FC2ブログ

エリザベス女王杯 馬体展望

今週は古馬牝馬頂上決戦エリザベス女王杯です。
エリザベス女王杯は今でこそ古馬牝馬、3才牝馬の混合G1ですがかつては3才牝馬3冠最後の砦としてエリザベス女王杯が大きく険しくそびえ立っていました。距離も現在の2200mではなく2400mのクラシックディタンスと、最後の砦はえらくタフで難解なものとして多くの名馬を蹴散らしてきました。
桜花賞1600・オークス2400・エリザベス女王杯2400の3冠を制した牝馬は只1頭、
そうです偉大なる牝馬メジロラモーヌだけなんです~。
但し、幻の3冠馬はいます。そうです
マル外牝馬の元祖女傑ヒシアマゾンです。
エアグルーブ・ウオッカ・ダイワスカーレット・ブエナビスタと牡馬をも蹴散らす最強牝馬は近年大豊作ですが、その元祖と言えるのがヒシアマゾンです。幻の3冠馬と言ったのも当時の外国産馬に桜花賞・オークスのクラシック競争への出走は許されていませんでした。現在のジュベナイルFに当たる阪神3才牝馬SG1をレコードで制したヒシアマゾンですら当時のルールを変えることはできませんでした。そんな春のストレスを爆発するかのように重賞5連勝でエリザベス女王杯のトライアル重賞ローズSを制します。
そうですエリザベス女王杯は出走可能だったんです!
まぁ冠名からもマル外締め出したら女王陛下が黙っていませんよね(笑)。
いやぁ今思い返してもオークス馬チョウカイキャロルとの一騎打ちは大いに盛り上がりましたね~。
その後有馬記念でナリタブライアンには負けはしましたが3才牝馬で2着ですから痺れます。
明け4歳となってもオールカマー、京都大賞典と牡馬を蹴散らしジャパンカップでは堂々の日本代表として2着です。
今でこそ牝馬が活躍するのが当たり前の時代になりましたが当時は物凄いインパクトでした。そのヒシアマゾンが有馬記念・安田記念と惨敗してもう終わったんじゃないかと世間が囁く中で4か月ぶりにブッツケで出てきたのが2200mに変わった新設エリザベス女王杯です。ええ、終わった説のおかげで5人気とおいしい配当でしたが私はヒシアマゾンの復活を信じてダンスパートナーとの1点勝負で厚くいった記憶があります。結果はご存知の通りダンスパートナーとの直線叩きあい、敗れはしましたがいいもん見れたと興奮MAXだったんですけどね・・・・。ええ、まさかまさかの進路妨害で降着、それ以降エリザベス女王杯はまったく当たらなくなります。その中にはカワカミプリンセスの1着→12着降着と再度の悲劇もあり、ヒシアマゾンの呪いと命名する事となります。

まぁ今のルールなら両方ともセーフで懐は潤っていたんですけどね~。
でもあの2つのG1降着は非社台・社台の息のかからないマイナー騎手の悲劇で歪なJRA村社会の構造とも言える競馬ファンを蔑にする最低な事件です。ファンあってのJRAでしょ、一部の権力者の肩以ってどうすんのっちゅー問題です。ビックアーサーのスプリンターズS除外問題も真偽の程は分かりませんが福島記念出てくんの?あのローテ選ぶなら普通マイル路線じゃないの?とまぁ何処を使うのも自由なんですけどビックアーサーのG1での走りを見たかった私としてはだから最初から無理って分かっててチャレンジすんなよ、チャレンジなら1200G2・G3でやれよ、そもそも役者が違うだろと空気読めよとディスりたくもなります。

いつもの悪い癖ですっかり話が脱線してしまいましたね(笑)。

まあそんなヒシアマゾンの呪いも去年の久々エリザベス女王杯勝利で解けたのかなと、
ホッと胸を撫で下ろしていますが気を緩めて獲れる簡単なG1はありませんので今週も真剣に取り組みたいと思います。




それでは1恒例の重賞馬体展望
1週前photo を見ていきましょう~

ラキシス
相変わらずの好馬体。ご存知京都御用達の馬体です。懸念はいつもガリってパドックの点数が低いことです。牝馬に割と多いんですけど内面に問題があり輸送や追い切りでエネルギーを消耗しやすいデリケートさや気難しさがあります。前走の豊ちゃんのコメントにも気性の難しさがあると指摘されていましたが今走は名手ムーアを配してきました。ただ牝馬で年取ってから出て来る気性難は結構やっかいな印象なんですよね。まぁ先天性の気性難でなく何か理由があっての気性難ならいいのですが、体のどこかに痛みがあったりとか体調悪くてとかでレースで気性難を出してるなら改善の余地はあるんですが・・・。普通に調整できて輸送もクリアして、リラックスしてレースに挑めれば負けるはずのないポテンシャルです。京都外回り2200で牝馬限定戦で負けちゃいけない馬体です。
まぁ陣営の調整&ムーアの手綱捌きに注目ですね。
但し、グリグリ1人気確定ですから印を含めてよくよく吟味しないといけないお馬ちゃんです。週末までの宿題とさせて頂きます。

