FC2ブログ

共同通信杯展望

今週は先週に引続きクラシックを目指す3歳の重賞、共同通信杯が東京競馬場で行われます。
過去の勝馬にはカブラヤオー、テンポイント、ミスターシービー、サクラユタカオー、ダイナガリバー、アイネスフウジン、ナリタブライアン、エルコンドルパサー、ジャングルポケット等の半端でないビックネームがゾクゾク出てきます。ダービー馬もウヨウヨいます。
そうです、先週のきさらぎ賞をダービーと直結するレースと言いましたが、共同通信杯はその遥か上を行ってました。3ケ月後のダービーを逆算するとこの共同通信杯は重要なレースであったと思います。一昔前は共同通信杯がダービー馬を目指すうえでの王道のレースでした。何故過去形なのか? それは偏に調教・育成の技術進歩、及びステップレースの多様さからくるのではないかと。技術向上&ステップレースの多様化により、早い時期から使えたり、逆に余裕を持って仕上げる事ができたりと、各馬の状況・状態によって様々な選択をできる状態になっているのではと思います。ただ、昔ほどビックネームが出てないとはいえ過去10年ではAムーンや去年のイスラボニータ、2012年はゴールドシップ1着、ディープブリランテ2着、スピルバーグ3着と大物が出ているので出世レースには変わりはないんですけどね。
今年のきさらぎ賞をとんでもない1頭(ルージュバック)が紛れ込んでいるがそれを除けば小粒感が否めないと出走馬レベルを辛口でぶった切りましたが、今年の共同通信杯は先週とうって変わって中身の濃いお馬ちゃん達が登録していますね。
2頭程飛び抜けた馬がいますが、他のお馬ちゃん達も中々のメンツが揃っていますね。


それでは今週の注目馬を

キンカメ産駒はキンカメの現役時代のシャープな馬体とは似つかわしくない、デップリタイプが多く、大体、ドン、パンと大造りで遊びがあるタイプが多いんですけど、この馬は違いますねー。本来のキン亀の特徴の骨格雄大で広くて薄い筋肉を纏っている感じで、まあAグルーヴのサンデーサイレンスが出ているのかもしれませんが、トモなんか特に最高ですね。ドン・パンタイプのキン亀産駒は東京でキレ負けしますが、この馬は間違いなく東京向いてます。
当然  候補ですね。↓



他にも注目している馬がいます。
馬体からは京都の1800とか2200にG1があればって感じですけど(笑)、中山はまったく不向きなので前走の負けはまったく度外視していいと思います。不向きな中山からの東京参戦は一変の価値があるってことでソールインパクト同様、怖い1頭かなと。2頭の飛び抜けた馬に迫れるか?はたまた土を付けるか?
期待して週末のパドックを見たいですね。
そのお馬ちゃんは↓

人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 2000

紹介文:馬体からのコース適正(馬場)・距離適性・馬体のポテンシャル(馬体偏差値)を含む総合点を加味して出走各馬の横の比較をして軸推奨・穴推奨を発表します。重賞予想のみの前日配信。 当日のパドック配信は別サイト・パドック推奨版にてランダムに配信します。
※マガブロ配信前日馬体推奨は暫く休止いたします。別サイトの当日パドック配信はそのまま継続して配信していますので宜しくお願い致します。。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

パドック推奨版
パドック推奨馬を当日のパドック周回1周目以降にUPします。 基本2場開催等、時間的余裕のある時に1日数レースUPする予定です。 記事ごとの販売です。詳細は以下をクリック
購入する!
プロフィール

Lyphard

Author:Lyphard
競馬歴20年オーヴァー。
血統に始まりスピード指数・ラップ理論・出目・騎手・厩舎と無駄な筋肉(脂肪?)がつけばつくほど競馬上手(ホンマかいな)の馬券下手となり、全てを捨てて馬体に辿り着きました。馬体で買うようになり、血統やラップが後付けでリンクしてくることになるほどねと競馬の奥深さを感じています。
馬体の良し悪しが選別できても真に馬体が見えているとは言えません。適性を理解してこその馬体です。誰もが分かる好馬体は成績安定・人気上位が多く敢えて馬体で選ばなくとも買えるし買われます。誰もが分かるファクターを以て人の優位にはたてません。馬体ポテンシャルは重要ではありますが人気の盲点にはなりにくく、馬体からくる適性を理解してこそ、適正が弱い危険な人気馬、適正ある人気薄コース巧者を見つけることができ人の優位に立てます。ポテンシャルや適正はその馬本来が持つ素材であり、調整等の体調は旬かどうかの状態です。素材と状態を混同してはいけません。適正あっても状態悪ければ斬ることあっても、その逆の適性ないのに状態良くても買う事はありません。状態は大事ではありますが補足及び最後の味付け的ポジションであり、最も重要なベースとなる核はポテンシャルと適正です。

※ブログ内の印の表記はカテゴリ内の印の見方を参照して下さい。
※個々の馬体の適性やそこに至るロジックを知りたい方は前日馬体推奨をお勧めします。

別サイト(パドック推奨版)
2020年 的中重賞

中山金杯
シンザン記念
愛知杯
京成杯
東海S
AJCC
川崎記念
根岸S
きさらぎ賞
東京新聞杯
クイーンC
京都記念
小倉記念
フェブラリーS
中山記念
オーシャンS
チューリップ賞
弥生賞
フアルコンS
Fレビュー
金鯱賞
フラワーC
スプリングS
毎日杯
日経賞
マーチS
ダービー卿
阪神牝馬S
ニュージーランドT
桜花賞

Twitter
Twitterでもつぶやいてます パドック競馬予想 @paddock_batai          フォローはこちらから
カテゴリ
最新記事
人気ブログランキング
馬体を知るには
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
広告
馬体を知るには
馬場を知るには
個人的お薦め
検索フォーム
レース結果記事一覧
馬体論記事一覧
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント
個人的お薦め
蹄の病気を知るには