天皇賞秋 馬体展望

先週とうって変わって負けた週の月曜日に飲むコーヒーの苦いこと苦いこと(笑)。
まぁ昨日の敗北は素直に受け止め今後の糧にしたいと思います。
昨日のキタサンブラック菊花賞制覇後の北島三郎さんの生歌披露、最高でしたね!
王者ドゥラメンテ故障のスター不在の菊花賞でしたが、とびっきりの大物が隠れていましたね(笑)。
まぁなんにせよ競馬界にとっては素晴らしい1日でした、
やはり持つべきものを持った人は強い!
敗北は素直に悔しいですが何故だか負けたのに清々しい気持ちです。
とゆうことで今週も競馬を盛り上げていきましょう~

今週は秋の天皇賞G1です。
天皇賞は国民の義務である
私の師匠でもある馬主さんのお言葉をですが、深いですね~
とゆうことで、
今週は国民の義務である天皇賞ですから普段競馬をやらないなんて方も参加しないといけませんよ~



それでは1週前photo で馬体を見ていきましょう。
2000mがベストでない馬、2000ベストでも東京がベストでない馬等、正直東京2000m頂上決戦にしては府中2000バッチ来いのお馬ちゃんが揃ったとはいえないメンツです。やはりこのメンバーにキズナ・エピファネイア・トーホウジャッカルの名前がないのは寂しい限りです。ジェンティルドンナ引退撤回して秋天だけでも出ませんか?なんて冗談も言いたくなる程の正直小粒なメンバーが揃った感は否めません。裏を返せば皆にチャンスがある難解な1戦です。まぁそうは言っても皐月賞馬・ダービー馬・去年の秋天馬、今年の宝塚記念馬等G1馬もいますので豪華ちゃ豪華なんですけど。

スピルバーグ
ご存知去年の秋天勝馬で東京御用達・走るディープ産駒のお手本のような馬体
正直今メンバーG1馬の中では東京2000mベストって言えるのはスピルバーグくらいで、後は多かれ少なかれ付け入る隙がある舞台に思えます。じゃあスピルバーグのV2濃厚かと言えば、うーん正直1週前photo を見る限り叩いてグンと良くなったって感じでもない様な、なんかこじんまりとしてきたような。もっとスケール感あるギャング系の印象だったんですけど、まあ写真の角度等も良くないし、元々馬体に変化のないお馬ちゃんですのでいつもと変わらないと言えば変わらなくも見えますし、週中のトレセンリポートで馬体をよくよくチェックしてのファイナルアンサーとしたいかなと。

エイシンヒカリ
東京京都御用達で、逃げなきゃいけない馬体ではなく、ミッキーアイル同様気性の問題で逃げてはいるが、本来差せるし、差した方がよりいい馬体。トモ胸前等スケール感でバリバリのG1馬に劣るのである程度スピードを生かしての差しでないと微妙であると毎日王冠で評しましたが、前走は馬体の良さを引き出すお手本のようなスローに近い逃げで直線の差し比べを制しました。豊ちゃんの流石の好騎乗もありエイシンヒカリの良さが120%出た前走ですが、本番秋天でも同じ戦法が通用するのかどうかにかかっています。是が非でもとハナを主張しそうな相手もいないですし、エイシン的にはレースの組立ては楽ではないでしょうか? そうは言っても引出し少ない不器用なタイプでもあり今走も毎日王冠同様スローに近い逃げで直線ギアチェンジを経ての11秒台連続の凌ぎあいと作戦的にはバレバレかなと。逃げ馬を潰すのは難しい話ではなく、直線入る前に早めに仕掛けて潰してしまえばいいんですが、2頭立ての競馬ならそのスタイルでもいいのでしょうが、早めに潰せば仕掛けが早いぶん自分にもツケが回ってきて最後苦しくなって後ろの餌食となるリスクもあります。まぁ1人気を背負うバリバリのG1馬であれば前を潰して後ろも凌ぎきると言った王道競馬をする義務はあります、仮に最後差されたとしても私はイイもの見せてもらったと大興奮で拍手をしますし、それがG1に相応しい競馬でもあり15万人の大観衆は魅了されると思いますがね・・・。
馬体的に本番は厳しいかなと当初思っていましたが、今走メンバーを見渡してもバリバリの猛者が少ないので、エイシンヒカリには千載一遇のチャンスが巡ってきた気がします
前走は前哨戦で余裕残しでもありキレ負けしたけど今度は中身が違うと鼻息荒い差し追込み陣営多いですが、エイシンヒカリを舐めちゃイケマセンよ、直線のみで差そうなんて甘い競馬じゃG1は見えてきませんよ~。頂点目指す気なら自分の競馬を捨ててでもガッツリ仕掛けて勝負して下さいね。馬体からはサイレンススズカと違い正攻法で受けて立つ程の圧倒的な強さは感じませんので単勝ドントこいとは言えませんが、
前走同様プレッシャーを受けない逃げであれば面白い1頭と言えます。
簡単には止まらないと思います、東京・京都御用達の差してこその馬体ですから。

