大阪杯馬体展望

今週はG1昇格の大阪杯です。出走頭数少ないですけどG1に相応しいメンバー揃い楽しみな1戦ですね。まあ欲を言えばこのメンバーでサトノダイヤモンドの名前も見たかったですね~。先週使ったデイーマジェステイも中山記念から大阪杯を目指して欲しかったし、中山記念勝ったネオリアリズムも強敵相手にチャレンジして欲しかったし、リアルスティールだって去年勝っているG1行くなら国内G1でしょうと、相手関係踏まえての現状なんでしょうが昨今のローテ多岐の重賞路線に少しばかり残念に思います。まあG1増やすのはあまり賛成ではありませんが、この時期の2000G1に関してはいいのではないかと思います。

舞台は阪神内回り2000m。平場戦のイメージはいえば、コーナーからの瞬発力戦を経ての11秒台かコーナー終わりからのラスト400m瞬発力戦のイメージですが、大阪杯に関してはG2の頃から比較的流れる印象です。でも調べてみると意外と年によっては瞬発力戦もあるし結構バラつきあるので一概に持久力戦と決めつけるにはチト弱いですね。
ただし、今年は強力逃げ馬マルターズアポジーがエントリーしています。逃げ先行で持久力戦希望のキタサンブラックには有馬のようなアポジー大逃げで離れた2番手追走で自分のペースで仕掛けられる展開は願ってもないのかなと。前にも言いましたがキタサン潰すにはコーナーで出し抜け大マクリ等のキタサン始動のラップを崩すこと、キタサンに自分の競馬をさせないことが最重要です。ただしこの様な玉砕覚悟の騎乗はいわゆる格下扱いされてるお馬ちゃんなら可能ですが、力が構築しているメンバーだと他の馬への勝利のナイスアシストになってしまうため各騎手は地蔵の様に固まり動けないこととなります。脚を溜める、理屈は充分わかりますが10人が10人同じ騎乗をしていても勝てませんよねって話です。どの馬も個性や適性や潜在能力が違うのだから個性を生かした騎乗で戦ってほしいものです。初対決は置いといても、キタサンと何度も戦い敗れている馬や騎手はいい加減作戦替えませんか?と言いたいです。いい勝負を求めているのは競馬フアンだけです。その馬の種牡馬入りや、種牡馬になれたとしてもその価値等の将来を考えるのなら、2着3着はいりませんよねって話です。既にG1勝っている馬は置いといても、どう考えてもG1に足りない馬、勝てる力はあってもG1未勝利でチャレンジできるレースが残り少ないお馬ちゃん等、1着以外は眼中にない、そんな騎乗をお願いしたいものです。

それでは有力馬の馬体展望と行きましょう。

まずは王様モーリスを退け年度代表馬に輝いたこの馬から。
キタサンブラック
当ブログでも再三同馬の馬体については述べているので今更感はありますのでチョイと違う切り口でいきましょう。モーリスより凄いかと問われれば審議のランプは灯るでしょうけど、JCは年度代表馬に相応しい強いレースでした。昨今のレース体系やスピード・瞬発力が求められるレース内容からも種牡馬の変化とゆうより繁殖牝馬の変化なのかははっきり分かりませんが、一昔前の様にクラシックディスタンスの2400~3000が圧倒的に強い王道馬体は出てこなくなったのも事実です。ドゥラメンテのいないJCで2000前後が主戦場のお馬ちゃんが多いメンバー相手でキタサンが圧勝したのも頷けますが、それらのハンデを差引いても強い競馬でした。又、有馬は敗戦こそしましたがロングスパートの素晴らしい持久力競馬で流石のクビ差2着です。馬体的には2000から2400がベストの持久力型です。手脚の長さとの対比での管幹の枯れ具合、シッカリ具合、全体のバランス等まあ普通に加点されていく好馬体です。ただしトモや胸前、首の形状等、スペシャルな強みウリがある馬体でもなく過去の王道G1馬と比較してしまうと弱く、王道主役を張るお馬ちゃんとゆうよりは伏兵的なお馬ちゃんに見えますし、失礼承知で述べるのならG1を幾つも勝つ馬に見えないってのが本音です。まあだからキタサンの出るレースはことごとく外すのですが(笑)。私が思うにこの馬は気性が良く、前向きさや勝負根性に優れる等の馬体ポテンシャル以外のプラスアルファはあると思います。G1馬だし敬意は表しますが、馬体からは王道競馬でガッツリタイマン張れば倒せない相手とは思いません。持久力型ベースで小足瞬発力も底力戦もこなす下地があるバランス系の馬体です。裏を返せば底力特化戦や瞬発力特化戦で綻びは出る馬体です。但し、逃げ先行で競馬界1の体内時計をもつ鞍上豊ちゃんがいる限り、瞬発力特化戦には持ちこめないと思うので、やはり競馬の格言にもある、逃げ馬殺すには刃物はいらぬと、早め早めのプレッシャーやタイマンを張り底力ズブズブ戦に持ち込みたい所ですね。でもそんな大役、グラスワンダーやタイキシャトルのようなギャング系の大物じゃないと無理でしょとのツッコミありがとうございます。ええ、普通に考えればキタサンなんでしょうね(笑)。

