AJCC 展望

今週は土日に3重賞行われます。土曜に牝馬のG3京都牝馬S、日曜は中京でダートG2東海S、中山ではG2AJC杯と内容もさることながら、1週前の登録馬を見ると、G1馬や重賞ウイナーがわんさかエントリーしていて豪華絢爛(笑)!
こりゃまた内容の濃い週末となりそうですね(その分当てるのが難解ですね)。
本日は伝統のAJCC、アメリカンジョッキーカップを取り上げてみたいと思います。
AJCCといえば、1にも2にもスペシャルウイークが浮かびますが、過去の勝馬~3着内馬を見てみると、まぁ中山巧者が多い事多い事(笑)。有馬記念の時に中山2500は特殊なコースでリピーターが多いレースだと指摘しましたが、距離が違ってもの基本中山重賞はリンクします(笑)。中山重賞で好走した馬は違う中山重賞でも好走します。分かりやすいのが同距離2200mのオールカマーG2とAJCCですが、同じ非根幹距離の中山記念などもリンクします。又2000mの京成杯や中山金杯、2500の有馬や日経賞もカブるので距離のリンクってよりは中山適性につきるんじゃないかと思います。もちろんバリバリのG1馬やG1級の馬は何処の競馬場でも結果を出しやすい馬体ポテンシャルですし、得手不得手不問の運動神経いいバランス系馬体のお馬ちゃんも基本オールマイティーですので(苦手がない分得意も無いつうか)除外いたしますが、中山G3やG2にチョコチョコ顔を出す一部のお馬ちゃんに、この中山適性が確実に存在するのです。

一例をあげると

ヴエルデグリーン  オールカマー1着 AJCC1着

ナカヤマナイト   AJCC2着と3着 オールカマー1着 中山記念1着

ネヴァブション   AJCC1着と3着 日経賞1着 ステイヤーS2着と3着

エアシェイディ  AJCC1着と2着2回 有馬記念3着2回 
中山記念2着と3着 中山金杯2着 

マツリダゴッホ  AJCC1着 オールカマー1着3回 有馬記念1着 日経賞1着 
      ※G1馬で中山のみの例外がいました(笑)

トウショウシロッコ  AJCC3着2回 中山金杯2着 オールカマー2着
           セントライト記念2着

上記のお馬ちゃん達は他の競馬場でも条件が噛み合えば好走するので一概には言えませんが、でもやっぱり中山の芝が一番肌に合ったと思います。


さてさて今年のAJCCはどうなるのでしょうか?
登録しているお馬ちゃんを見渡すと豪華ですねー。その中にはなんとゴールドシップがいますね(笑)。この馬のローテって春は阪神大賞典でいいと思うのですが、中山巧者って事なのか登録してきましたね。今年の中山の芝は若干上りが早いかなと思いますがそれでもやっぱり粘っこい足を持ってないと突き抜けない感じなので、動ける器用さとバテない粘っこさが必要な馬場かなと。馬体からはゴールドシップは軽い馬場もOKな筈なのですが本人が嫌気を出すので結果時計のかかる中山が合うのでしょう。今回の外回り2200mはスタートして直線も長いですし外枠からジワっと先行できれば問題ないかなと。ただレースの流れをゴールドシップが握っているので外から先行できたら前にいる馬は凄いプレッシャーを受けるはずですし、仮に出遅れて後方からでも大捲りができれば先行勢を蹴散らせる筈なのですが、問題は有馬の消極的騎乗を岩田が反省している様なので今回は違うと思いますが、それでも強気に攻める度合いは気になります(岩田が本気でも走るのはゴールドシップなのでそこも気になるなあ)。 あともう1つの懸念が今の中山の芝が割とタイムが出るんですよね、先週の1600万クラス1800m初富士Sで1:46:7秒、上がりはラスト12秒4ですから上がりを見れば通常の中山芝なんですけど、若干タイムが速い感じがねえ、バリバリの重賞クラスなら最後止まらない気もするのでやっぱり早めに底力でねじ伏せたいですよね。でもペースによっては捲りきれない流れもあるかなと・・・。安心するなら外枠は絶対条件だし、欲を言えば先行して欲しいですよね。誰もが絶対来ると思っているので飛んだら上位人気馬同士でも高配当確実なので要チェックですね。
その他のお馬ちゃん達も骨っぽいメンバーや中山巧者など多数いて難解なレースとなりそうです。その中から気になる馬を2頭ピックアップします。