ペルーサ
4年前の秋天メンバーが今走メンバーであれば勝てたでしょう。若かりし頃の馬体はピカ1で今走メンバーでは太刀打ちできないスケール感に凄味がありました。でもペルーサもG1級と言われ続けてはや8歳。寄る年波には勝てないのか馬体は以前のピーク時に比べると落ちます。加齢からか暴飲暴食の内蔵脂肪からか(んな訳ないか)さすがにオヤジ体型になってしまいました。最後に一花咲かせる事ができるのか? オヤジ体系バリバリのおっさん代表の私としては頑張ってもらいたい1頭です。

ラブリーディ
前走京都大賞典で見せた58㎏を背負っての32秒3の上りは宝塚記念ゴールドシップ大出遅れの恩賞を受けたフロック疑惑を完全に黙らせる圧巻の走りで、まさにG1馬のそれでした。あの走りを見せられたら1人気はこの馬で確定ですね。
深い胸前に太く逞しい首に圧倒的な筋肉量、でも少しも重苦しさがなく馬体のスケール感や凄味はこのメンバーに入ってもトップクラスで流石G1馬と言ったところでしょう。
キンカメ産駒らしい雄大な馬体です。同じキンカメ産駒でもドゥラメンテのような馬体は珍しく、総じてラブリーデイの様な大づくりな馬体がいわゆる大雑把に見たキンカメ産駒に多い馬体です。瞬発力は前走で見せた様に圧倒的な筋肉量からも目を見張るものがあります。が、しかし、東京の様な長い直線でどうなんでしょう?馬体からは瞬発力型の特性が出ていますので展開や乗り方次第では最後差される可能性も否定できません。まぁでも馬体スケールは抜けていますので、バリバリの東京御用達のG1馬とのタイマン以外はいけそうな気がしますが。いずれにしてもグリグリの1番人気確定のお馬ちゃんですし配当考えても印等は週末までの宿題とさせていただきます。


それでは最後に注目馬を1頭挙げてお別れです。
うーん、調教ばっちりやってるんですが陣営のトーンは一向に上がって来ません。
1週前photo を見る限り、休み明けのフックラ感を纏いかなり良い感じで★候補にしたいんですけど、
あまりにコメントがネガティブなんでどうなんでしょう?って感じです。
まぁいずれにしても週末までの宿題ですかね
そんなお馬ちゃんの名前は↓

競馬・パドック理論 ブログランキングへ





応援クリックもお願いいたします。


にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ
にほんブログ村







投資ギャンブル ブログサイトランキング
競馬 ブログランキング





それでは週末にお会いしましょう~



テーマ : 今週の重賞レース展望
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 1000

紹介文:馬体からのコース適正(馬場)・距離適性・馬体のポテンシャル(馬体偏差値)を含む総合点を加味して出走各馬の横の比較をして予想します。基本重賞予想のみの前日配信。 ※暫らく当日のパドック配信(別サイト・パドック推奨版)主体に行きますので前日配信は休止します(H29・4月現在)

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

パドック推奨版
パドック推奨馬を当日のパドック周回1周目以降にUPします。 基本2場開催等、時間的余裕のある時に1日数レースUPする予定です。 記事ごとの販売です。詳細は以下をクリック
購入する!
プロフィール

Lyphard

Author:Lyphard
競馬歴20年オーヴァー。
血統に始まりスピード指数・ラップ理論・出目・騎手・厩舎と無駄な筋肉(脂肪?)がつけばつくほど競馬上手(ホンマかいな)の馬券下手となり、全てを捨てて馬体に辿り着きました。馬体で買うようになり、血統やラップが後付けでリンクしてくることになるほどねと競馬の奥深さを感じています。
馬体の良し悪しが選別できても真に馬体が見えているとは言えません。適性を理解してこその馬体です。誰もが分かる好馬体は成績安定・人気上位が多く敢えて馬体で選ばなくとも買えるし買われます。誰もが分かるファクターを以て人の優位にはたてません。馬体ポテンシャルは重要ではありますが人気の盲点にはなりにくく、馬体からくる適性を理解してこそ、適正が弱い危険な人気馬、適正ある人気薄コース巧者を見つけることができ人の優位に立てるのです。ポテンシャルや適正はその馬本来が持つ素材であり、調整等の体調は旬かどうかの状態です。素材と状態を混同してはいけません。適正あっても状態悪ければ斬ることあっても、その逆の適性ないのに状態良くても買う事はありません。状態は大事ではありますが補足及び最後の味付け的ポジションであり、最も重要なベースとなる核はポテンシャルと適正です。

※ブログ内の印の表記はカテゴリ内の印の見方を参照して下さい。

2017年 的中重賞
中山金杯
京都金杯
京成杯
日経新春杯
シルクロードS
京都牝馬S
小倉大賞典
フェブラリ―S
アーリントンC
阪神大賞典
マーチS
桜花賞
アンタレスS
皐月賞
NHKマイルC
オークス
ダービー
エプソムC
ユニコーンS
函館SS
CBC賞
函館記念
函館2歳S
クイーンS
アイビスSD
レパードS
エルムS
札幌記念

Twitter
Twitterでもつぶやいてます パドック競馬予想 @paddock_batai          フォローはこちらから
カテゴリ
人気ブログランキング
最新記事
馬体を知るには
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
広告
馬体を知るには
馬場を知るには
個人的お薦め
フリーエリア
検索フォーム
レース結果記事一覧
馬体論記事一覧
ゴルフのお供に
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント
フリーエリア
個人的お薦め
フリーエリア
蹄の病気を知るには
フリーエリア