マカヒキ
同馬も当ブログで再三馬体を評価しているのである程度は割愛します。
前走凱旋門賞帰りの4か月休養明けで期待ワクワクで1週間PHOTOを見た感想は成長であるのなら嫌な筋肉やバランスへの成長にも見えチト心配な感じでした。競走馬の成長と共に本格化しての馬体へと変貌する過程で、まったく変わらない馬もいれば、背丈や手足が伸びる馬や筋肉量が増える等の変化によって変わるお馬もいます(怪我や痛い所を庇う等からくる走法による筋肉の付き方や調教、飼葉等のサプリメント系による変貌等も含む)。変ると言っても微細な程度なんですが、視覚で感じるバランスは大きな変貌に見えます。これが若駒時代の馬体が絶妙のバランスだったのに古馬になり付くべき所に筋肉がついて背丈も伸びて骨が安定した状態の方がバランス悪くなったなんてことはよくありますし、その逆もしかり。
入団1年目の清原が1番良かったなんて意見もあります。筋肉=全てが改善される訳ではありません。的確な場所に的確な筋肉。競馬は野球と違い身体能力に比重の多い競争系のスポーツですし、技術や弱点克服を自らの意思でできないお馬ちゃんだからこそ、バランスは重要と言えます。
lee 2
冗談はさておき(笑)
話をマカヒキに戻すと、ちょっと嫌な感じだなと感じてたのは事実ですので今週の1週前PHOTOは興味津々でした。
結論から言えばノープロブレムですね(笑)。
まあこの馬の素晴らしさは究極の省エネ馬体。無駄を省いた天賦の才とでもゆうべき究極のバランスですね。若干古馬になりつつウリウリっぽくなってる胸前からのシルエットも感じますがノープロブレムでいきましょう(笑)。まあこの馬がどおゆう乗り方をするかによって展開等も変わるのかなとも思います。



最後にダービー卿の登録馬の中から注目馬を推奨してお別れです。

スピード負けする懸念は大いにあるのですが、馬体からは中山ベストですし、意外とマイルのズブズブの流れが嵌るような気がしてなりません。人気も無いしローリスクハイリターンンの1頭です。そんなお馬ちゃんの名前は↓

パドック理論ランキング




今週は2場開催で時間的余裕がありそうなので
パドック配信は重賞以外にも発信する予定ですので宜しくお願い致します。

いますぐクリック!



応援クリックお願い致します~



競馬ブログランキングへ


競馬ブログランキングへ




それでは週末にお会いしましょう~

テーマ : 今週の重賞レース展望
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 1000

紹介文:馬体からのコース適正(馬場)・距離適性・馬体のポテンシャル(馬体偏差値)を含む総合点を加味して出走各馬の横の比較をして予想します。基本重賞予想のみの前日配信。 ※暫らく当日のパドック配信(別サイト・パドック推奨版)主体に行きますので前日配信は休止します(H29・4月現在)

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

パドック推奨版
パドック推奨馬を当日のパドック周回1周目以降にUPします。 基本2場開催等、時間的余裕のある時に1日数レースUPする予定です。 記事ごとの販売です。詳細は以下をクリック
購入する!
プロフィール

Lyphard

Author:Lyphard
競馬歴20年オーヴァー。
血統に始まりスピード指数・ラップ理論・出目・騎手・厩舎と無駄な筋肉(脂肪?)がつけばつくほど競馬上手(ホンマかいな)の馬券下手となり、全てを捨てて馬体に辿り着きました。馬体で買うようになり、血統やラップが後付けでリンクしてくることになるほどねと競馬の奥深さを感じています。
馬体の良し悪しが選別できても真に馬体が見えているとは言えません。適性を理解してこその馬体です。誰もが分かる好馬体は成績安定・人気上位が多く敢えて馬体で選ばなくとも買えるし買われます。誰もが分かるファクターを以て人の優位にはたてません。馬体ポテンシャルは重要ではありますが人気の盲点にはなりにくく、馬体からくる適性を理解してこそ、適正が弱い危険な人気馬、適正ある人気薄コース巧者を見つけることができ人の優位に立てるのです。ポテンシャルや適正はその馬本来が持つ素材であり、調整等の体調は旬かどうかの状態です。素材と状態を混同してはいけません。適正あっても状態悪ければ斬ることあっても、その逆の適性ないのに状態良くても買う事はありません。状態は大事ではありますが補足及び最後の味付け的ポジションであり、最も重要なベースとなる核はポテンシャルと適正です。

※ブログ内の印の表記はカテゴリ内の印の見方を参照して下さい。

2017年 的中重賞
中山金杯
京都金杯
京成杯
日経新春杯
シルクロードS
京都牝馬S
小倉大賞典
フェブラリ―S
アーリントンC
阪神大賞典
マーチS
桜花賞
アンタレスS
皐月賞
NHKマイルC
オークス
ダービー
エプソムC
ユニコーンS
函館SS
CBC賞
函館記念
函館2歳S
クイーンS
アイビスSD
レパードS
エルムS
札幌記念

Twitter
Twitterでもつぶやいてます パドック競馬予想 @paddock_batai          フォローはこちらから
カテゴリ
人気ブログランキング
最新記事
馬体を知るには
月別アーカイブ
カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
広告
馬体を知るには
馬場を知るには
個人的お薦め
フリーエリア
検索フォーム
レース結果記事一覧
馬体論記事一覧
ゴルフのお供に
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント
フリーエリア
個人的お薦め
フリーエリア
蹄の病気を知るには
フリーエリア