皐月賞パドック配信的中も爆発無く2週連続不甲斐無い土日でした。

本日はパドック配信皐月賞G1を今日の中山芝で差せる馬体 ⑥⑦⑪ と推奨し馬連W的中と相成りましたが、3連複は3着ヌケで爆発とは至りませんでした。その他のレースも不甲斐無い結果に終始でトドメは勝負レースの福島民報杯のショウナンバッハの不発5着です・・・・(泣)。出走中2位同率の上り34秒5の脚はいいけど、道中後ろ過ぎやしません?マイル使った後なのにどないしてあんなにズブく勝負所の反応も悪いし、意味が分かりません。前走負けてるのにメンツ弱化で人気高騰と、たださえ旨味薄れてきているの、福島荒れ馬場2000で来れなくてどうすうんじゃい?! いい加減 喝!!です。
はあ、こんな事なら皐月賞に勝負すればよかったと負け犬の遠吠えしか出ませんね。



皐月賞の回顧

パドック配信では土曜日曜と中山芝を見ての感想は
先週までの中山芝とはうって変って時計が早くなってました。時計が出るとゆうことは馬場が堅く前が止まらない馬場です。
差しも決まりますけど中山特有のコーナー一団で回って来ての内から5頭分くらいの中からの差しです。スピードがあり、機動力に長けた小足瞬発力戦の印象で外を回すようだとまず届かない馬場でした。
まあそのイメージでいくと予想配信での≪今日の中山芝で差せる馬体≫でチョイスした⑥⑦⑪の3頭が合致する馬体です。

でもこの3頭は適正は上位ですが皆小ぶりでバランス機動力小足瞬発力に長けた馬体ですので2着や3着に入選しても勝ちきるのはどうかとの馬体でもありました。流石に2000mのG1と考えるとスケールでちと物足りない感は否めない馬体かなと。

馬体上位は
スワ―ヴリチャード
カデナ

次点
レイデオロ
フアンディーナ

と見立てました。しかしこの4頭はG1に相応しいスケールを持ってはいましたがローテや適性等のマイナスポイントがそれぞれあって一長一短で正直軸に選びきれない側面もありましtね(まあここで軸選びができれば馬券は買いやすかったんですが)。
馬体のみの総合点でいけばスワ―ヴなんですが、この手の混合手足長めのスケール馬体は少数頭の中山芝では軸に押せますが18頭立てフルゲートだと窮屈な競馬になるか外々回す大味な競馬で微妙かなと。基本大飛びで器用さに欠けるキライがあるので少数頭のゆったりとした流れとか距離損あっても外を伸び伸び走る競馬が向きます。でもこの日の中山はスピード優先の堅い馬場で外を回すとまず終了の馬場でした。内枠で勇気一発でテンから出してく競馬で活路を見い出す作戦もありますがどう考えてもダービー狙いのお馬ちゃんで、次もあるのに怪我や変なクセがつく可能性もある強気な勝ちに行く競馬はないだろうなとも思い、でも軸にもどうかだけど、馬体偏差値を考えると斬るにも切れない非常に取捨が難しい1頭でした。一方カデナは上位4頭の中では小足瞬発力に対応できる馬体で1番軸候補にも思えましたが、うーん実際パドックで見るといい馬でスケールもあるのですがスケール=深さ=緩さにも繋がりやすいラインでもあり、この日の馬場から導き出される馬体は、素軽さ、堅め、タイト、窮屈さ、バネ、機動力、小足瞬発力といったスピード志向に傾いてもいたのでスーッと先行してスピードに乗れるのかな?の疑問もわきました。レイデオロはオーソドックスな中山芝は基本向く馬体ですが、ゆったりとした中距離馬体でもありこの日のようなスピード志向でフルゲートの忙しい競馬は合わなそうだしローテもマイナスポイントで悩ましい1頭でした。フアンディーナは1週間前PHOTOを見てツイッターで中々出そうで出ない馬体と絶賛しましたがこの系統特有のトモの弱さも指摘しました。で、当日のパドック見ちゃうとやっぱりトモの弱さが気になるんですよね、基本底力G1戦で買いたくない馬体かなと。まあそうは言っても4頭の馬体総合点は高く、かといって突抜けるプラスアルファが無かったのも事実です。中山で差せる馬体と推した3頭もまとまったいい馬ではありますが強みアクに賭けるとゆうか、これまた突抜けるプラスアルファに欠けて頭★までいかなかったかなと・・。まあ、馬連Wは的中できましたが正直決め手にかける馬体が多く非常に難しい1戦でした。上位陣が即ダービーに直結するかと言われればノーと言いたい1戦でした。スワ―ヴ・カデナ・レイデオロはダービーで巻き返せる素材とは思いますが、誰でもかかってこいやと強気で言えるレベルでないのも事実で、皐月賞の同メンバーでダービー再選なら印は打つと思いますが、他路線やまだ見ぬ新興勢力次第では印ナッシングもありえるのかなと・・・。以上が回顧とゆうよりは率直な感想です。
アルアインは正直デビューから推してた馬体でNHKマイルC勝ち負けと狙っていただけに単勝は頭になかったなあ~。
2着3着はあっても正直1着は想定してなかった。単勝22倍だけど私の中ではもっと高配当ですね。
しかし、いい馬だけど皐月賞勝つとは・・・。いろんな意味で驚いています(笑)


