日のパドック周回1周目以降にUPします。 基本2場開催等、時間的余裕のある時に1日数レースUPする予定です。 記事ごとの販売です。詳細は以下をクリック
購入する!
プロフィール

Lyphard

Author:Lyphard
競馬歴20年オーヴァー。
血統に始まりスピード指数・ラップ理論・出目・騎手・厩舎と無駄な筋肉(脂肪?)がつけばつくほど競馬上手(ホンマかいな)の馬券下手となり、全てを捨てて馬体に辿り着きました。馬体で買うようになり、血統やラップが後付けでリンクしてくることになるほどねと競馬の奥深さを感じています。
馬体の良し悪しが選別できても真に馬体が見えているとは言えません。適性を理解してこその馬体です。誰もが分かる好馬体は成績安定・人気上位が多く敢えて馬体で選ばなくとも買えるし買われます。誰もが分かるファクターを以て人の優位にはたてません。馬体ポテンシャルは重要ではありますが人気の盲点にはなりにくく、馬体からくる適性を理解してこそ、適正が弱い危険な人気馬、適正ある人気薄コース巧者を見つけることができ人の優位に立てるのです。ポテンシャルや適正はその馬本来が持つ素材であり、調整等の体調は旬かどうかの状態です。素材と状態を混同してはいけません。適正あっても状態悪ければ斬ることあっても、その逆の適性ないのに状態良くても買う事はありません。状態は大事ではありますが補足及び最後の味付け的ポジションであり、最も重要なベースとなる核はポテンシャルと適正です。

※ブログ内の印の表記はカテゴリ内の印の見方を参照して下さい。

2017年 的中重賞
中山金杯
京都金杯
京成杯
日経新春杯
シルクロードS
京都牝馬S
小倉大賞典
フェブラリ―S
アーリントンC
阪神大賞典
マーチS
桜花賞
アンタレスS
皐月賞
NHKマイルC

人気ブログランキング
カテゴリ
最新記事
馬体を知るには
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
広告
馬体を知るには
馬場を知るには
個人的お薦め
Twitter
Twitterでもつぶやいてます パドック競馬予想 @paddock_batai          フォローはこちらから
フリーエリア
検索フォーム
レース結果記事一覧
馬体論記事一覧
ゴルフのお供に
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント
フリーエリア
個人的お薦め
フリーエリア
蹄の病気を知るには
フリーエリア