フエブラリーSじゃなくて京都牝馬S 馬体展望

今週はG1・フェブラリーSが東京競馬場行われます。
今年1発目のG1とあって、今週はG1以外にも重賞目白押しの
土日で4重賞の豪華絢爛ラインナップです~!!

いや~テンション上がりますねと言いたい所ですが正直そんなに盛り上がっていません(笑)。
レースとゆうよりはメンツですよね~。おおっと思う馬がいる人にはいいメンツなんでしょうけど私のハートを揺さぶるお馬ちゃんは見当たりません。え、ベルーフベルラップが登録してるのに?とのご指摘ありがとうございますが、ええ、今の彼等では心がエレクチオンしません。1番の原因はやっぱりフェブラリーSですかね、この馬から行ったら面白そうだなと思わせるキラリと光る脇役がいないとゆうか、伏兵陣はいるにはいるのですが突出したアクのある個性が見当たらない感じです。ダイヤモンドSもこれが映画のキャストだったら間違いなく見ないメンツです。主役不在で華がないんですよね~。メンツが面白くないのに東京Dコース・ハンデ戦と脚本スタッフもイマイチで触手が湧きません。しかし、今開催東京Dコース芝は本当に見ていてつまらないレースが多いと思います、日本一広く雄大なコースで枠順位置取り大事ってどうかと思います。雨降っても内が乾くと路盤が固まり更なる内有利に拍車がかかる馬場も毎年ニャンだかなあと。どうせハンデ戦とうたうなら斤量じゃなくて内だけ芝丈5㎝くらい長くするとかのハンデが欲しいところです。1番面白そうだなと思えるのは小倉大賞典ですけど小回りローカルハンデ戦ですし面白いけど難解そうだなあと。

とゆうことで(どおゆうことですかね 笑)、
今週の馬体展望は紅一点(使い方間違えていますね 汗)、
牝馬重賞、京都牝馬S
を取り上げたいと思います。
去年は☆指名ケイアイエレガント嬢が9人気1着と気を吐くも馬体上位と評価するも心臓の病気療養明けで斬った15人気ゴールデンナンバーが2着で8人気パワースポット3着の3連単286万の大荒れ決着でした。軸だか★に指名したウリウリ・キャトルフィーユのどちらか3着に入れば3連複獲れた馬券で今思い出しても詰めの甘い予想だったなと・・・。まあ昨年は置いといて基本荒れない感じでしたがこれまでの開幕2週目辺りの施行時期が今年は京都最終週と変わる点に注目です。最後の最後まで内がいいのか、先週の不良馬場の影響も残り久々の外差し天国となるのか? 全然馬体関係ないですね(笑)。


京都1400の適性で行けば
ウリウリ
ウインプリメーラ
レッドオーヴァル

が上位も、ウリウリはどちらかと言えば内回りベストで、外回りだったらウインとレッドが上位かなあ。
しかし、3頭ともに人気が予想されますしウリウリにいたっては57㎏トップハンデと正直どのお馬ちゃんも旨味無しで頭★候補とゆうより相手筆頭候補って感じですかね。馬体の1発で言えば去年同レース2着のゴールデンナンバーやウキヨノカゼ辺りなんでしょうけどゴールデンは去年は内を突く好騎乗&展開ハマッタ感があるので安定感は欠けるかなと。まあウキヨノカゼ同様末脚が自慢の1発タイプでもあるのであくまで展開乗り方次第ってとことろでしょう。うーん難解ですね(笑)。

正直重賞クラスになると
馬体の適正のみでは馬券は当たりませんと身も蓋もない見解になります。

どうしても力関係が接近しやすいし、適性落ちてもその分ウリ(武器)を持っているお馬ちゃんも多く、仕上がり具合が最重要で、枠順展開、騎手の腕が勝敗を左右します。はぁ今週もミルコとデムーロ買ってりゃ的中できるよと嫌な声が聞こえてきますね。そんな予想でいいんですか? 的中出来ればいいんです(笑)。まあ冗談はさておき、力が拮抗した時こそ鞍上の腕がものをいうのも事実ですがその内ミルコもデムーロも全盛期の豊ちゃんみたいに常に人気で旨味もないけど斬るにはリスキーな存在となりそうです(条件戦では既にそうなっています)
人気で配当落ちても軸がしっかりしてる方が馬券は当てやすいなんて意見もあるのですが私は大反対です。天下泰平の江戸時代より戦国時代や明治維新が人気があるのはそおゆうことです。安定なんてクソ面白くないから大奥なんてエロ少女漫画みたいな世界が蔓延るんです(個人的には大奥・吉原大歓迎ですけどね 笑)。
すっかり恒例の話が脱線したところで京都牝馬の注目馬を1頭