ルージュバック
オークス以来の休み明けでブッツケG1とハードルは高いですが、まあ休み明けの多少の緩さはあるけど相変わらずの好バランスですね。トモの形・容量・面積はこのメンバーに入っても大きな武器となります。レッドデザィア以上ウオッカ未満と過去の寸評でレッドデザィア関係者の方ルージュバック関係者の方には随分失礼な事を言ってしまい御免なちゃい(反省してないだろって? そんな事はありませんよ~)。まぁ良いお馬ちゃんに変わりはなくG1にも手の届く馬体なんですが、凄味スケール感で過去の名馬と比較すると弱いかなぁと、これを叩いてグンと良くなる余地は残してます現状で言えばレッドデザィアの方が数段強いかな~。


最後に1頭注目馬を
元々3才の頃からマイ注目馬登録していたお馬ちゃんで馬体はグットルッキングです。
細かい部分でクセがある馬体で京都の2200外回りでどうかなとも思います。でも今週の1週前photo はいいですね~。リファ―ルの良さが存分に出ていて、リファ―ル特有の筋肉量の多さからくる重苦しくなりがちな部分もなく適度に軽さがあり、手足・管幹含めていいんじゃないですか? まぁあとは京都がダメって事ではないんですが京都が庭の京都巧者が何頭か登録しているので適性の部分では負けるのですが、最後は馬体総合点での戦いとなりどこまで上位に来るかと言ったところでしょう。
印を含めて週末までの宿題とさせて頂きます。
そんなお馬ちゃんの名前は↓

競馬・パドック理論 ブログランキングへ




それでは週末にお会いしましょう~

応援クリックもお願い致します~

にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ
にほんブログ村





投資ギャンブル ブログサイトランキング
競馬 ブログランキング



テーマ : 今週の重賞レース展望
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 2000

紹介文:馬体からのコース適正(馬場)・距離適性・馬体のポテンシャル(馬体偏差値)を含む総合点を加味して出走各馬の横の比較をして軸推奨・穴推奨を発表します。重賞予想のみの前日配信。 当日のパドック配信は別サイト・パドック推奨版にてランダムに配信します。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

パドック推奨版
パドック推奨馬を当日のパドック周回1周目以降にUPします。 基本2場開催等、時間的余裕のある時に1日数レースUPする予定です。 記事ごとの販売です。詳細は以下をクリック
購入する!
プロフィール

Lyphard

Author:Lyphard
競馬歴20年オーヴァー。
血統に始まりスピード指数・ラップ理論・出目・騎手・厩舎と無駄な筋肉(脂肪?)がつけばつくほど競馬上手(ホンマかいな)の馬券下手となり、全てを捨てて馬体に辿り着きました。馬体で買うようになり、血統やラップが後付けでリンクしてくることになるほどねと競馬の奥深さを感じています。
馬体の良し悪しが選別できても真に馬体が見えているとは言えません。適性を理解してこその馬体です。誰もが分かる好馬体は成績安定・人気上位が多く敢えて馬体で選ばなくとも買えるし買われます。誰もが分かるファクターを以て人の優位にはたてません。馬体ポテンシャルは重要ではありますが人気の盲点にはなりにくく、馬体からくる適性を理解してこそ、適正が弱い危険な人気馬、適正ある人気薄コース巧者を見つけることができ人の優位に立てます。ポテンシャルや適正はその馬本来が持つ素材であり、調整等の体調は旬かどうかの状態です。素材と状態を混同してはいけません。適正あっても状態悪ければ斬ることあっても、その逆の適性ないのに状態良くても買う事はありません。状態は大事ではありますが補足及び最後の味付け的ポジションであり、最も重要なベースとなる核はポテンシャルと適正です。

※ブログ内の印の表記はカテゴリ内の印の見方を参照して下さい。
※個々の馬体の適性やそこに至るロジックを知りたい方は前日馬体推奨をお勧めします。

別サイト(パドック推奨版)
2020年 的中重賞

中山金杯
シンザン記念
愛知杯
京成杯
東海S
AJCC
川崎記念
根岸S
きさらぎ賞
東京新聞杯
クイーンC
京都記念
小倉記念
フェブラリーS
中山記念
オーシャンS
チューリップ賞
弥生賞
フアルコンS
Fレビュー
金鯱賞

Twitter
Twitterでもつぶやいてます パドック競馬予想 @paddock_batai          フォローはこちらから
カテゴリ
最新記事
人気ブログランキング
馬体を知るには
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
広告
馬体を知るには
馬場を知るには
個人的お薦め
検索フォーム
レース結果記事一覧
馬体論記事一覧
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント
個人的お薦め
蹄の病気を知るには