エリザベス女王杯 馬体展望

今週は牝馬の頂上決戦、エリザベス女王杯です~!

京都の外回りコース2200mが舞台設定です。京都の馬場の講釈は秋華賞の馬体展望で述べているので割愛いいたします。過去10年を見ても順当とゆうか、力が抜けているか京都適性兼備のお馬ちゃんが台頭している印象ですね。とゆうことは配当や儲かるかどうかは一先ず置いといて、比較的当てやすいG1ともいえます。今年の重賞は比較的固めのレースが多く、1年を通して今年の流れなのかなと。とゆうことで無理くり人気薄を探すとゆうよりは基本に戻ったシンプルに予想をした方がいいのかもしれません。無理に穴狙いに行かずに初心に帰って馬連3~5点くらいの予想で小ヒットを狙う感じで挑みたいと思います(そおゆう時に限って大万馬券でないで下さいね 笑)。

それでは恒例の馬体展望です。


まずは連覇がかかるマリアライトから
手先の軽さや持久力型スタミナ寄りのベースラインからも前走中山よりは確実に条件UPです。軽く流れた時の瞬発力戦にマイナスポイントですが東京新潟の様なスローのヨーイドンは困るけど淀の上下坂のスローなら左程気にもしなくていいのかもしれませんが、まあメンツと展開による乗り方一つかなと。馬体的にはケツ下がりと首の長さ等で惜しい部分もあるけど牝馬では珍しい中長距離のスタミナ戦が得意分野のウリがあるお馬ちゃんです。でも何度見ても宝塚を勝つお馬ちゃんには見えませんし、何度宝塚を繰り返そうが頭★は打てないお馬ちゃんの印象は変わりません。恐らく成績はバラつきあるけど常に自分の力は発揮する真面目ちゃんタイプで、1番の武器は気が勝っていて勝負根性に凄れているんじゃないのかなと。重がモロに得意にも見えないし、その辺りに解釈求めないと宝塚の衝撃は説明つきませんし、えらく強い競馬でした(全然馬体関係ないですね 笑)


ミッキークイーン
当ブログでも再三絶賛で馬体の詳細は割愛いたしますが、手足の長さ、前後の可動域、最大の武器は広く深い胸肺です。これでトモがもっと容量形状良ければ牡馬相手でも勝ち負け期待となるのですが。まああくまでガチンコ勝負の基準ですので牡馬相手でもマーク屋に徹するタメ差しできれば十分戦えるとは思いますが・・。気になる部分は池江厩舎と角居厩舎のお馬ちゃんは古馬になると最終的にみんな同タイプの馬体に近づく印象です。飼葉なのか調教なのかは不明ですが思い描いた完成形とはチト違うんですよね~。


1週前PHOTOを見る限り指名はもう既に決まっています。
相手筆頭や★をどうするかは思案する所ですが注目馬を1頭挙げておきます。
京都外回りよりは断然東京向きなんですが、東京だと牝馬戦特有のスロー特化戦が多い弊害もありで馬体ほどの良績は残せていません。馬体偏差値自体は今走メンバー内でも全然見劣りしない素晴らしい素材です。距離不安は全く無しでむしろベストに近い条件です。ただ懸念は軽い京都で牝馬特有のキレ瞬発力戦になるとどうかなと。ある程度流れてくれての持久力戦が希望ではあります。
そんなお馬ちゃんの名前は↓

競馬・パドック理論ランキングへ




それでは週末にお会いしましょう~



応援クリックもお願いします~



競馬・パドック理論 ブログランキングへ



にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ
にほんブログ村





投資ギャンブル ブログサイトランキング
競馬 ブログランキング



にほんブログ村




テーマ : 今週の重賞レース展望
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 1000

紹介文:馬体からのコース適正(馬場)・距離適性・馬体のポテンシャル(馬体偏差値)を含む総合点を加味して出走各馬の横の比較をして予想します。基本重賞予想のみの前日配信。 ※暫らく当日のパドック配信(別サイト・パドック推奨版)主体に行きますので前日配信は休止します(H29・4月現在)

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

パドック推奨版
パドック推奨馬を当日のパドック周回1周目以降にUPします。 基本2場開催等、時間的余裕のある時に1日数レースUPする予定です。 記事ごとの販売です。詳細は以下をクリック
購入する!
プロフィール

Lyphard

Author:Lyphard
競馬歴20年オーヴァー。
血統に始まりスピード指数・ラップ理論・出目・騎手・厩舎と無駄な筋肉(脂肪?)がつけばつくほど競馬上手(ホンマかいな)の馬券下手となり、全てを捨てて馬体に辿り着きました。馬体で買うようになり、血統やラップが後付けでリンクしてくることになるほどねと競馬の奥深さを感じています。
馬体の良し悪しが選別できても真に馬体が見えているとは言えません。適性を理解してこその馬体です。誰もが分かる好馬体は成績安定・人気上位が多く敢えて馬体で選ばなくとも買えるし買われます。誰もが分かるファクターを以て人の優位にはたてません。馬体ポテンシャルは重要ではありますが人気の盲点にはなりにくく、馬体からくる適性を理解してこそ、適正が弱い危険な人気馬、適正ある人気薄コース巧者を見つけることができ人の優位に立てるのです。ポテンシャルや適正はその馬本来が持つ素材であり、調整等の体調は旬かどうかの状態です。素材と状態を混同してはいけません。適正あっても状態悪ければ斬ることあっても、その逆の適性ないのに状態良くても買う事はありません。状態は大事ではありますが補足及び最後の味付け的ポジションであり、最も重要なベースとなる核はポテンシャルと適正です。

※ブログ内の印の表記はカテゴリ内の印の見方を参照して下さい。

2017年 的中重賞
中山金杯
京都金杯
京成杯
日経新春杯
シルクロードS
京都牝馬S
小倉大賞典
フェブラリ―S
アーリントンC
阪神大賞典
マーチS
桜花賞
アンタレスS
皐月賞

人気ブログランキング
カテゴリ
最新記事
馬体を知るには
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
広告
馬体を知るには
馬場を知るには
個人的お薦め
Twitter
Twitterでもつぶやいてます パドック競馬予想 @paddock_batai          フォローはこちらから
フリーエリア
検索フォーム
レース結果記事一覧
馬体論記事一覧
ゴルフのお供に
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント
フリーエリア
個人的お薦め
フリーエリア
蹄の病気を知るには
フリーエリア