1頭は↓

人気ブログランキングへ
東京コースでも結果を出していますが、馬体的には1に阪神1800、2に中山1800って感じですかね。距離は1800がベストと思いますが根幹距離の2200ならこなせる筈です。理想は少数頭がいいけど先行できる筈だし極端に後ろにならなければ面白いかなと。




もう1頭は↓
にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ
にほんブログ村
投資ギャンブル ブログサイトランキング
競馬 ブログランキング

これといった逃げ馬もいなく差し追込み型の方が多い気がしますので流れが落着きそうで今回は嵌らない気もしますけど、基本中山の途中から早くなってラスト1ハロン12秒後半になる消耗戦は得意な筈です。長い直線は合うようで合わない短い直線で最後の最後に外からグンと突き抜ける競馬が合う筈です。クセのある馬体ですがガッチリ骨格の筋肉量多くズブズブ底力タイプです。2走前に★指名で厚く勝負をして頭サ4着(14人気でしたがスタートちゃんと出てれば単勝あったと今でも地団駄踏んでます)と涙を飲んだこの馬でなんとか借りを返してもらいたいなと(笑)。


コメントの投稿

非公開コメント

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 1000

紹介文:馬体からのコース適正(馬場)・距離適性・馬体のポテンシャル(馬体偏差値)を含む総合点を加味して出走各馬の横の比較をして予想します。基本重賞予想のみの前日配信。 ※暫らく当日のパドック配信(別サイト・パドック推奨版)主体に行きますので前日配信は休止します(H29・4月現在)

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

パドック推奨版
パドック推奨馬を当日のパドック周回1周目以降にUPします。 基本2場開催等、時間的余裕のある時に1日数レースUPする予定です。 記事ごとの販売です。詳細は以下をクリック
購入する!
プロフィール

Lyphard

Author:Lyphard
競馬歴20年オーヴァー。
血統に始まりスピード指数・ラップ理論・出目・騎手・厩舎と無駄な筋肉(脂肪?)がつけばつくほど競馬上手(ホンマかいな)の馬券下手となり、全てを捨てて馬体に辿り着きました。馬体で買うようになり、血統やラップが後付けでリンクしてくることになるほどねと競馬の奥深さを感じています。
馬体の良し悪しが選別できても真に馬体が見えているとは言えません。適性を理解してこその馬体です。誰もが分かる好馬体は成績安定・人気上位が多く敢えて馬体で選ばなくとも買えるし買われます。誰もが分かるファクターを以て人の優位にはたてません。馬体ポテンシャルは重要ではありますが人気の盲点にはなりにくく、馬体からくる適性を理解してこそ、適正が弱い危険な人気馬、適正ある人気薄コース巧者を見つけることができ人の優位に立てるのです。ポテンシャルや適正はその馬本来が持つ素材であり、調整等の体調は旬かどうかの状態です。素材と状態を混同してはいけません。適正あっても状態悪ければ斬ることあっても、その逆の適性ないのに状態良くても買う事はありません。状態は大事ではありますが補足及び最後の味付け的ポジションであり、最も重要なベースとなる核はポテンシャルと適正です。

※ブログ内の印の表記はカテゴリ内の印の見方を参照して下さい。

2017年 的中重賞
中山金杯
京都金杯
京成杯
日経新春杯
シルクロードS
京都牝馬S
小倉大賞典
フェブラリ―S
アーリントンC
阪神大賞典
マーチS
桜花賞
アンタレスS
皐月賞
NHKマイルC
オークス
ダービー
エプソムC
ユニコーンS
函館SS
CBC賞
函館記念
函館2歳S
クイーンS
アイビスSD
レパードS
エルムS
札幌記念

Twitter
Twitterでもつぶやいてます パドック競馬予想 @paddock_batai          フォローはこちらから
カテゴリ
人気ブログランキング
最新記事
馬体を知るには
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
広告
馬体を知るには
馬場を知るには
個人的お薦め
フリーエリア
検索フォーム
レース結果記事一覧
馬体論記事一覧
ゴルフのお供に
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント
フリーエリア
個人的お薦め
フリーエリア
蹄の病気を知るには
フリーエリア