マイルCS 馬体展望

今週のG1はマイルの頂上決戦マイルCSです~。
秋のG1の中ではこのマイルCSは結構相性の悪いG1です。のっけからネガティブ発言ですが、去年はそんな相性の悪さを払拭するかのようにフィエロとダノンシャーク1点で快心のホームランを打つことが出来、うーん10回の凡打より1度のホームランで苦手意識は綺麗に払拭されます(笑)。そんな事で今週は意外といいイメージでいけそうです(エリザベスも去年久々に勝てていいイメージでしたが負けましたね 笑)。気になる週末の天気も今のところ晴れですからテンション落ちてません。まぁそうは言ってもこの時期の過去レースを振り返るとエリザベスやマイルCSって意外と雨にたたられている事多いので前日までは安心はできませんが。
しかし、登録馬を見ているだけで難解さが滲み出ていますね~。
今年の秋天は府中の2000適性バッチリのお馬ちゃんが少なく難解な1戦と言いましたが、マイルCSは逆に適正バッチグーのお馬ちゃんだらけの難解な1戦ですね。同じ難解ならどっちがいいんでしょう?いずれにしても強いお馬ちゃんは何頭かいますが完全なる王者は不在と見ます(春のマイル王のモーリスぶっつけですしね)、どの馬が勝っても不思議ではない混戦模様ですね。まぁマイルはスペシャリストも多いんですが、意外と短距離・中距離馬の参戦も多く、G1級であればそうそう適正ダウンになりにくく意外と潰しの利くカテゴリーと言えます。そうは言っても安田記念なら中距離馬の底力ギャング系でもいけますが京都は淀の上り下りを苦にしたりとかスピード面でマイナスポイントあるようだとチト苦しい筈です。逆に短距離G1級なんかは安田のガチンコよりは京都の方がチャンスは出る筈です。結局は展開やメンバー次第ってことなんですけどね(笑)。

それでは1週前photo をチェックしていきましょう~

イスラボニータ
毎日王冠で頭指名で3着も秋天は人気で飛んでマイルCSを4,5人気辺りで快勝しましょうと読んでの自信のキリで玉砕と、正直イスラちゃんとの相性の悪さが気になります。
まぁでもお馬ちゃんは中2週ですが叩き3戦目で一番いい状態になってる様に見えます。
太く逞しい首に筋肉量豊富な団子ボディなのに少しも重苦しくなく柔らか味全開です。まぁ細部でマイルとは言えガチンコG1やればマイナスポイントも若干ありますがミドルくらいのスピード勝負の京都マイルは機動力&スピードが武器のこの馬には望むところです。秋天がミドル以上の底力決戦になると踏んで展開読み違いのスローと、マイルCSも意外と展開読み違えるかもしれません。普通に考えれば当初の予定通り軸候補なんですがギャンブルの帝石で言えば何か違う気もします。まぁ予想以上に骨っぽいメンツ揃ったので1人気でどんと来いとは中々言いずらいかなと、読み通りに秋天飛んでくれてたら多少は人気下がり勝負しやすかったんですが。馬体全然関係ないですね(笑)。


モーリス
本来ならグリグリの1人気で挑戦を受ける立場の安田記念の覇者。東京御用達の堀厩舎は
毎日王冠→秋天ローテが本命だった筈ですよね? どちらにしても調整遅れで毎日王冠パスしてのぶっつけG1がどうでますか。写真を見る限り緩くもないし適度にフックラ感があるのは休み明けってことでしょうが、少しも落ちてない様見えます。胸前のスケール感や幅広のトモ等G1馬の風格は出ています。但し、首の長さや胴の長さ等の若干のスケール感で凄味が無く過去のG1馬と比較すると弱いんですよね~。この辺りを軽く見て安田は惨敗する訳なんですが・・・。

クラリティスカイ
基本東京のスロー~ミドル辺りがいいので京都のマイルが微妙な気もしますが、
首差しから胸前のラインやトモの形や容量はこのメンバーに入っても武器になりますね。好位差しですが溜めたら意外といい脚使えそうですが・。マジシャン横典先生の腕の見せ所ですかね。



