ダービー馬体展望

いよいよ今週はダービーです!
どの馬が強いだの、あの馬が好きだの、10人十色、誰もが楽しめる、最高の時間の始まりです。
ダービーウイークの始まりです~。
でも、本当にワクワクできて楽しいのは今週だけなんですよね、もりあがる分だけ、、ダービー後の喪失感っていったらないです。目黒記念がまぁどうでもいい(笑)。
1年で1番もりあがる、1年で1番楽しい瞬間を楽しみましょう。



恒例の馬体展望の前に昨夜のオークスの結果及び反省から。

うーん
頭③シンハライト
ジェラシー・メジャーエンブレムの回避なくとも同馬の頭確定は揺るぎないものでした。
オッズを考えると余計に2頭の回避は痛く、相手探しの1戦です。
馬体は桜花賞で述べた様に普通に頭1頭抜けています。
首のライン太さやトモの容量等、惜しい部分もありますが、
相当高いレベルでのダメ出しです。
今年の牡馬は異常にレベルが高い年ですが、それでもダービー出ても面白いんじゃないかと思わせる程の相当の器です。
と桜花賞同様絶賛のシンハライトの勝利も、相手は難解と踏んだ通り3着ビッシュがいなければ完璧な6着までだったのにと反省です。うーんビッシュも良いお馬ちゃんですが騎手の腕&内有利のゴールデンベルトの恩恵もあったかなと全然負けを認めきれない反省猿です(笑)。
オークス予想記事&馬体評
レジぐま のページで見れるので興味ある方は覗いてみて下さい〜
いますぐクリック!
※過去の的中予想記事も見れます





それでは気を取り直してダービーの馬体展望と行きましょう。
まずは前走、戦前の3強絶対ムードを蹴散らしたニューカマー、8人気で見事、皐月賞馬の栄冠を手にしたお馬ちゃんから


ディーマジェステイ
肉厚の筋肉を支える胸肺から腹袋の雄大なライン、トモの容量もディープ産駒の中では珍しく肉厚幅広と、普通であればモサッとしてくるアウトラインも手足管幹はデイープ産駒らしい俊敏な軽さを持ち合せています。改めて馬体を見れば皐月賞馬の称号に相応しい素晴らしい馬体ではあります。まぁ終わった後からは何とも言えますが、冷静に馬体写真を見れば、皐月賞で印を付けなかった私の完全なるペナルティです。確かに強風の中での前半1000m通過が58秒4のハイペースで前倒しの人気馬の雪崩込みと、流れが向いたのは確かではありますが馬体からはフロックとは言えません。素直に完敗を認めましょう。
ええ、ここまでは称賛の嵐ですが、ここから恒例の褒めて落とします(笑)。
確かに素晴らしい馬体ではあります。
が、しかし、中山の話はもうこの際辞めにしません? 
舞台は東京、王道の2400のクラシックディスタンスです(笑)。
素晴らしい馬体ではありますが東京2400のG1、ダービーを戦うには首の長さに肩口の寸尺がマイナスポイントです。デイープもコンパクトだった?いやいや、デイープはコンパクトではありますが手足が長く、首も肩口もチャンピオンディスタンスの寸尺でかつ太さ深さを兼備していました。デイープ産駒待望のマラードなばりのムッチリ体型でデイープを重ねたくなる気持ちも分からないではありませんがまったく違います。
ええ、確かに3歳馬同士の2400であれば距離適性云々は左程気にしなくていいのかも知れませんし、スローペースになりやすい東京競馬場ですから、乗り方展開一つではどうにでもなるのでしょうし、手足管幹の素軽さ見ると首のマイナスポイント補っちゃうかなとも思えます。が、しかし、ダービーです! ええ、その年によってはアレって年も確かにあるし、スローペースの小手先戦の年も有ります。でも、ダービーですよ(しつこいですね 笑)。
私の追い求めるダービーはキングカメハメハのダービーです。
ええ、底力ズブズブ勝負をものともせずにブッタ斬る、距離適性・スピードだけでは乗り切れない底力を兼備した真の王者が君臨して欲しいリアルG1なんです。馬体で選ぶ以上、レースっぷりや競争成績は関係ありません。純粋に馬体だけで選ばないと嘘になります(まぁチョイチョイ嘘ついてますが 笑)。そうは言っても競馬は横の比較、ディーマジェステイが距離不安があっても他馬にディーマジェステイを上回るお馬ちゃんがいないようであれば必然的に繰り上がり当選となります。単に人気だけであればブッタ斬る予定でしたが馬体をマジマジト見るとマイナスポイント差し引いても馬体偏差値そのもの非常に高いので週末までの宿題とさせて頂きます。