牝馬らしい切れ味満載で爆発力も兼備の馬体で期待しております。系で言えばウリウリと同タイプでレースセンスがあり1瞬の切れ味が武器も意外と底力も兼備の馬場・距離融通性のあるオールラウンダーで路線を定めにくいタイプですが古馬になって馬体がパンとすればもう少し体の輪郭ハッキリして東京京都1400ベストの馬体になる感じがします。
そんなお馬ちゃんの名前は↓

にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ
にほんブログ村


今週は良馬場がいいですね。それでは週末にお会いしましょう~



応援クリックもお願いいたします~



競馬・パドック理論 ブログランキングへ







投資ギャンブル ブログサイトランキング
競馬 ブログランキング

テーマ : 今週の重賞レース展望
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 1000

紹介文:馬体からのコース適正(馬場)・距離適性・馬体のポテンシャル(馬体偏差値)を含む総合点を加味して出走各馬の横の比較をして予想します。基本重賞予想のみの前日配信。 ※暫らく当日のパドック配信(別サイト・パドック推奨版)主体に行きますので前日配信は休止します(H29・4月現在)

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

パドック推奨版
パドック推奨馬を当日のパドック周回1周目以降にUPします。 基本2場開催等、時間的余裕のある時に1日数レースUPする予定です。 記事ごとの販売です。詳細は以下をクリック
購入する!
プロフィール

Lyphard

Author:Lyphard
競馬歴20年オーヴァー。
血統に始まりスピード指数・ラップ理論・出目・騎手・厩舎と無駄な筋肉(脂肪?)がつけばつくほど競馬上手(ホンマかいな)の馬券下手となり、全てを捨てて馬体に辿り着きました。馬体で買うようになり、血統やラップが後付けでリンクしてくることになるほどねと競馬の奥深さを感じています。
馬体の良し悪しが選別できても真に馬体が見えているとは言えません。適性を理解してこその馬体です。誰もが分かる好馬体は成績安定・人気上位が多く敢えて馬体で選ばなくとも買えるし買われます。誰もが分かるファクターを以て人の優位にはたてません。馬体ポテンシャルは重要ではありますが人気の盲点にはなりにくく、馬体からくる適性を理解してこそ、適正が弱い危険な人気馬、適正ある人気薄コース巧者を見つけることができ人の優位に立てるのです。ポテンシャルや適正はその馬本来が持つ素材であり、調整等の体調は旬かどうかの状態です。素材と状態を混同してはいけません。適正あっても状態悪ければ斬ることあっても、その逆の適性ないのに状態良くても買う事はありません。状態は大事ではありますが補足及び最後の味付け的ポジションであり、最も重要なベースとなる核はポテンシャルと適正です。

※ブログ内の印の表記はカテゴリ内の印の見方を参照して下さい。

2017年 的中重賞
中山金杯
京都金杯
京成杯
日経新春杯
シルクロードS
京都牝馬S
小倉大賞典
フェブラリ―S
アーリントンC
阪神大賞典
マーチS
桜花賞
アンタレスS
皐月賞
NHKマイルC

人気ブログランキング
カテゴリ
最新記事
馬体を知るには
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
広告
馬体を知るには
馬場を知るには
個人的お薦め
Twitter
Twitterでもつぶやいてます パドック競馬予想 @paddock_batai          フォローはこちらから
フリーエリア
検索フォーム
レース結果記事一覧
馬体論記事一覧
ゴルフのお供に
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント
フリーエリア
個人的お薦め
フリーエリア
蹄の病気を知るには
フリーエリア