日曜馬体からの激走期待馬⑬シャドウボーダー12人気1着~

土日の馬体からの人気薄激走期待馬は8頭挙げて
土曜中山8R⑮トーセンミッション11人気3着
日曜中山3R⑬シャドウボーダー12人気1着でした。

単複100円均等買いで回収率391%と一応の結果は出ましたがトーセンミッション複勝770円でシャドウボーダー複勝930円ですからシャドウボーダー1着でなければ回収率106%とトントンです。4回に1回穴馬3着内はソコソコの頑張りとは思いますが結果だけ見ると4回に1回では1着を取らないと回収率が跳ねない事が分かります。穴馬から馬連W3連複3連単と配当のいい馬券を絡めないと爆発しないとの結論でもあり、この辺りが馬券の難しさでもあるとの結論になります。そもそも100円均等買いってあまり現実的ではありませんのでやっぱり馬券は買い方1つです。


一方、重賞ブロマガ配信は共に惨敗と良い所がありませんでした。
東海Sは実際の馬券はパドックより12人気④モルトベーネを発見できて的中となりましたが、事前に発見しろよって話ですね(泣)。ただ当日のパドック見た感想は1週前PHOTOの印象と異なり頭ピオネロ、★インカテーション、相手筆頭アスカノロマンは3頭とも斬るまではいかないものの馬体がぼやけてるとゆうか張りがないとゆうかイマイチ感はありました。まあそれが必ずしも負けた理由とは言えませんが。何故ならこの辺りの当日の仕上がり具合は馬体基礎点が高い馬なら影響が出ないケースもあります。ただ、もし仮に勝ち負けしたとしてもそれはあくまで展開や他馬との関係での結果であって、結果はOKだったけど、状態自体はやっぱりバッチリではなかった事実は残ります。調教が足りない、調教をやり過ぎた、輸送でストレスがあった、体調自体が本物でない、痛い所がある、隣の馬房の馬が気に入らない、理由はそれこそ数えきれないと思います。もちろん状態がマックスの時でも負ける時は負けるし、あれって時でも圧勝はあるのですが、馬券を買う側としたら予定していた金額を下げようかとか、軸の予定だったけど紐や2列目に切り替えようとか、保険を買おうかとか、迷いが出るのも確かです。馬体で馬券を買うので尚更、最後の仕上げのエッセンスである当日のパドックでの状態ってのは大事でもあります。そうはいっても前日に予想をする以上、そんな話は言い訳でしかないのでもっと精度を高めていくしかないのです。ええ、もっと精進致します。
AJCCの予想は
『馬体最上位はリアファルですが1週前PHOTOを見る限りまだいい時の状態に無いようにも見えますが、それでもこのメンバー相手なら消すまでにはいたらないかなと。上位人気4・10・13の3頭が突抜けるまでの強さは無いものの馬体平均値が高く、全てが飛ぶとは思えず、上位3頭から穴にチョコチョコ馬券の少額投資で様子見が賢明かな』、
と述べて★2頭から上位人気3頭に絡める馬券を推奨し、方向性は合ってはいたと思いますが★2頭が見当違いで惨敗でした。勝ったタンタアレグリアはバランスいい省エネ馬体で長距離戦では安定勢力ですが、馬体は基礎点高いけど強みに欠けるので突抜ける感が乏しく常に抑え紐が多い1頭ですが、今回は休み明けとゆうよりは、小ぶりバランス持久力型ベースで小回り中山適性落ちると嫌い、ここを叩いて阪神大賞典かダイヤモンドSで勝負などと決めつけてしまい完全にノーマークでした。


今週から東京開催が始まります。昨年秋開催の東京芝はここ数年のクレイジーな先行内枠天国とは異なり内外イーブンの素晴らしい馬場だったと思います。できれば今開催も同様の芝でいってもらいたいけど、こればっかりは蓋をあけてみないと分かりません。開幕週は様子見が打倒かなと。ただ芝Dともに言えることは東京コースは直線も長くタフなコースなので基本馬体上位が揃いやすい上位人気が強いです。上位人気全てが飛んで穴決着とはなりにくく、穴が3着内入っても他議席を人気馬が占める事が多く意外と複勝跳ねません。又中山等の紛れての穴演出がコース形態上出にくいので展開利の穴馬では最後差される確率高く、ポテンシャルの高い人気の盲点系にシフトチェンジしないといけません。ポテンシャルが高いのに、前走適性外レースで惨敗とか休み明けで嫌われたとかの理由で適正価格より配当上がってる馬が狙い目です。ポテンシャルは高いけど近5走まったく良い所ないなんて馬でも小回りなら頻繁に激走はありますが、東京コースだとポテンシャルのみでは中々激走しにくい側面があります。おそらくこれはコース形態でゆったり流れるペースでは本来持っている眠っているポテンシャルに火が付きにくいのではないかと勝手に解釈しております。小回り特有のペースアップにゴチャゴチャした展開やズブズブ演出等、眠っているポテンシャルに火がつくのではないかと思います。もちろん東京コースでもダート戦は芝よりズブズブ戦多いので惨敗続きでも狙う価値はありますし、極端な条件代わり等が大事な要素でもあるのかなと。又、
小回りコースなんかだと穴馬来るとき単勝高配当なんとことも多々ありますが東京コースで単勝で穴をあけるのはポテンシャルの裏付けが必須項となるけど、単なるポテンシャルのみの単勝万馬券系は激走しにくいので、人気の盲点系のポテンシャル高い、後で買えるよねと思えるお馬ちゃんが単勝ゲットとなるので、イメージは小回り程大きな単勝配当は頻繁に出ないイメージです。