今開催苦しめられた阪神ダートでしたが最終12Rも本命④ヤマニンシェルフ4着と、あきれを通り越して笑っちゃいます。
鬼門の阪神開催が終わり、得意の京都開催が始まるので2回中山・阪神開催の大負けはとっとと忘れてプラス思考で来週から頑張ります。トリガミ多く、穴も4着とか来ても上位陣との組み合わせで爆発しない、非常にストレスのたまる疲れた土日開催でした・・・。


それでは又来週お逢いしましょう~


それでは又来週お逢いしましょう~

応援クリックもお願いいたします





競馬ブログランキングへ



にほんブログ村



パドック理論ランキング

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 1000

紹介文:馬体からのコース適正(馬場)・距離適性・馬体のポテンシャル(馬体偏差値)を含む総合点を加味して出走各馬の横の比較をして予想します。基本重賞予想のみの前日配信。 ※暫らく当日のパドック配信(別サイト・パドック推奨版)主体に行きますので前日配信は休止します(H29・4月現在)

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

パドック推奨版
パドック推奨馬を当日のパドック周回1周目以降にUPします。 基本2場開催等、時間的余裕のある時に1日数レースUPする予定です。 記事ごとの販売です。詳細は以下をクリック
購入する!
プロフィール

Lyphard

Author:Lyphard
競馬歴20年オーヴァー。
血統に始まりスピード指数・ラップ理論・出目・騎手・厩舎と無駄な筋肉(脂肪?)がつけばつくほど競馬上手(ホンマかいな)の馬券下手となり、全てを捨てて馬体に辿り着きました。馬体で買うようになり、血統やラップが後付けでリンクしてくることになるほどねと競馬の奥深さを感じています。
馬体の良し悪しが選別できても真に馬体が見えているとは言えません。適性を理解してこその馬体です。誰もが分かる好馬体は成績安定・人気上位が多く敢えて馬体で選ばなくとも買えるし買われます。誰もが分かるファクターを以て人の優位にはたてません。馬体ポテンシャルは重要ではありますが人気の盲点にはなりにくく、馬体からくる適性を理解してこそ、適正が弱い危険な人気馬、適正ある人気薄コース巧者を見つけることができ人の優位に立てるのです。ポテンシャルや適正はその馬本来が持つ素材であり、調整等の体調は旬かどうかの状態です。素材と状態を混同してはいけません。適正あっても状態悪ければ斬ることあっても、その逆の適性ないのに状態良くても買う事はありません。状態は大事ではありますが補足及び最後の味付け的ポジションであり、最も重要なベースとなる核はポテンシャルと適正です。

※ブログ内の印の表記はカテゴリ内の印の見方を参照して下さい。

2017年 的中重賞
中山金杯
京都金杯
京成杯
日経新春杯
シルクロードS
京都牝馬S
小倉大賞典
フェブラリ―S
アーリントンC
阪神大賞典
マーチS
桜花賞
アンタレスS
皐月賞
NHKマイルC

人気ブログランキング
カテゴリ
最新記事
馬体を知るには
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
広告
馬体を知るには
馬場を知るには
個人的お薦め
Twitter
Twitterでもつぶやいてます パドック競馬予想 @paddock_batai          フォローはこちらから
フリーエリア
検索フォーム
レース結果記事一覧
馬体論記事一覧
ゴルフのお供に
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント
フリーエリア
個人的お薦め
フリーエリア
蹄の病気を知るには
フリーエリア