最後にもう1頭
京都でディープ産駒を買わなきゃ火傷しますよとゆうくらいの庭ですが、ディープ産駒6頭登録する中で1番京都適性が高いのがこの馬です。でも意外や意外京都は1戦のみなんですね。ワールドエースは京都で戦うには胸前が気に入らなかったですがこの馬はノープロブレムですね。でも重箱の隅を突けば写真で見ると首が若干気になります、でも実物映像で見る限りは問題ないかなと。まぁそうは言ってもこの馬も過去の名馬と比較すると問答無用でバッチ来いと言うには怖さはあります。今走マイルCSは意外と伏兵多く侮れないメンツ揃っているので人気馬ですし取扱い要注意で週末までの宿題とさせてい頂きます。
そんなお馬ちゃんの名前は

競馬・パドック理論 ブログランキングへ





最後にマイルCSと言えばこの馬達でしょう~
タイキシャトル
デュランダル






応援クリックお願い致します

にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ
にほんブログ村




投資ギャンブル ブログサイトランキング
競馬 ブログランキング



それでは週末にお会いしましょう~




コメントの投稿

非公開コメント

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 1000

紹介文:馬体からのコース適正(馬場)・距離適性・馬体のポテンシャル(馬体偏差値)を含む総合点を加味して出走各馬の横の比較をして予想します。基本重賞予想のみの前日配信。 ※暫らく当日のパドック配信(別サイト・パドック推奨版)主体に行きますので前日配信は休止します(H29・4月現在)

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

パドック推奨版
パドック推奨馬を当日のパドック周回1周目以降にUPします。 基本2場開催等、時間的余裕のある時に1日数レースUPする予定です。 記事ごとの販売です。詳細は以下をクリック
購入する!
プロフィール

Lyphard

Author:Lyphard
競馬歴20年オーヴァー。
血統に始まりスピード指数・ラップ理論・出目・騎手・厩舎と無駄な筋肉(脂肪?)がつけばつくほど競馬上手(ホンマかいな)の馬券下手となり、全てを捨てて馬体に辿り着きました。馬体で買うようになり、血統やラップが後付けでリンクしてくることになるほどねと競馬の奥深さを感じています。
馬体の良し悪しが選別できても真に馬体が見えているとは言えません。適性を理解してこその馬体です。誰もが分かる好馬体は成績安定・人気上位が多く敢えて馬体で選ばなくとも買えるし買われます。誰もが分かるファクターを以て人の優位にはたてません。馬体ポテンシャルは重要ではありますが人気の盲点にはなりにくく、馬体からくる適性を理解してこそ、適正が弱い危険な人気馬、適正ある人気薄コース巧者を見つけることができ人の優位に立てるのです。ポテンシャルや適正はその馬本来が持つ素材であり、調整等の体調は旬かどうかの状態です。素材と状態を混同してはいけません。適正あっても状態悪ければ斬ることあっても、その逆の適性ないのに状態良くても買う事はありません。状態は大事ではありますが補足及び最後の味付け的ポジションであり、最も重要なベースとなる核はポテンシャルと適正です。

※ブログ内の印の表記はカテゴリ内の印の見方を参照して下さい。

2017年 的中重賞
中山金杯
京都金杯
京成杯
日経新春杯
シルクロードS
京都牝馬S
小倉大賞典
フェブラリ―S
アーリントンC
阪神大賞典
マーチS
桜花賞
アンタレスS
皐月賞
NHKマイルC

人気ブログランキング
カテゴリ
最新記事
馬体を知るには
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
広告
馬体を知るには
馬場を知るには
個人的お薦め
Twitter
Twitterでもつぶやいてます パドック競馬予想 @paddock_batai          フォローはこちらから
フリーエリア
検索フォーム
レース結果記事一覧
馬体論記事一覧
ゴルフのお供に
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント
フリーエリア
個人的お薦め
フリーエリア
蹄の病気を知るには
フリーエリア