注目馬は1頭
賞金的に補欠状態で回避場が出ないと出れません。過去のレース後の騎手談話では距離が1800ベスト的なコメント多かったり、馬体評でも2000m位的な意見を目にしましたが、いやいやこの馬、もっと走るし、距離も問題ないんですけどねと。恐らくまだ馬体が未完成でどこかに痛い所があるのか、もしくは気性や乗り方なんじゃないかなと。
ハートレーが消えた時点でプロディガルサンに期待をしておりましたが前走の敗戦が気に入らないし1週前PHOTOもニャンだかなぁと、1回叩いて調教動いているし鞍上田辺君なんで期待をしたいけど、期待してただけに1週前PHOTOがなぁと・・・・
そんな思いもあってこの馬が出れるのなら心情的には応援したいなあと。
え、感情がもろに入ってるって? 年に1度の、お馬ちゃんにとって一生に一度のダービーですよ? 
そりゃ、感情入るでしょう(笑)。
2013年に生産されたサラブレット6913頭の頂点に立つ、生産者だけでなく騎手や馬主さんや関係者一同、誰もが頂点に立ちたい舞台がダービーなんです。ええ、出れるだけでも拍手喝采、素晴らしいことなんです。だからどんなお馬ちゃんであれ出れれば応援しましょうね、感情が入って良いんです。がっつり私情で馬券を買いましょう。
とゆうことでダービーウィークを存分に楽しみましょう~
そんな応援確定のお馬ちゃんは↓

競馬・パドック理論 ブログランキングへ





それではダービーウイークを存分に楽しみましょう~



応援クリックもお願いいたします~


にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ
にほんブログ村





投資ギャンブル ブログサイトランキング
競馬 ブログランキング



テーマ : 今週の重賞レース展望
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 1000

紹介文:馬体からのコース適正(馬場)・距離適性・馬体のポテンシャル(馬体偏差値)を含む総合点を加味して出走各馬の横の比較をして予想します。基本重賞予想のみの前日配信。 ※暫らく当日のパドック配信(別サイト・パドック推奨版)主体に行きますので前日配信は休止します(H29・4月現在)

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

パドック推奨版
パドック推奨馬を当日のパドック周回1周目以降にUPします。 基本2場開催等、時間的余裕のある時に1日数レースUPする予定です。 記事ごとの販売です。詳細は以下をクリック
購入する!
プロフィール

Lyphard

Author:Lyphard
競馬歴20年オーヴァー。
血統に始まりスピード指数・ラップ理論・出目・騎手・厩舎と無駄な筋肉(脂肪?)がつけばつくほど競馬上手(ホンマかいな)の馬券下手となり、全てを捨てて馬体に辿り着きました。馬体で買うようになり、血統やラップが後付けでリンクしてくることになるほどねと競馬の奥深さを感じています。
馬体の良し悪しが選別できても真に馬体が見えているとは言えません。適性を理解してこその馬体です。誰もが分かる好馬体は成績安定・人気上位が多く敢えて馬体で選ばなくとも買えるし買われます。誰もが分かるファクターを以て人の優位にはたてません。馬体ポテンシャルは重要ではありますが人気の盲点にはなりにくく、馬体からくる適性を理解してこそ、適正が弱い危険な人気馬、適正ある人気薄コース巧者を見つけることができ人の優位に立てるのです。ポテンシャルや適正はその馬本来が持つ素材であり、調整等の体調は旬かどうかの状態です。素材と状態を混同してはいけません。適正あっても状態悪ければ斬ることあっても、その逆の適性ないのに状態良くても買う事はありません。状態は大事ではありますが補足及び最後の味付け的ポジションであり、最も重要なベースとなる核はポテンシャルと適正です。

※ブログ内の印の表記はカテゴリ内の印の見方を参照して下さい。

2017年 的中重賞
中山金杯
京都金杯
京成杯
日経新春杯
シルクロードS
京都牝馬S
小倉大賞典
フェブラリ―S
アーリントンC
阪神大賞典
マーチS
桜花賞
アンタレスS
皐月賞
NHKマイルC
オークス
ダービー
エプソムC
ユニコーンS
函館SS
CBC賞
函館記念
函館2歳S

Twitter
Twitterでもつぶやいてます パドック競馬予想 @paddock_batai          フォローはこちらから
人気ブログランキング
カテゴリ
最新記事
馬体を知るには
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
広告
馬体を知るには
馬場を知るには
個人的お薦め
フリーエリア
検索フォーム
レース結果記事一覧
馬体論記事一覧
ゴルフのお供に
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント
フリーエリア
個人的お薦め
フリーエリア
蹄の病気を知るには
フリーエリア