以上のことから単勝より複勝に比重を置きたい所ですが、複勝は他議席を上位人気が占める確率高いので配当はあまり期待しない方がいいです。結論として、東京コースは馬連Wを確実に当てていかないと儲からないとゆうことでもあり、馬券的には非常に難しいコースとも言えます。だから苦手なコースなんですね(笑)。
まあ頑張って行きましょう~



土日の馬券
土曜
中山1R
パドックより発見した⑮ファステストネオ15人気3着
複勝4030円  ワイド④-⑮1万4440円
2着なら馬連ゲットだっただけに切ないクビ差3着です

n1 h290121
京都7R
パドックから⑤ウオーターミリオン⑥タイキレガトゥス2頭を見つけ勝負
タイキ5人気2着もウオターミリオン痛恨の15人気4着(泣)

k7 h290121
中山8R 
ブログ推奨馬⑮トーセンミッションと⑨ウイズエモーションで勝負
トーセンミッション11人気3着もウイズエモーション12人気4着・・・

n8 h290121

日曜
中山1R パドックより
⑧アースミステリーを発見して勝負
見事13人気1着
単5570円 複1290円

n1 h290122
中山3R ブログ推奨馬⑬シャドウボーダー13人気1着
ええ、単勝買ってない(泣)。しかも直線半ばで⑬シャドウボーダーと⑯コスモオペラで獲ったと思ったら最後の最後で差されるとは・・。2着1人気でヌケってどうなんでしょう・・・

n3 h290122
n4 h290122
n5 h290121
中山8R パドックから⑬ワンボーイを発見して勝負
見事2人気1着も相手指名の⑤ブレヴエスト県外(泣)
おまけに紐荒れ狙った⑮エーシンザピーク単勝192倍の人気薄でしたが
痛恨の12人気ハナ差4着・・・・・

n8 h29122
n8 h291212
中山10R アレキサンドライトS
パドックから見つけた穴馬4頭の内の1頭
⑬ダイワレジェンド 痛恨の13人気クビ差3着・・・
2着死守できてれば馬連10万馬券だっただけにと地団駄
複 ⑬2110円

n10 h290122
中京11R 東海S
中京D1800は先行有利でまったく面白味のないレースが土日を通して多くまったくやる気0でしたが
パドックより④モルトベーネを発見して急遽参戦
見事12人気2着~
馬連④-⑧1万2560円 W3240円
複1160円  
外から凄い脚で突っ込んできた⑮カゼノコが一瞬3着と思いワイドゲットと喜ぶもハナ・クビ5着~

cy11 h291212




それでは週末に又お会いしましょう~



応援クリックもお願いします~



競馬・パドック理論 ブログランキングへ








投資ギャンブル ブログサイトランキング
競馬 ブログランキング





にほんブログ村






テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 1000

紹介文:馬体からのコース適正(馬場)・距離適性・馬体のポテンシャル(馬体偏差値)を含む総合点を加味して出走各馬の横の比較をして予想します。基本重賞予想のみの前日配信。 ※暫らく当日のパドック配信(別サイト・パドック推奨版)主体に行きますので前日配信は休止します(H29・4月現在)

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

パドック推奨版
パドック推奨馬を当日のパドック周回1周目以降にUPします。 基本2場開催等、時間的余裕のある時に1日数レースUPする予定です。 記事ごとの販売です。詳細は以下をクリック
購入する!
プロフィール

Lyphard

Author:Lyphard
競馬歴20年オーヴァー。
血統に始まりスピード指数・ラップ理論・出目・騎手・厩舎と無駄な筋肉(脂肪?)がつけばつくほど競馬上手(ホンマかいな)の馬券下手となり、全てを捨てて馬体に辿り着きました。馬体で買うようになり、血統やラップが後付けでリンクしてくることになるほどねと競馬の奥深さを感じています。
馬体の良し悪しが選別できても真に馬体が見えているとは言えません。適性を理解してこその馬体です。誰もが分かる好馬体は成績安定・人気上位が多く敢えて馬体で選ばなくとも買えるし買われます。誰もが分かるファクターを以て人の優位にはたてません。馬体ポテンシャルは重要ではありますが人気の盲点にはなりにくく、馬体からくる適性を理解してこそ、適正が弱い危険な人気馬、適正ある人気薄コース巧者を見つけることができ人の優位に立てるのです。ポテンシャルや適正はその馬本来が持つ素材であり、調整等の体調は旬かどうかの状態です。素材と状態を混同してはいけません。適正あっても状態悪ければ斬ることあっても、その逆の適性ないのに状態良くても買う事はありません。状態は大事ではありますが補足及び最後の味付け的ポジションであり、最も重要なベースとなる核はポテンシャルと適正です。

※ブログ内の印の表記はカテゴリ内の印の見方を参照して下さい。

2017年 的中重賞
中山金杯
京都金杯
京成杯
日経新春杯
シルクロードS
京都牝馬S
小倉大賞典
フェブラリ―S
アーリントンC
阪神大賞典
マーチS
桜花賞
アンタレスS
皐月賞
NHKマイルC
オークス
ダービー
エプソムC
ユニコーンS
函館SS
CBC賞
函館記念
函館2歳S
クイーンS
アイビスSD
レパードS
エルムS
札幌記念

Twitter
Twitterでもつぶやいてます パドック競馬予想 @paddock_batai          フォローはこちらから
カテゴリ
人気ブログランキング
最新記事
馬体を知るには
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
広告
馬体を知るには
馬場を知るには
個人的お薦め
フリーエリア
検索フォーム
レース結果記事一覧
馬体論記事一覧
ゴルフのお供に
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント
フリーエリア
個人的お薦め
フリーエリア
蹄の病気を知るには
フリーエリア