高松宮記念馬体展望

今週は春のG1シリーズのオープニングを飾る
電撃6ハロンのスプリント頂上決戦、
高松宮記念G1が中京競馬場で行われます。

中京競馬場の芝と言えば基本タフで時計の掛かる馬場で、底力の求められる舞台設定です。
基本と言ったのには訳があり、まァこれは中京競馬場に限らずG1が行われるどの競馬場にも度々起こり得る不可解な現象でG1ウイークになると馬場が様変わりします。1週間でここまで変わるかと不思議に思う程に時計が早くなることも多々あります。普段のファミレスにご飯を食べに行くのとパーティに御呼ばれするのでは自ずと恰好が違うように馬場造園家がG1ウイークを盛り上げようとおめかししてくる感じです。G1のスプリント決戦で1分9秒台じゃ恰好がつかないとでも思っているのか時計の出やすい馬場にいじる可能性があります。うーん、どうなんでしょう、時計が早い方がG1に相応しいと本気で思っているのでしょうか? まァ去年の春の天皇賞は真逆に前日に水を撒いてゴールドシップにナイスアシストをするといった例外もありましたが基本時計を速くしてきます。事実去年の中京競馬場はフアルコンSが行われた週までは時計も適度に掛かり差し追込み有利なタフな馬場でしたが翌週はガラリ1変の開幕週ばりのスピード馬場に変貌しました。もちろん展開によっては差し追込みも利くし距離が長くなればなるほど中京っぽさは復活しますが、基本先行有利な開幕週のような馬場に変貌しました。長距離なら芝をカットしたとしても中京独特の芝がじわじわボディブローのように効いてくるのでしょうが1200の距離でバリバリのG1オープン馬が走ればそう簡単に前は止まりません。このイメージは頭では分かっていてもそれまでの差し追込みのイメージや前日当日の未勝利500万クラスで差し追込み決着とか見ちゃうともう最悪です。ダメだって分かっていても中京=ズブズブ差し追込みの神話を捨てきれません。もちろん展開等では0ではないので相手や抑えには必要なんですが軸にするにはちと危険です。
まァ馬場の推移はG1に限らず毎週毎時間刻々と変化するものなので馬場を見誤る方に責任があるのですが・・・・。
去年の中京は暮れの開催が3週Aコースで年明け開催が2週Bコースで3/14~3/29の開催が3週Aコースで行われたにのに対して今年は同じように暮れに3週Aコース、年明け2週がBコース、3月の開催も先週まではAコースで行われた所までは一緒です。
でも今年は大きな変化があります。
な、なんと、最終週だけBコースなんですよね~。
まいりましたね(笑)。
先週までは内がかなり悪くなってるとの騎手の談話も有りましたがBコース変り+G1仕様の芝刈り&ローラー等の仕上げはあるのか?等々最終ジャッチは土曜の芝を見ての判断となりそうです。馬体の前に馬場の見極めが最重要事項となります。
馬場が変われば適性馬体も変わるとゆう、ごくごくあたり前田の利家さんです。
スピード重視の馬場なのか、時計の掛かるタフな馬場なのか、先行有利か、差し追込み有利か、内がいいのか外が伸びるのか、それ等を見極めないと予想もへったくれもないって事です。

とゆうわけで今週の馬体展望、注目馬は先週までの時計の掛かるタフな底力勝負の馬場ならブッタ斬る予定のお馬ちゃんでしたが、軽いスピード重視の芝なら1変して★候補までありえる再浮上のお馬ちゃんをご紹介いたします。

基本シルエットは東京持久力型の典型馬体で長くいい脚のイメージで東京新潟辺りの長い直線で突抜けるイメージで本命にしがちですが意外と凡走します。何故なら、よくよく馬体を見るとパット見幅広雄大に見えるトモも見せブラのようで実際の筋肉量は少なく、お尻も下がった角度と相まってパット見のイメージと違い使える脚は短く、東京新潟よりは小回り瞬発力戦の方が遥かに向く馬体です。使える脚は一瞬ですがカミソリのような極上の切れ味があり、先週までのタフな中京芝なら適性外ですが、スピード重視の高速馬場に変貌するのなら警戒が必要な1頭となります。細部は異なるけど大きな系で言えばウリウリも同タイプです。
そんなお馬ちゃんの名前は↓

競馬・パドック理論 ブログランキングへ

それでは週末にお逢いしましょう~


応援クリックもお願いいたします~


にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ
にほんブログ村






投資ギャンブル ブログサイトランキング
競馬 ブログランキング




テーマ : 今週の重賞レース展望
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 1000

紹介文:馬体からのコース適正(馬場)・距離適性・馬体のポテンシャル(馬体偏差値)を含む総合点を加味して出走各馬の横の比較をして予想します。基本重賞予想のみの前日配信。 ※暫らく当日のパドック配信(別サイト・パドック推奨版)主体に行きますので前日配信は休止します(H29・4月現在)

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

パドック推奨版
パドック推奨馬を当日のパドック周回1周目以降にUPします。 基本2場開催等、時間的余裕のある時に1日数レースUPする予定です。 記事ごとの販売です。詳細は以下をクリック
購入する!
プロフィール

Lyphard

Author:Lyphard
競馬歴20年オーヴァー。
血統に始まりスピード指数・ラップ理論・出目・騎手・厩舎と無駄な筋肉(脂肪?)がつけばつくほど競馬上手(ホンマかいな)の馬券下手となり、全てを捨てて馬体に辿り着きました。馬体で買うようになり、血統やラップが後付けでリンクしてくることになるほどねと競馬の奥深さを感じています。
馬体の良し悪しが選別できても真に馬体が見えているとは言えません。適性を理解してこその馬体です。誰もが分かる好馬体は成績安定・人気上位が多く敢えて馬体で選ばなくとも買えるし買われます。誰もが分かるファクターを以て人の優位にはたてません。馬体ポテンシャルは重要ではありますが人気の盲点にはなりにくく、馬体からくる適性を理解してこそ、適正が弱い危険な人気馬、適正ある人気薄コース巧者を見つけることができ人の優位に立てるのです。ポテンシャルや適正はその馬本来が持つ素材であり、調整等の体調は旬かどうかの状態です。素材と状態を混同してはいけません。適正あっても状態悪ければ斬ることあっても、その逆の適性ないのに状態良くても買う事はありません。状態は大事ではありますが補足及び最後の味付け的ポジションであり、最も重要なベースとなる核はポテンシャルと適正です。

※ブログ内の印の表記はカテゴリ内の印の見方を参照して下さい。

2017年 的中重賞
中山金杯
京都金杯
京成杯
日経新春杯
シルクロードS
京都牝馬S
小倉大賞典
フェブラリ―S
アーリントンC
阪神大賞典
マーチS
桜花賞
アンタレスS
皐月賞
NHKマイルC

人気ブログランキング
カテゴリ
最新記事
馬体を知るには
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
広告
馬体を知るには
馬場を知るには
個人的お薦め
Twitter
Twitterでもつぶやいてます パドック競馬予想 @paddock_batai          フォローはこちらから
フリーエリア
検索フォーム
レース結果記事一覧
馬体論記事一覧
ゴルフのお供に
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント
フリーエリア
個人的お薦め
フリーエリア
蹄の病気を知るには
フリーエリア